« ヒナまつり・第5話 | Start | 舞台探訪・ラーメン大好き小泉さん・筑波山 »

ダーリン・イン・ザ・フランキス・第16話

第13プランテーションは壊されたけど、グランクレバスは制圧出来たそうだ。あのでっかい手は何だったのか。

賢人会議では計画通りと言う事になっている。問題は叫竜の姫がどちらを選ぶかと言う事で、どちらって何?
参考資料

都市が破壊された影響か、第13都市部隊は相変わらずミストルティンに住んでいはいたが、もう「お手伝いさん」が世話をしてくれる事はなくなった。この辺りのナレーションをフトシがやっているのが気がかりだ。ヒロがずっとナレーションするのなら分かるのだが。

お手伝いさんが居ないと洗濯も自分達でしなくちゃならないし、食事も自分達で用意しなくてはならない。特に食事は作った事が無いのでレーションの様なものをいつもよそって食べるだけ。ゾロメは飽きたと言うが、食べない訳には行かない。でもフトシが食べないのだ。イクノやゴローも熱を出したらしい。

一方ゼロツーはすっかりいい子ちゃんになっていた。今迄が今迄だったから決めた事はちゃんと守ろうと。気持ちは分かるが、多分今迄が今迄だから長くは続かないんじゃないかな。

ミツルがココロに髪を切って貰った。今迄ヒロを悪者にしていたけれども、それはみんなヒロには責任の無い事だった、自分はヒロを悪者にする事に存在意義を見つけていたのかと。思わず吐露するミツルにココロが優しく髪の毛を切ってあげる。そして最後にはキスまで。もうフトシ君はダメですか、ココロちゃん。
参考資料

風呂を沸かせないらしくて水浴で身体を洗う。ミクがゼロツーの髪の毛を洗ってあげたので次はミクのを洗ってあげるとゼロツーがミクの髪の毛を見たら白髪が。おや、これは愈々全員の身体に異変が起き出したのか。

パパ達からの保護が無くなってこれからどうなっちゃうんだろうと不安になっていた皆だが、ゼロツーがだったら自分達で料理してみたらどうだろうと提案する。ヒロは川には魚が沢山いたからあれを調理してみようと。皆はあまり乗り気ではなかった。何しろやった事がないし教えて貰ってもいない。でもミツルは賛同する。確か書庫に調理に関する本があったと。

ゼロツーとヒロとゴローが魚釣りに行って来る。釣果はゼロツーが11匹、ゴローが9匹、ヒロが0匹。この差はなんなんだ。

淡水産の魚は多分毒は無いと思う。詳しくは分からないけど。それをそのまま丸焼きに。他にも野菜をサラダにしたみたいだが、あの野菜はどこから入手したんだろう。陸上植物は毒を持ってるのがあるからね。

しかし問題はそんな所では無かった。ゾロメがフトシに食え食え食えとやけに迫る。その理由はフトシにあった。実はフトシが物を食べられなくなっていた。少し食べても吐いていると。ゾロメはそんな無理を言っていたが、フトシに元に戻ってほしかったのだ。でも物を食べられない食べても吐くってのは何日も続くとヤバイよ。三年ほど前の夏に私はそうなったけど、最後は液体すら飲めなくなってこのままでは死ぬと思って入院させて貰った。そこから数日は口から栄養補給が出来ないから24時間点滴。何とか食事を摂れる状態になって病院を出て来た。
参考資料

不安になったみんなだが、フランクスに乗るのだけが自分達の人生じゃないとみんなを元気づけてひとまず元気を取り戻すみんな。

だけどこれがこのまま続くだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ヒナまつり・第5話 | Start | 舞台探訪・ラーメン大好き小泉さん・筑波山 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ダーリン・イン・ザ・フランキス・第16話:

« ヒナまつり・第5話 | Start | 舞台探訪・ラーメン大好き小泉さん・筑波山 »