« ヒナまつり・第8話 | Start | ウマ娘 プリティーダービー・第10話 »

ダーリン・イン・ザ・フランキス・第19話

博士=ヴェルナー・フランクス博士のAPE(エイプ)との関わりは2025年に始まった。こんな近未来だったのか。その頃科学者集団APEは既にマグマエネルギーを利用する技術を開発して人類の生活を変えつつあったが、そのマグマエネルギーはエネルギー源としてのみならず人類を不老不死にする可能性があった。
参考資料

えー、なにそれ。原理の説明があるかと思ったら全然無い。生物学専攻だと全く許容出来ない。

ともかくAPEはフランクスの才能を使って不老不死の研究を完成させようとしたのだ。フランクスはそれに魅入られてAPEの研究に協力する。そこに共同研究者としてカリナ・ミルザが現れた。フランクスはカリナの気持ちを全く気づかずに研究を進める。そしてやがて人類は不老不死に。その代わりに人類は生殖能力を失うだろうと言うのだ。いやいや、これも納得出来ませんよ。そもそも不老不死がどうやって実現したのかを示していないので何とも言えないが、何かを弄った影響で脳の生殖衝動が壊されたとか?

不老不死の施術は金持ちから普及して階級格差を生んだと言うくせに後半になると人類の70%以上が既にそうなったとか、いったいどう言う事なのか。確かに本当に不老不死になるのであればそれは魅力的だが、一方で生殖衝動を抑えられないヒトも存在する筈で、そんなに普及しないんじゃないかな。強制なら分からないが。

そして地球で砂漠化が進行する。マグマエネルギーとの関連性を疑われたと言うが、一体これもどんな原理なのか。ともかく砂漠化のせいで人々はプランテーションに住むようになり、それを開発したAPEが益々人類を牛耳る。

そんな頃に出現したのが叫竜。マグマエネルギーの採掘基地を破壊した。この叫竜に対して人類は核ミサイルをぶちこんで何とか倒す事に成功するが、その代償としてオーストラリア大陸の東半分は立ち入り出来なくなったと言う。大地にクレーターを作るほどの強力な核兵器。そしてツイッターではガンダムでもオーストラリア大陸がやられたよね、ロボットアニメはどうしてオーストラリア大陸を破壊するのかと言うツイートがあったが、私の場合オーストラリア大陸の破壊と言うと、ガルフォース地球章のヘカトンケイルを思い出すw

この対叫竜兵器として開発されたのがフランクス。名前が使われる様に、そして今も博士が研究者としてメインにある様に、これを開発したのがヴェルナー・フランクス博士。いやあフランクス博士、生物工学の専門かと思ったらロボットまで。どんだけ幅広い学者ですか。

最初のフランクスは動かなかった。しかしやがて操縦者が生殖能力を失っていない場合に動かせるらしいと言うのが判明する。これまたどんな原理なのか。そしてテストパイロットに志願したのがカリナだった。だが最初の起動実験で見事に失敗してカリナは喪われた。

結局、あの時婚姻届を出さないままだったんだよ・・・
参考資料
参考資料
参考資料

生殖能力を失っていない人間が必要。そこで開発されたのが「コドモ」だった。これらを実験体としてフランクスの開発は進む。最初は刺し違える戦いだったのが兵器も充実して来る。

そんな時に噂話として叫竜の姫が存在する事が分かった。あの、これも一体どうやったらそんな話が出て来るのか。ともかく第一次派遣隊にフランクスは随行する。叫竜は人間が変化したものかと思ったが、そうではなくてそれよりも前に存在した知性体らしい。我々の仲間を殺すのをやめよと叫竜の姫は言うが、だったら出てこなければいいんじゃないかとも思うが、それはきっとマグマエネルギーの採掘が叫竜の生息地を脅かしているからなのだろう。

叫竜の姫はやって来た人間を皆殺しにしたが、フランクスだけは残し、お前には我々と同じ臭いがすると言って舐める。同じ匂いは生殖能力を残した生き物と言う事なのか。そして戻って伝えよと言う代わりにフランクスの腕を噛み千切る。

だがフランクスはしたたかだった。その時に叫竜の姫の髪の毛を奪って来たのだ。これを利用して生み出したのが恐らくゼロツー。叫竜の姫が001でゼロツーが002の所以。
参考資料

こんな歴史を歩んできた人類、そしてフランクス博士。そして今のヒロ達はこの今の情勢に対して抗おうとする。ミツルとココロの記憶を操作した事について博士のところへ行き、パパ達に二人の記憶を戻して欲しいと請願する。だが、記憶を操作したのではなく消したのだから復元は無理だと言われる。怒るフトシ、そしてゾロメが一体僕たちはいつまで戦えばオトナになれるのかと問うがその答えは無い。これはオトナにはなれないと言う回答だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ヒナまつり・第8話 | Start | ウマ娘 プリティーダービー・第10話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/66764126

Folgende Weblogs beziehen sich auf ダーリン・イン・ザ・フランキス・第19話:

« ヒナまつり・第8話 | Start | ウマ娘 プリティーダービー・第10話 »