« ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-・第3話 | Start | ヒナまつり・第4話 »

ひそねとまそたん・第3話

と言う訳で正式にDパイになったひそねが他のパイロット達に紹介される。空自のパイロット達のセクハラ酷い。ただこの話の中で3年前に居なくなった前任者に森山=フォレストと言う人が居た事を知る。そう言えばいつのまにか居なくなったなあと、居なくなったきっかけを誰も覚えていない。

確かにこれまでDパイは3年ぶりだと言う話はあった。名緒の母親の元空曹長が仮にDパイだったとしても3年なんて短期間ぶりではあるまい。そう言う前任者が居た訳で、ひそねは改めて気になる。

それはともかく訓練飛行。随伴機と一緒の飛行で、ひそねは煽られてうっかり触ってはならない場所に触ってしまったらしく、まそたんが暴走。まそたんのアフターバナーや飛行で僚機が煽られる。その挙げ句曲芸飛行の様な形で着陸してそのまま8挌へ。おまけにパイロットスーツはかなり溶けてしまった。

航空祭が近づいていて名緒が妙な物を作っている。その横で掃除をしながらひそねは前任Dパイの森山の事を聞いてみたが、名緒は興味ないと言って何も情報をくれなかった。ただ、まそたんは「フォレスト」と聞くとキョロキョロとした反応を示す。
参考資料

幾嶋に溶けたパイロットスーツを返しながらやはり前任の森山の事を聞いてみるが、幾嶋は幾嶋でパイロットスーツにしか興味が無くて、そう言えばそう言う人がいたと、サイズの事しか覚えていない。

そして始まる航空祭。沢山の来場者の前で試技飛行などを開陳。巨大な望遠レンズのカメラがまるで指向性を持ったかの様に同じ動きで戦闘機を追う。

会場になんだか前任Dパイらしき人が来訪。その前に柿保が誰かと電話していていかにも森山相手っぽかったので森山なんだろうな。

ここに来てトラブル発生。岐阜基地のF-15Jの飛行のハイライトにする筈だったのが、あのまそたんのアフターバナーを喰らったせいでエンジントラブルを起こしてしまったのだ。あのアフターバナーって擬似的なものじゃなくて本物が出ていたのか。パイロット尾長は九州から親がわざわざ見に来てくれているのにと泣き出した。だから曽々田司令はひそねに責任取ってねと言う。

えええと驚くひそねだったが、岐阜の顔だとかおだてられてその気になる。割合ちょろい。そしてその気になるのだが、何故か今日はまそたんがその気にならない。あとから森山が説明するが人が多くてビビったらしい。

そこにやって来たのがあの子供連れの女性だった。この人が森山=フォレスト。森山はまそたんの事をオスカーと呼んでいた。ただ、森山を知っていた人ですら「誰?」と思う程に体型が変わってお母さん体型になっている。当然当時のパイロットスーツなんて着られません。
参考資料

森山にすりすりするまそたんを見てちょっとジェラシーが沸いたかひそねがまくしたてる。それに応えたかまそたん、ひそねを飲み込んだ。

めでたく偽装して機動飛行へと行く訳だが、ここで曽々田司令が気が付いた。ダミーのコックピットに誰も居ないのはまずいんじゃないかと。いつもは離陸時に誰にも見られないから良いのだが今日は航空祭でみんなから見られているからね。と言う訳で名緒が作ったあの人形が代わりに搭乗。

そこまでは良かったのだが、まそたんは航空祭で集まった人混みに尻込みして止まってしまった。フォレストならいいのか、こんな自分を選んだのはまそたんだろう、すごすご帰る私の事も考えろと。だからお願い、まそたん飛んでくれーと。力づくでまそたんを説得して再起動。俄然やる気を出したまそたんが普通の人が普段見られない様な飛行を見せる。観客は頑張りすぎじゃないかとか、他の基地から来た幹部が岐阜のF-15J凄いなとか驚く程に。

あとから柿保と話していた森山だが、空自をやめたのはオスカーが飲み込んでくれなくなったからだと言う。でも未だに凄いなついていたよね。

打ち上げの席上でひそねに遂にTACネームがつけられる。良い気分に酔った(ここで改めてひそねが成人なんだと理解した。いや、待て、本当に成人してるのか?)ひそねがまそたんにTACネームを披露する。そのまんまじゃ?
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-・第3話 | Start | ヒナまつり・第4話 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ひそねとまそたん・第3話:

« ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-・第3話 | Start | ヒナまつり・第4話 »