« 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術・第1話 | Start | 七星のスバル・第1話 »

すのはら荘の管理人さん・第1話

一迅社の日常物。
一迅社は芳文社に比べてえっちぃ演出が強いんだよね。

女の子の様な容姿と体型の椎名亜樹きゅん。中学生になるのを機に東京の中学校に入学して寮生活を初めて男らしくなるのを決意した。

そんな訳で東京の下高井戸に到着。でも噂によると商店街は北千住らしいので、あまり具体的な舞台を設定していないかもしれない。地図も下高井戸に見えなかったし。
参考資料

目的のすのはら荘には、途中で異様な通り雨に遭ってずぶ濡れで到着。管理人の春原彩花があらあらまあまあと濡れてしまった亜樹を風呂に入れる。その時に新しい入寮者には管理人が背中を流すのが伝統だと訳の分からない伝統で入って来て、その時に流石に亜樹が男だと明かすのだが、それでも子供扱いでそのまま背中を流してくれた。

すのはら荘には亜樹の通う棚町中学校の生徒会の面々も住んでいて、背の小さい生徒会長の雪本柚子(声もあいまってはいふりのマロンちゃんに重なった)、会長ラヴの月見里菫、まともそうに見えてよからぬ考えの風見ゆりが居る。

と言う感じで男になる筈だった亜樹きゅんが女の子に囲まれる寮生活。亜樹きゅんが女の子にしか見えないので実質女の子しか居ない世界。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術・第1話 | Start | 七星のスバル・第1話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf すのはら荘の管理人さん・第1話:

« 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術・第1話 | Start | 七星のスバル・第1話 »