« 舞台探訪・ヤマノススメサードシーズン第6話・関八州見晴台 | Start | ヤマノススメ サードシーズン・第8話 »

はねバド!・第8話

中学時代の回想。なぎさが叩きのめした相手は誰なのか。よく見たら望だった。なぎさと理子と望は同じ中学だったのだ。ある時、逗子総合の監督が推薦入学の子を見に来た。実力的にずっと上だったなぎさではなく、選ばれたのは望だった。

その二人の対決が始まる。何となくわくわくしている太郎丸先生なのだが、そんな関係じゃないだろうにと言う傍観者的な言葉はこの間エレナが理子と望の試合の前に言っていたな。

主人公の綾乃さんの方はと言えば、このゲームでも対戦相手をゴミクズの様にぶちのめし、相手の脚がつってコートに倒れた時に相手チームの監督が大丈夫か!と駆け寄ったのを尻目にもう試合終了のサインをしようとする。相手の子は未だ出来ますと言うが、綾乃はそれを見下ろして「もう無理ですよね、続ける意味ないくない?もう勝ち目ないじゃん」と。
参考資料
うひー、すげーよ綾乃。完全闇落ち。ここまで清々しい程の悪辣さを主人公として見せてくれるとは、これはもう最後の最後まで突っ走って欲しい。

でもエレナは我慢出来ない。あの態度はなんなんだ、対戦相手への敬意は無いのか。この間言った事をまた言うのかと思う綾乃。そして繰り返す。勝たなくちゃ意味がない、強くなくちゃ意味がない。じゃあその先に何を求めているのかと問うエレナには何も答えない綾乃。このエレナの言葉は結構効いたんだろうな。この後の綾乃が益々ダメキャラになって行く。

逗子総合の倉石監督から望への指示はこうだ。なぎさは膝に問題を抱えている。だから左右に大きく揺さぶって膝に負担をかけろと。中学時代に全く適わなかったなぎさに対して望は逗子総合の監督の指示を背負って臨むのだ。自分の力ではなく、監督の指示で。これは試合開始前になぎさが握手を求めて手を伸ばしてもそれを無視する態度にも表れた。どうせ自分の事は眼中にないんでしょうと。

試合は倉石監督の指示どおりに進む。進むのだが、良いのかあれ。大声を上げて望に指示を出している。北小町のみんなはあの監督うるせーと言う程に。倉石監督の狙いどおりに試合は展開して望のリードとなってインターバルが入った。

倉石監督の見たところではなぎさはあの大きな身体で常にカットスマッシュを拾いに行っている。だから膝に負担がかかる。あんな事をするのは選球眼が悪いのか、或いは性格なんだろうと。倉石監督の読みではおそらく後者だろうと言う。そしてお前は俺の指示どおりに攻撃すればよいと言うのだ。

立花コーチは流石と言うかなぎさの膝の不安を見抜いていた。そして相手の攻撃のパターンの目論見も。それをなぎさに伝えて膝に関しては選手生命に関わる事だから悪化したらゲームをやめろと。その一方で膝に負担をかけない戦い方をしろとも言う。まずカットショットを拾うのはやめろと。そしてそれが出来ないのなら相手の一つ二つ前のラリーから攻撃がどう組み立てられているのかそれを読んでそれを崩せと。

あまり具体的ではない指示なので最初はなぎさもピンと来ない。エレナも相手の監督はちゃんと指示しているんだからなぎさにももっと具体的に指示しろと文句を言われた。

試行錯誤しながらなぎさは倉石監督の指示による望との戦い方を掴んで行こうとした。しかし最初はうまく行かず、それを見ていた綾乃が「違うよ、なぎさちゃん」と極めて上から目線。それでもなぎさはとうとう戦い方を見いだした。力で押すと。

こうして第1ゲームは逆転してなぎさが取る。望には倉石監督から強烈な指示。それを見た空からはあの子可哀想だと。

指示どおりの戦いをしていた望だったが、とうとうその軛から脱する。監督の前に戻った望、「私のやりたいバドミントンを探す」と言う。呆気にとられる倉石監督。

試合は3ゲームやってなぎさが勝つ。だが望は試合前とは完全に変わっていた。
参考資料
なぎさは自分の事を眼中にないなんて思っていなかった。楽しいバドミントンが出来て試合前にはしなかった握手をなぎさとしていた。と、倉石監督、もうすっかり間違えていた事に気が付く。

二人の試合後、倉石監督と立花コーチが話をしていた。倉石監督は子供達を勝たせ様と言う事ばかりを考えていた。そう言うものじゃなかったんだと。実はここは原作では「このノートにはもっと心について書いておくべきだった」と言うのだそうだ。なんだよ、倉石監督、いいヤツじゃないか。
参考資料
そうしておいて倉石監督は立花コーチに言い残した。嫌われてでもやるべき事を忘れるなとも。

勝ったなぎさに我らが悪役綾乃は「結構強くなったじゃん」と。

その頃、コニーは綾乃の試合会場へ向かっていた。待っていてねお姉ちゃんと。だがコニーが乗ったのは反対方向の埼京線w
ああ、そうだよね。2番ホームには大宮方面に折り返す埼京線入るよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 舞台探訪・ヤマノススメサードシーズン第6話・関八州見晴台 | Start | ヤマノススメ サードシーズン・第8話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf はねバド!・第8話:

« 舞台探訪・ヤマノススメサードシーズン第6話・関八州見晴台 | Start | ヤマノススメ サードシーズン・第8話 »