« ハッピーシュガーライフ・第1話 | Start | はたらく細胞・第2話 »

ゆらぎ荘の幽奈さん・第1話

ゆらぎ荘と言う所に幽奈さんって幽霊が出る作品なんだろうとタイトル見て思ったのだが、まあそれは当たった。当たらなかったのはここまでのハレンチアニメとは想像していなかった点だw

どうもラッキースケベでハーレム物と言う、ToLOVEる系統らしい。話によるとすっかり見えちゃってるOADもあるそうでますますToLOVEる系統ではないか。

肉体派霊能力者の冬空コガラシが家賃1000円+朝晩の食費月額15,000円+温泉付きにつられてゆらぎ荘にやって来た。後から幽奈との会話で話されるがデイトレーダーの霊に憑依されて多額の借金を背負っているそうだ。

ゆらぎ荘は元は温泉旅館だったのが幽霊が出ると言う事で旅館を廃業して今は下宿屋になっている。到着早々、管理人に挨拶も無しにその温泉に入ったら裸の幽霊と遭遇して桶をぶつけられて気を失う。殴って霊を吹っ飛ばすコガラシだが、相手がか弱そうな女の子とあっては殴れなかったのだ。

仲居(管理人)の仲居ちとせ(紛らわしいやら正確やら)に介抱されて気がつくと、次々とゆらぎ荘の居住者が登場。酔って露出し放題の荒覇吐呑子(あらはばのんこ)(え?この声って加隈亜衣さん?)、風紀を見だしたら成敗すると言う雨野狭霧、猫の様な伏黒夜々(ふしぐろやや)。しかしコガラシが入る部屋が4号室(204号室)と聞いたら短い付き合いだったねと。あそこに入った人はすぐ出ていくと言う認識。

そして204号室に入ると頭隠して尻隠さずが居た。露天風呂で見かけた幽霊だった。本作ヒロインの湯ノ花幽奈。聞いてみたらこの世に心残りがあって成仏出来ないのだと言う。だが、長く成仏出来ないと悪霊になって地獄に落ちてしまうと心配するコガラシ。でも取り敢えずは一緒に暮らす事にした。何より地縛霊なのでコガラシと一緒の部屋に寝る事に。幽霊、布団が必要なのか?と言うか、寝る必要があるのか?
参考資料

このゆらぎ荘に辻昇天の洩寛と言う降魔僧がやって来る。誰の許可も得ずに勝手にゆらぎ荘にあがって204号室の幽奈を除霊しようとした。そこにコガラシが入って来て勝手な事をするな、幽奈はこの部屋で俺と同居しているのだと言って洩寛を倒した。初めて人に認められて喜ぶ幽奈。だが、下がっていろと伸ばした手が幽奈の胸にあたって、ふっとばされるコガラシ。そしてお約束の女の子達が入る露天風呂に落下。

ところで幽奈は他のゆらぎ荘の住人と普通に話せているみたいだったが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ハッピーシュガーライフ・第1話 | Start | はたらく細胞・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/66942745

Folgende Weblogs beziehen sich auf ゆらぎ荘の幽奈さん・第1話:

« ハッピーシュガーライフ・第1話 | Start | はたらく細胞・第2話 »