« つくもがみ貸します | Start | ヤマノススメ サードシーズン・第4話 »

はねバド!・第4話

晴れて綾乃もエレナもバドミントン部に入部。ここまで言及しなかったけど、いくらアニメ(漫画)だと言っても何故藤沢エレナだけが名前がカタカナなんだ。改めて意識したのは今回日本語がぺらぺーらな外国人が登場して、コニー・Cと書かれたから。じゃあエレナは何なんだ。

そのバドミントン部ご一行がどこか地方のバスに乗っている。景色とバスの新しさがマッチしていない感じがしたが、車内の床が木に見えるのは錯覚だろうか。

悠が綾乃の髪いじらせてと言って髪型変えてみたりして、そして記念写真も撮るのだが、以前Wikipediaの登場人物の項目で「陽気で快活なバド部のムードメーカー」と書かれているのを見て、第2話あたりの時に見たので「?」となった。と言うのもその頃の悠は荒ぶるなぎさとそれに振り回される他の部員の間で取り繕う様な感じだったから。でも今回の悠の様子を見ると「ムードメーカー」と言うのはそうかもねと思う。そして何を隠そう第1話の時から私は「はねバド!」の中で一番好きなキャラはこの悠なのだ。
参考資料

横浜か聖蹟桜ヶ丘かの高校が何故こう言う場所に来たのかと思ったら合宿。そして到着した合宿所には既に他校のバドミントン部が入っていた。どうも連絡がちゃんとされていなかったみたいでこの事態に戸惑う北小町高校のバド部。

先に来ていたのはフレゼリシア女子短大付属高校のバド部で、全国でも有数の強豪校。だから北小町のバド部のみんなは圧倒されてしまう。そんな時でも流石になぎさは気後れしない。

フレ女からの要望で練習試合をする事になる。呑まれていた北小町がだ綾乃なら何とかなるんじゃないかと期待を寄せた。

ところがここで顧問の太郎丸先生が飛んでもない事を言い出した。誰かコンビニで買い物して来て・・・て、さっきバスに乗っていた風景から到底近くにありそうに無い。しかも練習試合に出る事になった綾乃に一人で行かせる(手を上げたのは綾乃だけど)。これはいくら何でもおかしいでしょ。一応なぎさがスマホで調べて近くのコンビニ迄の地図を書いてくれるがそこに「5km」とあっさり書かれているじゃないか。そしてさらに驚いたのは5kmと書かれているのに自転車が用意されないのだ。これ、何もかもが間違っている。
参考資料

綾乃は地図を渡されて徒歩でコンビニに向かったが道に迷う。いや、これもおかしい。綾乃ってまさかスマホ持ってないのか。今ならスマホでGoogleマップを見ながら行くだろうに。

道に迷った綾乃に最初の方で登場していた金髪ツインテの少女が声をかける。彼女もコンビニに行くと言うので一緒に行く事になった。そして綾乃が貰った地図を見たが、なにこの子供の落書きと。いや、あの地図は素人向けには非常によく描かれていたと思う。ポイントだけを描いていて良い地図だと思う。地図を読めない人には下手に精巧な地図を描くとかえって分からないらしいから。

歩きながら話を聞くと彼女はデンマークからやって来たのだそうだ。どうしても日本で勝負して倒したい相手がいるから。それってやはり綾乃の事じゃないのか。そしてその話からこれはどうやら綾乃の母が海外に行って育てた選手がこの金髪ツインテの子なんじゃないのか。だが綾乃も、金髪ツインテの子もお互い相手がその人だとは見ても気が付いていない。綾乃が見た雑誌の子は確かにショートカットだったから分からないのかもしれない。そしえ金髪ツインテの子は綾乃の写真を見た事がないのかもしれない。

コンビニに到着してドリンクを大量に購入(6L?)。だ・か・ら、これを綾乃一人に買いに行かせるのはおかしいだろ。そこに綾乃の帰りが遅いと言うのでやって来たのが空。この空、今回綾乃に何か思うところがあるのかとか言われていて、ちょっと気になった。空が「羽咲さん」と呼んだところで金髪ツインテの子の表情が変わる。ああ、やっぱり日本にわざわざ倒しに来た相手は綾乃なんだな。

結局コンビニで買ったドリンクは空が運んで来た。このあとまたわけわからん場面があって、悠が自動販売機でスポーツ飲料を買っていた。ちょっと待って!さっき綾乃がコンビニに買いに行かせたのは何だったの!いじめかよ!
参考資料

そしてここでまた何か気になる場面。悠が行輝の声が聞こえたのでそっちに行こうとしたら行輝が空と話をしているのを見て一旦下がるのだ。これ何だ。

練習試合の方はシングルでなぎさが勝つ。次のダブルスでは悠と空のペアがフレ女に負ける。そしてダブルスの次の試合が綾乃と理子のペアとフレ女のコニーとヒナ。

羽咲の名前を聞いてから豹変したコニーは綾乃に闘志をみなぎらせ、しかもあの時に仲間なんて無意味だと言ったとおりヒナを邪魔者扱いして試合を開始。ヒナを邪魔者扱いしたコニーは手出ししたいのならお前が勝手にやれと最初は棒立ちで試合に臨む。当然ヒナが音を上げると次は私の番だとひとりで綾乃と理子に対峙した。ひとりなのにペアを翻弄する。これが世界レベルの強さ。
参考資料

そしてツインテを解いてポニーテールにして見せる事で綾乃に気づかせるのだ。
彼女こそが海外で綾乃母が育てた子なのだと。これは綾乃にとっては闘志どころかトラウマの方だから、この後の試合はガタガタになるんじゃないのか。或いは一度バドミントンを止める前の憑き物に憑かれた様な状態になるのか。

そしてこれで今回のサブタイの意味が分かった。
「私も今、迷子なんだ」
コニーもコンビニを探して迷子だった。でも迷子はその迷子ではあるまい。
綾乃もコニーも綾乃母から迷子なのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« つくもがみ貸します | Start | ヤマノススメ サードシーズン・第4話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/66979070

Folgende Weblogs beziehen sich auf はねバド!・第4話:

« つくもがみ貸します | Start | ヤマノススメ サードシーズン・第4話 »