« オーバーロードIII・第11話 | Start | 少女☆歌劇 レヴュースタァライト・第11話 »

アンゴルモア元寇合戦記・第11話

ウリヤエンデイの軍を退けたと思ったのに、元軍の本隊が金田城に押し寄せる。前回も書いたが、対馬の港を制圧するのは分かるがこんな山城に大がかりに攻め込むのは戦略上のどんな意味があるのか。対馬の国府を叩くだけでその後の九州上陸作戦で対馬が脅威になるとは到底思えないのに。

もっとも、元軍の方も時間切れは頭にある。あと僅かの一日足らずのうちに出発するからそれまでの間にたかってしまえと言うのだ。

南門で必死の防戦の対馬勢。今度の敵は圧倒的に数が多い。ウリヤエンデイの軍の時の様にうまく城壁の前で撃退する訳には行かなかった。次々と押し寄せる元軍。しかも城門が破られそうだと言うので城門の上にある物見櫓を落として閉鎖した。

同じ様に東壁の方が危機に陥っていたので長嶺判官は迅三郎に東壁の増援に行けと言う。お前には貸しが一つある、それに応えろと言うのだ。迅三郎はそう言われて手勢を若干名連れて東壁へ。

ところが時間稼ぎにと物見櫓を南門に落としたのに、それを爆薬で吹き飛ばされてしまい、全然時間稼ぎにならない。ここはもうもたないと長嶺判官はタツに女子供を避難させる兵を任せた。ところがタツは離れたくない、判官様と一緒に居たいと言うのだ。
参考資料
惚れちゃっているので仕方ない。おそばに・・・と言うタツの言葉が終わらない時に南門を破壊した木片がタツを貫いてしまった。

雪崩れ込む元軍の兵士相手に怒りの形相の判官様。獅子奮迅の戦いをするものの衆寡敵せず槍に貫かれてしまう。長嶺判官は倒れながら自分の屍より後ろに敵を入れるなと告げ、兵士達はそれに奮起して戦うのだが・・・

東壁の方もやはり圧倒的な数の敵兵に攻め寄せられて城壁に登られてしまう。城壁上で戦うものの、とうとう輝日姫がやられそうになった所で迅三郎が到着。とは言ってもそんな数ではないので迅三郎は輝日姫を後方の山頂の方へ退避させた。輝日姫が嫌だと叫んでも周囲の者に連れさせて。

ところが城壁の背後からも元軍が忍び寄って来る。一体どこから?阿無志の報告で南門が落ちたと知る迅三郎。借りを返す筈が南門の助けが出来ず返せずじまいだったかと。阿無志におまえもすぐに逃げろと言うと、阿無志はサナが待っているからとそちらの方へ。阿無志がサナと合流した時にサナはタツの消息を気にするが、阿無志は逃避を指揮している筈だと嘘をつくしかなかった。

南門がやぶられては迅三郎も東壁を放棄するしかない。火垂達におまえらも逃げろよと言って山頂の方へ。

火垂と導円も逃げる筈だったが、導円は途中で負傷者を見捨てられずに留まる。そこに元軍がやって来て石火矢を撃ち、導円は負傷者を庇ってやられてしまった。火垂はこんな武器は飛び道具として弓矢よりも遙かに下だと石火矢の射手を全て射貫くものの、そこに出現した元軍の多勢の弓兵に射られて火垂も戦死。
参考資料

迅三郎は逃げる途中で鬼剛丸と遭遇。二人で大立ち回りをするものの、鬼剛丸はお前とは一緒に戦いたくねえと逃げる住民の方へ迅三郎を送り出した。迅三郎、次々と結果的に安全な方へ押し出される。そして鬼剛丸の前に現れたのが劉復亨副元帥。副元帥としては洪茶丘だけではない、元軍、やはりかなり全力ではないか。劉復亨、鬼剛丸との一騎打ちへ。

山頂近くまで輝日姫は逃げ延びたものの、そこにも元軍が殺到。盾で作った陣はやぶられ、奥に見えた迅三郎のところへ逃げ延びよと駆けだしたその時に元軍の爆弾が炸裂。迅三郎は海に投げ出される。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« オーバーロードIII・第11話 | Start | 少女☆歌劇 レヴュースタァライト・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/67189341

Folgende Weblogs beziehen sich auf アンゴルモア元寇合戦記・第11話:

« オーバーロードIII・第11話 | Start | 少女☆歌劇 レヴュースタァライト・第11話 »