« ヤマノススメ サードシーズン・第12話 | Start | アンゴルモア元寇合戦記・第11話 »

オーバーロードIII・第11話

バルブロの部隊がカルネ村に近づきつつあった。バルブロは大いに不満であった。この俺がこんな辺境の開拓村での情報収集とはと。無い知恵でどうやったら王位継承者に相応しい戦功を立てられるかと考えた末、カルネ村の者を捕らえて戦場に立たせ、それでも攻撃をかけるのならアインズとはその程度の者、一方で兵を引いたら帝国は戦争の口実を失って引かざるを得まい。そうなればこの戦争を未然に防いだ戦功によって次期王位は間違いなしだと。まあ普通の相手ならそれもあり得たかもしれない。

カルネ村では村長になったエンリとゴブリンのカイジャリが腕相撲をしてエンリがカイジャリをあっさり倒してしまった(勿論、カイジャリの芝居)事から、アーグやオーガにすげーエンリは俺たちの族長だと祭り上げられ、それ以来みんなからも族長族長と呼ばれてピキピキしていた。
参考資料

ンフィーレアだけが、何とかエンリと呼んでいるのだが、そのンフィーレアと納屋の干し草の上で重なった時に(ンフィーレアって告白したんじゃなかったっけ。それなのにエンリはこの扱いなの?)ジュゲムが火急の報せを持って来た。


王国の軍がやって来てアインズの件で問い質す事があると言うのだ。はい分かりましたと直ぐに中に入れる訳には行かなかった。何しろオーガが居るのだ。オーガなどを隠す時間稼ぎをするのだが、これがバルブロの怒りを買う。何しろ彼は急いでいる。

一気に攻め滅ぼしてやろうと言い出すが、それは流石に止められてならばあの物見櫓だけを燃やしてやろうと火矢を射掛ける。ところがそれが今度はカルネ村への攻撃と見なされた。村民は以前帝国兵を装った法国兵に殺戮されかけた。それを助けてくれたのがアインズ様だ。そのアインズ様を裏切る事などできない。評議は一決して全員一致でアインズ様の為に王国軍と戦う事にする。

とは言え、バルブロの部隊は王国軍の精鋭だった。到底防ぎきれる相手ではない。だから正面で戦ってその間に裏から子供などを逃がす。森に逃げれば何とかなる。しかし裏にも兵が回っている。そこで正面でオーガを使って激しい戦闘をして裏の兵もおびき寄せようと言う。裏からの脱出部隊はエンリが指揮して欲しいとみんなから頼まれて涙ながらに脱出部隊の指揮にまわるエンリ。

その頃には既にアインズにはルプスレギナから王国軍がやって来た事を知らされていた。何かあったら主な4人だけは助けろと以前からの命令を下すアインズ。こうしてアインズは幕中からカルネ村の様子を見ていた。

やがて正面の門が開かれ、やっと開けたかとバルブロが思ったのも束の間、中に入った兵士達がオーガによって吹き飛ばされる。あんな物がこの村に、と驚くバルブロではあったが、ボウロロープ侯から預かった精鋭であればこの人数なら倒せるだろうと攻撃に入る。

この隙にエンリ達が裏から出たものの、バルブロの兵は全部は正面に回らなかった。脱出を気づかれて迫られる。みんな必死になって森へ向かうものの間に合わない。ンフィーレアが自分が少しでも時間を稼ぐと言い出して危機に陥ったので、ここでルプスレギナが登場するのだろうと思って見ていたら、エンリがアインズ様から授かったもう一つの角笛を吹いてゴブリンを召喚する。

エンリが驚いたがそれ以上に驚いたのがアインズ様w
ええええ!と叫んでAパート終了w
参考資料

何が起こったかと言うと、最初のゴブリン召喚の角笛の時の様に十数人のゴブリンが出て来たのではなく、先ずはゴブリン重装甲歩兵団が登場。それを率いてゴブリン軍師登場。おまえはどこの諸葛孔明だw
参考資料

軍師率いるゴブリン軍団が来たからには一人たりとも死なせませんと、既に王国軍との交戦で瀕死の状態にあったジュゲム達を先ずは救い出す。重装甲歩兵団を見て王国軍の隊長が撤退をバルブロに進言するがゴブリンごときに引けるか、そもそもあれを放置してエ・ランテルに進軍させたらどうするのかと言って交戦を命令。仕方なく王国軍はゴブリン軍団と交戦する事になるが、重装甲歩兵団で済まなかった。

エンリ将軍閣下が配下ゴブリン重装甲歩兵団!
参考資料
エンリ将軍閣下が配下ゴブリン聖騎士隊!
参考資料
エンリ将軍閣下が配下ゴブリン騎獣兵団!
参考資料
エンリ将軍閣下が配下ゴブリン長弓兵団!
参考資料
エンリ将軍閣下が配下ゴブリン魔法支援団!
参考資料
エンリ将軍閣下が配下ゴブリン魔法砲撃隊!
参考資料
エンリ将軍閣下が配下ゴブリン暗殺隊!
参考資料
エンリ将軍閣下が配下ゴブリン近衛隊!
参考資料
クッソワロタwww
今期最高の笑いw

こりゃアインズ様も驚く。同じ角笛だろうと思っていたのにこの二回目の召喚でこんな事になるとは何か条件があったのかそれともエンリにそんなスキルがあったのか。

ゴブリン軍団5000によって王国軍は蹴散らされる。

這々の体で逃げ延びたバルブロだったが、そこにルプスレギナが一人で出現。最初は女一人がと侮ったものの、ただの女では無いと気が付き、皆殺しに来たっすと言われて立ちすくむ。恐らく全滅だろう。せっかく安全な方面へとボウロロープ侯と王が送り出したのに。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ヤマノススメ サードシーズン・第12話 | Start | アンゴルモア元寇合戦記・第11話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf オーバーロードIII・第11話:

« ヤマノススメ サードシーズン・第12話 | Start | アンゴルモア元寇合戦記・第11話 »