« 秋のアニメ新番組 | Start | はねバド!・第11話 »

はたらく細胞・第11話

何だか暑い。赤血球達が表皮の方に流れていた。体温が上昇していたのである。汗腺細胞は体温上昇に対処すべく発汗を行っていた。だが既に体内の水分はほぼ失われつつあった。これ迄の発汗によって水分が失われ表皮の景色はカラカラの砂漠の様な姿に。

それでも汗腺迄行けば温度が下がる筈と先に進む赤血球達。あそびあそばせ、ちおちゃんの通学路でお馴染みのアポクリン腺、エクリン腺。そこに到達した赤血球達だったが、汗が出ても気化しない。液体のまま。外の湿度がそれほどまでに高いのだ。こんなに暑い中でも好中球は今日も汗だくで細菌退治をしている。
参考資料

それにしても汗腺の近くに行ってそれを眺めている連中から汗が出ているとか、妙な構図だな。

こんな有様で、体温調節がうまく行かない。体温はどんどん上昇。そこに出現したのがセレウス菌。熱中症になって弱っているところを火事場泥棒の様に活動を始めたのだ。好中球がこれを狙うものの、セレウス菌は赤血球の中をうまく逃げ回って捕まらない。

そうこうするうちに汗腺細胞がうてる手段も尽きて来た。ナトリウムの濃度を上げて浸透圧で汗の水分を絞り出そうとしてももう出ない。万策尽きた隊長はとうとう神頼みに。
参考資料

その頃、好中球はセレウス菌との戦いに疲れていた。既にこの身体は周りが暗くなったり或いはブラックアウトしたり、赤血球の流れが激しくなったりどんどん悪化していた。好中球を追い詰めたセレウス菌は言う。
「諦めろ、もうこの身体は駄目なんだよ」

だが好中球は諦めない。この身体が活動している限り俺は戦うと。
そんな好中球を突き落として天下を取った気になるセレウス菌。

しかしその時に変化が表れた。周りが明るくなって来た。そして天を突き刺して出て来る巨大な管。あれは何だ。注射針だ。

そこから大量の輸液が降り注ぐ。急速に温度は下がりはじめ、水分もナトリウムも補給されて行く。
参考資料

あともう一歩で天下を取れると思ったのに。そう思ったセレウス菌を好中球が捕まえる。雑菌はぶっ殺す。

頸動脈付近に移動した赤血球や血小板達。ここは特に涼しいねと。
熱中症対策で身体を冷やす時は太い血管のある場所を冷やすと言うからね。


今回のお話は今年の猛暑にあわせて原作の「熱中症」が無料公開されています。
http://news.kodansha.co.jp/6486

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 秋のアニメ新番組 | Start | はねバド!・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/67175565

Folgende Weblogs beziehen sich auf はたらく細胞・第11話:

« 秋のアニメ新番組 | Start | はねバド!・第11話 »