« ヴァイオレット・エヴァーガーデン・第12話 | Start | ハクメイとミコチ・第12話・最終回 »

恋は雨上がりのように・第12話・最終回

近藤はどうやら九条が家に来て以来久し振りに原稿に向かう様になったらしい。それにしてもやっぱり紙の原稿用紙なんですね。

あきらに「南高の倉田はあきらと同じ怪我から復活したよ」と言ってしまったはるか。それは「おまえは一体何をしているんだ」と言わんばかりのものだったから激しく後悔していた。

あきら達は進路希望の調査の季節がやって来た。吉澤は同級生だとして、ユイも同学年なのか。ユイは以前チラと言っていた様に理容師を目指す様だ。そのユイに吉澤がまた髪をカットして欲しいと言って来た。どうやらユイと吉澤はうまく行きそうな感じ。
参考資料

近藤は最近仕事の方でも忙しい。ここのところ連日本社に行っている。店内では久保がこれはひょっとしてひょっとしたら昇進なのではないかと言う。店長から昇進したらどうなるか。本社勤務になるらしい。キッチンの二人はそんなの無い無いとは言うものの、あきらは近藤がこの店から居なくなってしまうかもと気になる。

或る日、事務室に勇斗が来ていた。鼻の頭に絆創膏をしているのでどうしたの?と聞いてみると陸上で転んだと言う。速く走れる様になりたいと言う勇斗は、あきらに走るのが早いかと聞いて来た。

そりゃ陸上のエースだったから速かった。でも今はやっていない。こんな時どう答えるのかと思ったら「うん、まあまあ」と。それを聞くと勇斗があきらに走り方を教えてと言う。驚いたあきらだったが、教える事にした。

練習中に転んだ勇斗、でも転んでも遅くても走りきらなくちゃいけないあきらめるな、そうじゃないとそれ迄走った意味がないじゃないか、とパパ即ち近藤に言われたのだそうだ。

あきらはその近藤の言葉を噛みしめる。小学生だとちゃんとした走り方をするだけで数段速くなりそうだな。速くなったら続けるだろう。

事務室で二人になった時、近藤は勇斗が走り方を教わった話をする。でもあいつ続くかなと言うが、あきらは大丈夫だと。飲み込みも早いし、きっと続くよと。

近藤が頻繁に本社に行っていた理由が明かされる。本社でレクチャーを受けていたが、追試になっちゃったと。ここの場面、暫く意味が分からなかった。だってファミレスのシステムを知らないから。どうやらタイアップの新メニューのレクチャーを受けたものの、近藤はうまく出来ず、追試になって、だからこの店での新メニューの提供は遅れるらしい。いいのかそれで。ともかく近藤の昇進じゃなかった。
参考資料

そしてまたも近藤が本社に行く時にファイルを忘れた。あきらはそれを持って追いかける。走るかなと思ったが走らずに届ける。近藤にファイルを渡して立ち去りかけたあきらに近藤が思わず声をかけた。

それを聞いて近藤に駆け寄って抱きしめられたのは果たして近藤の見た風景だったのだろうか。あきらもはるかにメッセージを送る。「もう一度、一緒に風を見よう!」はるかの気持ちが通じてあきらも再び走る事にした。こうして二人はまた自分の夢を追いかけ始める。
参考資料


いやあ、結局最後の場面は実際の風景ではなかった訳だけど、二人はこの先どーなるんでしょうね。

なかなか楽しかった。ノイタミナ作品の中でも好きな方だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ヴァイオレット・エヴァーガーデン・第12話 | Start | ハクメイとミコチ・第12話・最終回 »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 恋は雨上がりのように・第12話・最終回:

» 恋は雨上がりのように(終) 第12話 『つゆのあとさき』 遂にくっついた!ってそっちか!! [こいさんの放送中アニメの感想]
時代はおっさんより百合だという事か。 本社行きが多い店長。もしかして売上不振で詰められているんだろうか。やがて閉店もしくはリストラの嵐が吹き荒れるのか。そう思ったら店員たちの予想は違う。店長が昇進して本社勤務になるのでは、そして新しい店長が来るかも!久保さんはこれを歓迎している模様。近藤店長やりやすいと思うんだけどなあ。モロ体育会系のスパルタン店長とか来たらどうするんだ。 悠斗が来た。鼻に絆創膏、まさかいじめ!?そう思ったら体育でころんだ、しかも陸上だとか。早く走る方法、教えてよ。あきらが陸上をや... [mehr]

verlinkt am: 05. April 18 00:29

« ヴァイオレット・エヴァーガーデン・第12話 | Start | ハクメイとミコチ・第12話・最終回 »