« ヤマノススメ サードシーズン・第8話 | Start | アンゴルモア元寇合戦記・第7話 »

オーバーロードIII・第7話

前回の最後にモモン様=アインズ様が「本当にくだらない事を聞いた」を言う報いをワーカー達が受ける回。

ナザリック大墳墓に到着してアルシェがこれまでに見た事の無い様式で作られた墳墓だと少しだけ警戒したのだが、その後のワーカー達の侮った態度。モモンとしてはここまで連れて来て役目を果たしたが、伯爵家のつきそいが彼らは大丈夫でしょうかと言ったのに対して「全員死ぬだろう」とうっかり漏らす。慌てて、それ位の覚悟で見ておこうと言うとつきそいが流石ですと。いや、多分全員死ぬんだろうけどね。アルシェがどうなるかだが。
参考資料

各チームで周辺を探索してお宝をたんまり発見。顔が緩むアルシェ。まあアルシェは妹達との生活がかかっているしね。他のチームもお宝を発見していよいよ中へ進もうとした時、老獪なオグリオンがうちのチームは他からの入口を探すからあんたら先に行って良いと言い出した。その代わり見つけたお宝の10%はくれと。多分警戒したのだろう。他のチームの連中はカナリア扱いにして。それでも難は逃れられなかったが。

チーム・ドラゴンハントの前にはぷれぷれプレアデスが登場。本当ならこの時点で終わってるのだが、何も知らないドラゴンハントの連中は墳墓にメイドとか笑えるとか、ゴミ始末など気乗りしない感じだったプレミアムを怒らせる。もっともプレミアムに出ていた命令はナザリック・オールド・ガーダーがどれだけ働けるかと言うのを観戦する事だった。これがひょっとしてアルベドが言っていた「けんの実験用モルモット」だろうか。あれ聞いた瞬間は「剣の」だと思ったが数秒後に文脈から「件(くだん)の」の読み間違いなんだろうなと思った。
参考資料
(実験用モルモットとはワーカーからの抽出に思えて来た)

流石にドラゴンハントの連中は相手がまずいと感じたものの、前にはプレアデス、後ろにナザリック・オールド・ガーダーに挟まれて既に逃げられないとオグリオンは判断して交戦状態に入った。しかしアインズ様が差し向けた相手に到底適わず全滅。息のあるのは後から拷問だとか。

中に入った3チーム、最初に登場したのはスケルトンで、こんなもんがと笑い飛ばしてそれでも用心したグリンガムが倒す。

だがその後3チームで別れた後はもうダメだった。

グリンガムのチーム・ヘビーマッシャーの連中はバラバラに転送された挙げ句にある者は恐怖公の空間に飛ばされゴキブリの餌食に、ある者はニューロニストの空間に飛ばされておねえなニューロニストに取り敢えず尿管結石の刑に。ニューロニスト、「アルベドのブス」とか言い放ってたなw

あの傲慢なウズルスはハムスケの前に出る。チーム・天武ってウズルス以外はエルフを奴隷みたいな扱いで連れてるんだ。罠にかかるならお前だみたいに一人を先に歩かせていた。

ハムスケはリザードマンから剣の修行を受けていたがその成果の実験となった。見た目がしょぼそうな魔獣に見えたのでウズルスは我が剣で片付けてくれると突撃したものの、こいつごときが適う相手ではない。それでもハムスケからしたら練習したばかりの剣の試験。それにすら押されてウズルスは連れて来ているエルフ達に回復魔法や強化魔法を精一杯使わせて立ち向かう。ところがそれも効かずに「僕の王の力がああ」な目に遭う。この時点で後ろのエルフ達は薄ら笑い。最後にはハムスケに切り刻まれてリザードマンからは練習の成果が出たなと言われた。その頃、エルフ達はウズルスの死体を足蹴に。なんだあれはとの疑問に「エルフなりの埋葬方法」とかw
参考資料
ところでこの三人のエルフはここで殺されなかった。しかも相手がハムスケとリザードマンなので、ひょっとしたら「全員死ぬだろう」から外れて生き延びそう。

そしてワーカー編のメインのフォーサイト。飛ばされた先が帝国の闘技場らしき場所。と言う事は自分達は決闘の相手にされるのかと闘技場へ入る。そこは上が開いているのでここから脱出出来るのではないかと一瞬思われたが、アウラがやって来て手遅れに。

決闘の開催を宣言するアウラが紹介した対戦相手は、なんと大墳墓の主のアインズ様だった。

え?本物のアインズ様?
御方が自ら登場ですか?
アウラ一人でもぶっつぶせる相手に?
皆殺しにするつもりなら姿を現しても仕方ない気がするのだが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ヤマノススメ サードシーズン・第8話 | Start | アンゴルモア元寇合戦記・第7話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf オーバーロードIII・第7話:

« ヤマノススメ サードシーズン・第8話 | Start | アンゴルモア元寇合戦記・第7話 »