« 天狼 Sirius the Jaeger・第1話 | Start | ハイスコアガール・第1話 »

少女☆歌劇 レヴュースタァライト・第1話

以前から実写なCMは流れていたので宝塚みたいな感じかなと思っていた。

舞台に立つのを夢見て聖翔音楽学園に通う愛城華恋。同室の露崎まひるに起こされて学校へ。今日は日直だそうで遅くなれないと言いつつ、王冠型の髪留めを忘れて一旦寮へ。それでも間に合って一番に練習室に入った。その後続々とA組の子が入って来る。

A組俳優育成科は全員で28人。同じステージを目指す子達とは言っても優劣はある訳で、彼女らの中では天堂真矢と西條クロディーヌが一目置かれているらしい。だが星見純那は決めつけるものではないと言う。彼女は狙っているのだ。

そこに転校生がやって来た。神楽ひかりはイギリスの演劇学校からやって来た。だが、彼女は華恋の幼馴染み。小さい頃の写真でも髪留めを付けた姿で一緒に写っていて、そして今も華恋と同じ様にそれをしている。だから華恋は日直と言う事もあって積極的にひかりを案内した挙げ句、寮の部屋だと言って自分とまひるの部屋に案内するものの、まひるは驚くしひかりも邪魔をしたくないと別の部屋に入って行く。華恋とひかりの温度差が激しいと言うか、ひかりの方は何だか一歩下がっている。

イギリスの演劇学校にいたと言うのは伊達ではなくて練習でも実力を示し、高いジャンプを飛んで見せて華恋を感心させた。

しかし話が大きく動くのは華恋がひかりを追って異様なエレベーターに乗ってから。明らかに仕組みのおかしいエレベーターで地下深くに下りて行くとそこには舞台があってそこでは純那とひかりのオーディションが行われていた。戦いの如く。そしてそれを見ているのがキリン。なんだこのキリン。もう完全に夢の世界みたいな場所だろ。

ひかりが押されてトドメをさされようとしたところでお引取りをと言われた華恋参入。アタシ再生産って、おい、どこからどう見ても生存戦略か絶対運命黙示録じゃないか。いいよー、こう言うの好きw
参考資料

そしてトドメは「みんなをスタァライトしちゃいます」
これが「生存戦略ーーぅ」に相当するセリフかw

こうしてオーディション1日目は終了。
謎キリンと言い、しかもそれが提供になるのと言い、単なるラブライブっぽい少女☆歌劇でレビューなのかと思ったら、想像の遥か斜め上を言って少女☆革命ウテナか輪るステージピングドラムになってしまった。
どうすんの、これ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 天狼 Sirius the Jaeger・第1話 | Start | ハイスコアガール・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/66936660

Folgende Weblogs beziehen sich auf 少女☆歌劇 レヴュースタァライト・第1話:

« 天狼 Sirius the Jaeger・第1話 | Start | ハイスコアガール・第1話 »