« ゴールデンカムイ・第8話 | Start | ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-・第8話 »

3D彼女 リアルガール・第9話

色葉はつっつんに発見され、そこでうだうだしそうだったのをありさが蹴飛ばして二人ともさっさと別荘に戻らせる。迎えた悠人達には「山菜を採りに行っていた」と言う事にして悠人達もそうか山菜かと自分達を納得させるのだが、その前に純恵がつっつんの事を好きだと色葉に言ったと言うのを聞いて意外とずうずうしいんだなとか会話していたから山菜採りなんて誰も信じている訳が無い。
参考資料

そう言う表面的な事は糊塗したものの、色葉とつっつんが最近すれ違いなのは間違いない。この状況が解消された訳ではない。

困ってしまったつっつんはミツヤとありさに相談するのだが、自分の好きな相手が別の人から好意を向けられたら、例えばお前が誰かに好きになられたらどう思うんだと言われたものの、自分が誰かから好意を向けられる事などありえないとそこで思考停止。そこはあろうとなかろうとそうなったらどう思うかと言う事なんだが。

こんな騒動があって安静にしていなかったせいか純恵はまた熱を出してしまって、朝になったら直ぐに医者に診て貰わないととありさが叫んだと思ったら、先に電車で帰る事になった模様。悠人が帰り道は一緒だからとつきそう。この時に純恵はつっつんにちゃんと告白すると言うのを話すのだ。悠人の気持ちなんて誰も分かってないしね。

そしてつっつんが一人で帰る場面。これが変な場面繋がりだったなあ。どうも純恵が風邪のせいとかで先に帰るそれに悠人がつきそう、これは分かる。その後にすぐにつっつんが一人で帰る場面が登場するので結局みんなはどう解散したの?と言うのが疑問になってしまう。もうちょっと違う描き方は出来なかったのか。

ともかくその時につっつんは回想していた。小さい頃に絵が得意だったのである女の子、じゅりあと言う子から描いてと頼まれて、その時は仲良くしたのに中学校に入ってからも絵を描いていたのを同級生からなんだかんだ言われてそのじゅりあもそれのせいで筒井君とはあまり話した事ないとか言われてしまったあの頃を。
参考資料

色葉と話せば蟠りを消せるのではないかと思ったつっつんは色葉に話したい事があると言うものの、色葉から見たら今は何を話しても無駄に見えていた。その通りでつっつんには何か有効な言葉があった訳ではなくて困惑していたところに純恵から用事があると言うメールが入ったと言ってその場から逃げてしまった。

アフォかw
いくらなんでも最低の行為だろうに。

呼ばれて純恵の所へ行ったら純恵は悠人に語った決意のとおりに筒井先輩が好きですと告白する。つっつんは最初は何を言われていたか分からなかったが(ミツヤ達に自分が行為を寄せられる事は絶対ないと言っていたのだから)、タイムラグを経て言われた事は理解する。でもどうしたら良いのかパニくって逃げてしまう。その話をこれまた色葉が聞いてるんだけどね。そして純恵としては告白してお断りされる事でけじめをつけたかったのだ。

逃げたつっつんは昇降口で頭を抱えていた。いや、場所にことかいて何故そんな場所で。人目につきすぎるだろうに。人目につきすぎると言う場所でタイミング良く悠人に発見される。他の生徒は見て見ぬフリをしたのかもしれない。悠人に今なにがあったのかを話したらそりゃ悠人は怒る。純恵が一体どんな気持ちで告白したのか分かっているのか、それをその場から逃げ出すとか。

どうして良いか分からないつっつんはまたもありさに相談。本人が言う様にありさだと遠慮会釈無くぶん殴ってくれるから。
参考資料
一方色葉の方は一人で座っていた所へミツヤがやって来て、色葉は嫌がるがでも何だかんだ言って気持ちの整理にはなったらしい。その点だけは本当にありがとうと。

純恵にはつっつんからメールが届く。さっきはパニくって逃げてしまってごめん。何しろ一度も好きとか言われたり言った事がなかったのだからと。あれ、色葉とは好きとか言ったり言われたりはしてなかったか。さっき色葉の前から逃げた時はそれを改めて言おうとして言えなかったんだったな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ゴールデンカムイ・第8話 | Start | ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-・第8話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 3D彼女 リアルガール・第9話:

« ゴールデンカムイ・第8話 | Start | ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-・第8話 »