« 少女☆歌劇 レヴュースタァライト・第9話 | Start | はたらく細胞・第10話 »

ちおちゃんの通学路・第10話

桃がちおちゃんと真奈菜の前に突如登場。二人にしか頼めないお願いがあると言うのだ。それって後藤先生の事かと鋭く突っ込まれる。

確かに後藤先生の事ではあったが、いきなり告白したいとかそう言う事ではなかった。実は校内を見回って桃はお菓子の袋を沢山発見した。校内でこの様な物を食べるのは校則違反なのに何故こんな事をするのかと憤る桃に後藤先生がそれは「朝起きなくてはならないと思う時程二度寝したいと思うのと同じなのだろう」と分かりづらい例えをした。そこでその気持を体験したいので買い食いをしたいと言うのだ。でも堅物の桃は一人ではそんな事が出来ない。だから二人に一緒にやって欲しいと頼む。

分かったと言う事でちおちゃんと真奈菜は桃を買い食いに連れて行く。しかしその途中で当たり前の様によその家の垣根から花を摘んで(どうもツツジらしい)蜜をちゅーちゅーと吸う。当然だが桃が怒る。
参考資料

ただちおちゃんと真奈菜にも言い分があって、小学生の頃からここで花を摘んで吸っていたし、家の人もそれを微笑ましく見ていたらしい。そこで真奈菜が聞きに行ったらOKだと。と言う事でちおちゃんと真奈菜が無理やり桃に蜜を吸わせてみた。すると意外な事に桃が激しく反応。あっまーい。そんなに甘いの?

もはや別人。でもこれが桃の本性だったか。実は桃が二人に同伴を頼んだのはこれもあった。甘い物に踊らされやすくて買い食いでそれが発動したら抑えて欲しいというのだ。

そして駄菓子屋へ。店番のおねーさんがなにかありそうな女子だったが、今回は特に何もなかった。桃の勢いに驚く程度。そして始まる甘味の宴。チョコから始まって次々と食べて行くうちにどんどんエスカレーション。止めてと言われていたちおちゃんだったが、これこそが桃の素なのだ、それを隠すのは間違っているのではないかと止めなかった。そしてコカ・コーラにコカ・コーラの粉末飲料に入れてパーフェクトコーラ完成。これこそノーベル炭酸飲料賞と言われてとうとう受賞会見。そして行ってしまった。この成果を元に後藤先生と結婚します!
宣言時
参考資料
宣言後
参考資料

何故止めなかったと言う桃に、だって楽しそうだったからと。実際楽しかった。でも泣いてる。もう二度と出来ないかと思うと。じゃあ次は先輩の家でお菓子パーティーをやろうと言ってくれるちおちゃん。

こうして学校へ。後藤先生の隣に並んでやっと先生の言った事が分かったと言う桃に後藤先生はチョコとコーラとキャラメルの匂いがすると言う。凄いな後藤先生。この先生、色々と凄いよ。

ところで「通学路」と言うタイトルだけど、毎回随分時間を消費しているので下校場面もあるんじゃないか、特に今回のはそうだろうと思ったのだが、猪山商店のお店のおねーさんが「こう言う店は朝が早い」と電話していたので登校時だった。すると今迄のも全部登校時か。


ちおちゃん、歩いているとあのカンチョー女子小学生を発見。ちょっとつけてみたら、コンビニでバイトしている安藤の所へ行って後ろから蹴飛ばす。カンチョー女子小学生安藤ちはるは安藤繭太が働いているのが気に食わないのだった。暴走族のヘッドをやっていた繭兄がかっこよかった。だから自分は私立に行って勉強してたのに。って、それはどう言う意味だ?自分が頑張って繭太の生活費を稼ぐから繭兄は暴走族やってろと言う意味なのか。

兎に角二人が知り合いだと言う事に驚いたちおちゃん。ちおちゃんがこの子にカンチョーをやられたと言うと、何故そんなことをするのかと聴く繭太にちはるが説明する。繭太がチームをやめたのが不自然だからチームに聞きに行ったのだ。するとチームの連中が口ごもりながら鮫島学園の女子高生にやられたからだと話す。

そこで鮫島学園の誰がそうなのかを探す為に鮫島学園の女子高生を見つけてあのカンチョー攻撃をしたのだと言う。こんな面倒な話、そっちで何とかしてと繭太にサインを送るちおちゃんだったが、ちはるがトンデモナイ勘違いを言い出したのでそれで済まない。繭太が人生観を変えられるほどにその女子高生とのS○Xが凄かったのだろうと。

これには繭太もちおちゃんも固まるしかないw
そしてちおちゃんは全力で否定。自分はビッチじゃない、そもそも処女だと。そうか、そうだったのか、ちおちゃん。
参考資料

改めて繭太は説明。俺は決闘で負けたんだ。一撃で沈められた。でもそれはちはるには到底信じられない。と言う事でこの場で実際にその一撃で倒すと言うのを見せなくてはならなくなる。ちおちゃんは例の無駄に運動神経が良いのと日頃からゲームをやっているのとで格闘ポーズは決まっている。そして顎を狙ったのだが、ハズレ。急所に当たらないと繭太は頑丈で倒れない。痛いけど。そこでもう一回。今度は繭太が顎に当たる様にと構えたものの、逆からやられてまたも失敗。あの時はちおちゃんが驚いてああなった筈と繭太は手を出してみたら、ちおちゃんの胸を揉む事に。いや、どうだったとか言ってる場合じゃない。

ところがその繭太を一撃で沈める女子高生登場。真奈菜。
真奈菜はあの時にちはるにカンチョーをやられた恨みをずっと持っていた。ああ、ひどい顔してたよね。そして遂に見つけたので邪魔な繭太をまず倒したのだ。よく見ずに。

こんな凶暴になってしまった真奈菜は止められないとちおちゃんが困り果てて居た時、繭太が復活した。ちはるに手を出すなと。復活した繭太に真奈菜が我に返って謝る。今度は相手がちゃんと見えて、スクールカーストの上の繭太にあっさりと従ったのだ。

でも今度は繭太をどう止めるか。その繭太はコンビニに入った客が店員を呼んだ声に応えてレジに戻って行った。コンビニで働く繭太にちはるが少しは納得した模様。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 少女☆歌劇 レヴュースタァライト・第9話 | Start | はたらく細胞・第10話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/67143453

Folgende Weblogs beziehen sich auf ちおちゃんの通学路・第10話:

« 少女☆歌劇 レヴュースタァライト・第9話 | Start | はたらく細胞・第10話 »