« ゴールデンカムイ・第5話 | Start | ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-・第5話 »

3D彼女 リアルガール・第6話

色葉を怒らせたつっつん。言ってくれないと分からないよ、俺にはそんなスペックが無いんだからと言って火に油を注ぐ。

色葉が相手をしてくれないが、さらに悠人が相手してくれない。今日は用事があるからと一緒に帰らないのだが、最近それが続いていて何かおかしいなと様子を見に行ったら猫相手に話をしていたのだ。
参考資料

俺に気を使うな、相手は猫だぞとまくしたてるつっつんに悠人は怒った。最近の悠人は傲慢だと。これで悠人も相手をしてくれなくなる。

膝を抱えて話し相手がいなくなった寂しさを噛みしめるつっつん。思えば悠人と仲良くなったのは中学校の時だった。あの頃のつっつんは既に愛想の無いオタクとして孤立しており、一方の悠人は一般的な人間の範囲に居る感じだった。最初に悠人からつっつんに話しかけたのだが、つっつんはそっけない。言葉を返して来ない。俺と関わるなと言う感じだった。

だが相変わらずそんな感じのつっつんをイヤホンを奪って放り投げるなどの事がされるのを見て悠人はそのイヤホンを探し出してつっつんに渡す。だが、つっつんはその優しさはちゃんと返してくれる人間にしろと。つっつんは何気にたまーに良い事をいうんだよね。これって悠人が単に便利に使われているだけと言うのに応える言葉だった。

そしてその日が来る。買ったばかりのアニメ雑誌を見ていたつっつんからそれを奪って破り捨てようとしたのを見て悠人が飛びかかる。飛びかかられた相手は何しやがると言って悠人を殴りつけた。ここから二人の友情が始まったのだ。
参考資料

色葉にも悠人にも話をして貰えなくなったつっつん、別に純恵に逃げた訳でもないが、いつも花壇や畑いじりをしている純恵が目に入る様になって声をかける。純恵など、朝から挨拶を貰えて嬉しいと言うのだ。今迄誰にも相手されてなかったのが分かる。そしてこの間身体だけはいいんだけどと言われていたのを庇ってくれたお礼にジャガイモをくれるのだ。

このジャガイモをつっつんが芋団子にする。どんな料理だ。今日はじめて聞いたぞ。これを芋をくれた純恵はもとより、悠人にも渡す。悠人とはこれをきっかけで仲直り出来るのだが、どちらの場合も紙袋にいれたままなのでどんな出来映えなのか分からないし、食べて美味しいのかも表現されない。全然ありがたみが伝わって来ない。

ともかく芋団子で悠人との仲直りが成功したので思わず勢いで色葉の家まで来てしまったが、勝手に住所を調べてやって来たと言うストーカーな行為。諦めて帰ろうとしたのを色葉が見つけた。いやぁ普通玄関と言うか、門前でウロウロしている人間なんて気が付かないと思うが。

色葉が部屋にあげてくれる。つっつん初めての女子部屋。ベッドでくんくんするのは変態です。色葉もとうとう折れたと言うか、何となくつっつんの気持ちも分かった。色葉を疑っている訳ではない。だが今迄の生活からはかけ離れた幸せな状況を信じ切れていないのだ。

やっと話が出来たつっつんは自宅では肌の露出の多い服を着ている色葉がもたれかかって来たので思わず押し倒してしまう。押し倒して我に返った。これはマズイ。このままではどうなってしまうか分からない。慌てて逃げ出すつっつん。

そしてそれは学校に行ってからも続いて暫くは自分に近づかない方が良いと逃げる。また極端なと思う色葉。

その一方で気楽に話せる相手が純恵だった。二人で仲良く花壇の前で座って話すが、その様子を色葉が見てしまった。様子がおかしい色葉にありさが声をかけると色葉が苦しそうによりかかって来る。
参考資料

まあなかなかうまく行かないよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ゴールデンカムイ・第5話 | Start | ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-・第5話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/66701974

Folgende Weblogs beziehen sich auf 3D彼女 リアルガール・第6話:

« ゴールデンカムイ・第5話 | Start | ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-・第5話 »