« ゴールデンカムイ・第3話 | Start | ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-・第3話 »

3D彼女 リアルガール・第4話

今迄さんざん世間から白い目で見られていたつっつんがこの状況に溺れていいんだろうかと言う疑問はえぞみちの説得によって解けた。いや、自分の妄想なんだけど。

そんな訳で数学が全く分からないと言う色葉を家に連れて来て教えている訳だが、気になってちゃんと教えられていない。それにしても問題文からして分からないと言う色葉には先ずは計算問題をみっちりやった方が良いのではなかろうか。

そしてとうとう行動に出るつっつん。今日は母が部屋に入って来る気配がないからとか言っちゃって色葉に抱きつくんだけど、実は母も弟も気配を消してマジマジと見ていたのだ。

つっつんがこんな幸せな状況に身を委ねかけていた頃、彼の知らない場所ではそこに介入しようと言う動きがあった。あの美人の色葉があのオタクな筒井と付き合ってるってマジかと驚く高梨ミツヤ。あんないい女はこのいい男の俺にこそ相応しいと。

そしてつっつんを呼び出し。靴箱の中にラブレターっぽい手紙を入れておく。つっつんは過去の経験からこれは絶対罠だと思って無視しようとした。多分正解なんだろうと思ったのに、ありさがもし本当で校舎裏で待ちぼうけを食う子が居たらどうするんだと言われて、その哀れな姿を想像してしまったつっつんは放課後に校舎裏へ行く。
参考資料

まああのミツヤの罠なんだけどね。ミツヤは何故お前が色葉と付き合ってるんだと威嚇。つっつんが正直になれそめから話さないとならないのかと答えると苛立って、お前の何処かひとつでも俺に勝っている部分があるのかと言ってくる。

いや、ここで「こんな悪人面さげた脅しをしない事でしょうね」と答えて欲しかったがwそこは正直に無いと言ってしまう。ミツヤはだったら色葉を譲れと言うが、つっつんはそれはダメだと答えるので怒ったミツヤがつっつんをボコボコに。思い通りにならないからと言って問答無用で暴力ふるうとは本当に性根の悪いヤツだな。

怪我を隠す為にマスクをしたつっつん。で、この日は早めに帰るのだが、公園で泣いている女の子を発見する。最初は怯えられたが、迷子になっていて住所も何も分からない。警察に行こうとしたが、そこにあいつが現れる。ミツヤが。この子はミツヤの妹のあんずだそうだが、ここでミツヤがあんずに叫べと叫ばせて警官を呼んでこいつが妹を連れて行こうとしたと冤罪を被せ、しかもその場面を写真に撮って翌日学校で事件を捏造する。
参考資料

つっつんの方は冤罪を晴らそうとしたのにミツヤには消えられて警察に説明が出来ず、その結果母親に連絡が入って口頭注意でやっと解放されていた。もうこの時点で弁解する気力も無く、今迄だってこんな白い目で見られる事はあったじゃないかと何も抗弁しない。それがまた学校内では本当の事らしく噂される。

色葉と悠人は信じてくれるがありさは最低だなとあっさり言ってのけた。まあはっきりしている子だからね。

学校でこんな目で見られるから、ほとぼりが覚めるまで帰りもバラバラにしようと色葉に言うつっつん。でも色葉はこんな俺だからと言うつっつんに対してこんな俺でもついて来いと言ってよと言う。

この事態でミツヤが色葉に言い寄るものの、色葉が一蹴。何故この俺がと驚く。

この状態をどんな形で解消するのかと思ったら、意外な方向から糸口がついた。あのあんずは実はつっつんの弟の薫と同級生でしかも薫とは友達。だが、あの事件で薫は兄が前科者になってしまってその弟の自分はどうなるんだと暗くなっているのを知る。

大変な事になってしまった、一体どうしたら良いんだと思い詰めたあんずが兄に相談する為に高校にやって来た。そのあんずと先に会ったのが色葉。そして兄が駆けつけたが、あんずの言葉からどうやらこの二人につっつんがはめられたと気づく。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ゴールデンカムイ・第3話 | Start | ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-・第3話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/66650236

Folgende Weblogs beziehen sich auf 3D彼女 リアルガール・第4話:

« ゴールデンカムイ・第3話 | Start | ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-・第3話 »