« すのはら荘の管理人さん・第1話 | Start | ちおちゃんの通学路・第1話 »

七星のスバル・第1話

また異世界物か(飽き飽き(今期二回目

ユニオンと言うMMORPGで名をはせたスバルと言うパーティ。あーそうですか。
しかしそのプレヤーは実は小学生(ここでちょっと興味が湧く

でも小学生にしては話し方が大人でどうかなと思った。そのうち他の誰も倒せない敵に挑むとか、陽翔に咲月が好きっぽい様子を見せているのにその強敵との戦いの前に旭姫が陽翔に指輪を私何か話す様子を咲月が見てしまうとか、旭姫は絶対失わないとか貴法が言うとか、山の様にフラグを立てた結果、その強敵との戦いで旭姫は撃ち抜かれ、しかもそのタイミングでリアルでは旭姫が心臓発作で死んでしまうのだ。

貴法は陽翔を責めるし、ゲーム中の事故を受けてユニオンは停止になるし、そして歳月が過ぎる。あれ?なんだ、小学生の話じゃなくなるの?(興味が引く

ユニオンに代わってリユニオンと言うゲームが登場。アカウントを作る為にはサービス側から認められないといけないとか、ゲーム内で優れた才能を見せたらプレローマインダストリー社に採用されるとか話題にはなっていた。

ある時陽翔にどんな知り合いか知らないがリユニオンでどうしてもパーティを組みたいが一人足りないからと懇願されて、ユニオンのアカウントが引き継げると言う事で入ってみる事にした。

呼んだ相手がどこからどう見てもモブ顔。もう少しどうにか出来なかったのか。呼んだくせに初心者なのか洞窟ではおどおどしていてロクに戦えない。陽翔が取り敢えず倒したが、その時に何か周囲の様子が変わる。そして行き着いた先には宝箱。それを開けろと言われて開けてみたら、その中にはあのユニオンの時に死んだ筈の旭姫が。
参考資料

ゲーム内にはデータが残っていてその人格は未だ生きてるって設定になるのかな。シュタゲゼロのアマデウス内の紅莉栖の様に。

どうかなあ。1話切りはしないけど、3話までにどうなるか次第。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« すのはら荘の管理人さん・第1話 | Start | ちおちゃんの通学路・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/66907878

Folgende Weblogs beziehen sich auf 七星のスバル・第1話:

« すのはら荘の管理人さん・第1話 | Start | ちおちゃんの通学路・第1話 »