« はねバド!・第1話 | Start | Back Street Girls -ゴクドルズ-・第1話 »

ヤマノススメ サードシーズン・第1話

愈々始まりましたヤマノススメサードシーズン。
第1話の作りでこのシーズンがどうなるのかの展望も若干見えたかと思う。

冒頭でテントから空を見上げるのは多分このシーズンに含まれる木曽駒ヶ岳のエピソードの一部。
参考資料

とすると、おそらくこのシーズン最後のハイライトとして木曽駒ヶ岳のエピソードが来ると予想される。最終話から第1話冒頭を結ぶ形として。

なんて書き始めた時はそう思ったのだが、原作では木曽駒ヶ岳に行ったのはあおい・ひなた・ここな・ほのかなんだよね。構成メンバー違うじゃん。だったら瑞牆山の時?ひょっとして木曽駒ヶ岳は飛ばして瑞牆山・金峰山の回をメインに据えるとか?

さてサードシーズン第1話に選ばれたのが筑波山ナイトハイクの話。これまでヤマノススメは一期と二期ともに原作の話を順番になぞって来ていた。少し例外もあるけど。こうして一期は5分1クールを使って第1巻を、二期は15分2クールを使って第2巻から第4巻を描いて来た。

ところが今期は15分1クールで(BDの発売日程から)、PVからこの筑波山に加えて木曽駒ヶ岳(或いは瑞牆山・金峰山)・飯能アルプス・関八州見晴台をやるらしいのが分かっていて、これは原作の第5巻から第8巻に跨っている。二期の半分の時間で二期より長い原作4冊分をやるのだから、第1話で筑波山が来た以上は原作の全エピソードは収録せずにかいつまんでしかも順番をシャッフルして描かれると予想される。PVから使われる筈の友人とのカラオケの話が既に筑波山の話に追い抜かれているから。

でもカラオケの話でクラスの友人と少し近くなるのだが、先に筑波山の話でしかもクラスの子を出しておいてあおいがうつむいて縫い物するってのは話の流れ的に合わないのではないだろうか。カラオケより先にしたからうつむかせたのか。
参考資料

筑波山つつじヶ丘からは大体原作どおり。15分枠アニメだけあって原作より描写が多い。夏休みが終わってすぐみたいな日程だったが、筑波山のロープウェイが夜間運行するのは今年の場合は9月15日以降で休み明けから少し時間をおいてからの日程だったのではないだろうか。いくら夜間登山とは言っても結構厚着だったし。

弁慶茶屋跡まではそんなにきつくないけど、その先はあおいが言っている様にハードになって来る。あおいが岩を掴みながら登っているが夜間だから見通しがあまり効かないからではないだろうか。

原作にあった「うぉ、眩しい」が無いのが残念w

MXの番組情報を見たら次回第2話は「登山靴ってすごいの?」と言う原作では筑波山の次の話。まさか第3話は飯能アルプスに行っちゃうのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« はねバド!・第1話 | Start | Back Street Girls -ゴクドルズ-・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/66897772

Folgende Weblogs beziehen sich auf ヤマノススメ サードシーズン・第1話:

« はねバド!・第1話 | Start | Back Street Girls -ゴクドルズ-・第1話 »