« 平成30年春アニメ(視聴予定)のハッシュタグ一覧表 | Start | かくりよの宿飯・第1話 »

ウマ娘 プリティーダービー・第1話と第2話

この内容でどうして第1話と第2話を連続放送したのかは分からないが、話は楽しかったので飽きずに見られた。

私の競馬に関する属性としては20年程前に会社のある人が競馬が大好きで、単純にウマのレースとして見た事があると言う程度。ギャンブルは嫌いなのでそっち面では全く受け入れていない。暫くその影響で競馬放送を見ていたが、そのうちに飽きて見なくなっていた。

だから超有名馬は名前だけは知っている。そしてたまたまその時期に見たのがサイレンススズカの事故レースで、あれは衝撃的だった。本当に衝撃的だった。当時圧倒的な強さを誇っていたサイレンススズカがその時も最初からぶっちぎりで2位以下を引き離してどう見ても圧勝と思っていたら途中で速度が落ちて止まってしまうのを見て「え?!」と驚いた。足に故障が起きてその後サイレンススズカは安楽死させられたのだ。だから私の中ではサイレンススズカだけが特別なウマで、どんな走りっぷりだったのかも知っている唯一のウマ。
こちらも参考に→ 武豊 サイレンススズカ故障の夜に生まれて初めて泥酔した

そのサイレンススズカさんがサブヒロインですか・・・
名前が出て来た時にいきなり故障して走れなくなるんじゃないかと心配したけど、取り敢えず大丈夫で、でもこの先で同じ様な事が起きなければいいなあ。

サブヒロインの話の方が先に出て長くなったけど、ヒロインはスペシャルウィーク。スペシャルウィークは名前は知っているけどそれだけ。どんな馬だったのかは後でWikipediaで調べたい。

ウマ娘が認知されているこの世界(あれだ、競女と同じ感じかな)、スペシャルウィークは北海道から上京して来て日本一のウマ娘になろうとしていた。この辺りは相当競女と同じ。

あとでフジキセキが、同室となったサイレンススズカに説明するが、北海道で他の子とは全く接触なく育った子なので、改札機の通り方すら知らない。東府中で降りてしまったのでついでにレースを見て行くと良いよと駅員に勧められて見に行ったレースでサイレンススズカの華麗な走りに魅了されてしまう。そして見過ぎて遅刻。
参考資料

トレセン学園に編入して自己紹介で気負いすぎて転ぶが、クラスの子達は笑って済ますおおらかな生徒達。名前が全然覚えられないけど。ただ、どんなウマ娘になりたいかと言う質問でスペシャルウィークが日本一のウマ娘になりたいと言うとみんな笑っていた。あれはどんな笑いだったのか。

どこかのチームに所属する必要があると言う事で、スペシャルウィークはサイレンススズカが居ると言うリギルのテストレースに参加する。出遅れたものの、最後の追い込みが凄く一人(誰?)を追い抜いて1位・・・と思ったらエルコンドルパサーの方が早かった。

これでリギルに入れず、そのあといかにも怪しいと思われたスピカに拉致されて入れと強要された。トレーナーはあの痴漢と思ったヤツ。でもサイレンススズカがリギルを出されてここに参加したと聞いて二つ返事で入る事にした。思えばサイレンススズカのレースの時にあんな走りはダメだと言ったのにとか呟いていたのがリギルのトレーナーだったんだな。この辺り、サイレンススズカの資質を見抜けなかった歴史と繋がっているのか。

こうしてスペシャルウィークはスピカでウマ娘の練習を始め、そしてデビュー戦。ところで生徒会長がわざわざ呼び出したのは何故だったのだろう。寮でスペシャルウィークが気にかけて貰ったのは育ちのせいなんだが、同じ理由なんだろうか。その生徒会長シンボリルドルフ、デビュー戦は鎧袖一触だったそうだ。なぜそんなに漢語を使いたがるw
参考資料

こうしてスペシャルウィークのデビュー戦。トレーナーによると作戦は無し。走りたい様に走ってここだと思う場面でスパートしろと。それとは別にスペシャルウィークは初めての舞台でガチガチになっていたが、トレーナーがわざとらしくゼッケンを渡すの忘れたと言ってサイレンススズカに届けさせたのが効いた。

スペシャルウィーク、またもスタートで出遅れたものの、次第に追いついて最後の場面でクイーンベレーを追い抜いて今度こそ本当に1位をとった。ところがトレーナー、ウィニングライブの仕方を教えて無かったのだ。因みに競馬をよく知ってる人には今更だけど、競馬ではウィニングランと言うのがあるので、まさにちょっとだけ名前を変えたライブステージを入れ込むとは良い設定を考えたと思う。
参考資料


P.A.WORKSの新作と言うのだけを聞いて見たのだが、どちらかと言うとCygamesの新規アプリゲームの肝いりの作品ではなかろうか。これにTOHO animation・ランティスが加わって資金はたんまり出すから良いのを作ってくれとP.A.に制作を任せたかな。絵がとても綺麗。そしてP.A.の作品に通底する「固さ」が良い意味で落ちていると思う。気楽に楽しめ(そしてゲームや音楽に金を落とせw)と言う物語じゃないだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 平成30年春アニメ(視聴予定)のハッシュタグ一覧表 | Start | かくりよの宿飯・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/66568103

Folgende Weblogs beziehen sich auf ウマ娘 プリティーダービー・第1話と第2話:

« 平成30年春アニメ(視聴予定)のハッシュタグ一覧表 | Start | かくりよの宿飯・第1話 »