« 音楽少女・第1話 | Start | プラネット・ウィズ・第1話 »

百錬の覇王と聖約の戦乙女・第1話

また異世界物か(飽き飽き(今期三回目

主人公の周防勇斗は異世界に呼び出されて(詳細は分からない)今ではスマホのチート能力によって狼の宗主(サイトの説明を見て分かった。最初は奏者って聞こえた)をやっている。異世界(この作品では異世界ではなくて地球上のどこかと言う事になっている。星座が地球と同じだから。但し未だほぼ青銅器時代。面倒なので呼ぶ時は異世界と言う事にする)に来た時は言葉も分からず苦労したらしい。それは作中では語られていないが、Aパートのアイキャッチでフェリシアの説明に書かれていた。
参考資料

角の氏族と狼の氏族の戦いから場面が始まりファランクスも知らず鉄器も持っていない角の部族が一敗地に塗れ、角の氏族の宗主のリネーアが囚われて勇斗との会見の後、義妹の聖盃を交わす。これ、こうやって義妹を増やしていく作品かな?w

それにしても勇斗を直撃できそうな弓を持っていたんだよね、角の氏族は。最初からファランクスの中にその弓を撃ち込めば良かったのに。

ところがこうやって角の氏族が弱体化したところを蹄の氏族が1万以上の軍勢を以て侵攻して来た。狼の氏族では1万と言う数を聞いて日和見な意見が続出。兄弟国になった筈の角の氏族を見殺しにしようと言い出したがここで勇斗が怒る。聖盃を交わしたばかりの相手を見殺しにするなど狼の氏族の名を落とす事にしかならない。ここは断固として援軍を出すと。これでリネーアはもうメロメロですね。

異世界でスマホのチート能力でのし上がると言うのは「異世界はスマートフォンとともに。」がわずかだが先に出したネタで(イセスマは平成25年4月開始、こちらは同年8月開始)後出しだと新鮮味が無い。まあイセスマ程にメタ糞なチート能力じゃないけど。

かと言ってそれ以外にどんな特色のある作品なのか。
残念ながら土曜深夜はこれ以外に4本見るのがあるので2話目以降は見ないだろう。
勇斗がこちらの世界に来て苦労してのし上がるの話をやった方が良かったんじゃないの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 音楽少女・第1話 | Start | プラネット・ウィズ・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/66916625

Folgende Weblogs beziehen sich auf 百錬の覇王と聖約の戦乙女・第1話:

« 音楽少女・第1話 | Start | プラネット・ウィズ・第1話 »