« ネト充のススメ・第10話・最終回 | Start | このはな綺譚・第11話 »

食戟のソーマ 餐ノ皿・第11話

黒木場が楠に勝って盛り上がる創真達だが、薊は一回勝ったごときで浮かれておめでとうとばかりに声を掛けてきた。しかしそこにアリスが居るので立ち向かえる。何しろアリスは薙切家の一員にして料理の腕もあるから薊に普通に物を申せる。創真の様に腕があっても薊から見たらなにも基盤の無い人間だとせせら笑うだけだったろう。

アリスは嘗ての恨みがあった。幼い頃にえりなと離ればなれになる時、えりなが手紙を出しなさいよねと言ったのを受けてうきうきと手紙を書いていたのにそれを全部破棄していたのが薊だったのだ。そしてえりなは一時期そんな事があったとは知らずにアリスが手紙をくれないと思っていた。そうして二人を分断した薊が「嫌いです」。
参考資料

そうアリスに宣告されても余裕を見せて立ち去った薊だが、その表情には腹立たしさが漂っていた。
参考資料

最先端料理研究会は黒木場が食戟に勝ったので残ったが、それ以外の食戟に敗北した研究会は全て潰される。そして隠れて活動をしていた場合は懲罰を受けるのだ。

いいのか、そんな磔の刑とか、日本の法律に抵触するだろうに。

授業の方もこれまで創作が入っていた内容からセントラルが決めた料理方法を習得するだけの内容に変わる。今回創真と恵が受ける筈だった授業も講師がセントラルの方針に反対された為にやめさせられたと言うのだ。そして代わりにやって来たのがあの十傑第一席の司だった。ただ単に決められた料理方法を習うだけの授業に気が乗らない状態だった生徒達も十傑第一席の料理方法を学べるとあってはこれはかなりその気になる。

しかし例によって司は小心者で、うまく料理方法が伝えられなかったらどうしようとか思っている。一人でやって来た為に、自分が料理する時の助手を誰かやってくれないかと言うが、第一席の助手など出来るかと臆している生徒達を尻目に創真が隣に立った。

それじゃあお願いしようかと司が料理を始める。創真はスタジエールの時に四宮からフランス料理をみっちり仕込まれたので司の指示についていけるばかりか、先を見越した準備も出来る。そして二人によってあっと言う間に料理が完成するのだ。これを見せて司はじゃあ君たちもこれと同じものを同じ時間で作ってね、って、それは全然教育になってない。

同じ頃えりなも授業を受けていたが、えりなの場合はこう言う授業で実りのある事があったんだろうか。まさかお着替えの場面の為ですか?w
いわゆるエロゲスクロールする作品って近年少なくなったよね。
参考資料

今回の事で司は創真を認める。但し、使える男だと言う意味で。僕と契約して十傑評議会へおいでよと司は言い出す。自分の手足になってくれればそれで良いと。創真がそれをよしとする訳無いのは視聴者側は分かっているが。

創真は聞いてみた。司が薊の目指すやり方に納得しているのかと。司は薊による出来の悪い料理店はこの世から駆逐して最高の店だけにすると言うのには納得しているのだと言う。それは自分の料理が一番であって、それしか眼中にない司と一致するものであった。一方で創真からしてみたら町の料理店は要らない物として消されるのは我慢ならない。何しろ司は躊躇いもなく「ゆきむら」みたいな店は要らないと言ったのだから。

そう言うのなら自分と勝負してみるかと司は創真に言い出す。創真が負けたらセントラルに入ると言う約束で。ありゃー、この状態を見ると創真は司には勝てない様に見える。すると約束で創真がセントラルに入らざるをえない展開となる訳で、それはどうなんだろう。負けてセントラルの中に入っても中からぶっ壊すと言う展開はありかもしれないが、それは違うんじゃないかな。だとしたら何かでこの勝負は流れるか引き分けるかかな。

料理はフランス料理、食材は授業で使う筈だった鹿肉。司はさっそく料理にとりかかった。創真は未だ考えている最中だったが。その鮮やかな手さばき、そしてえりなが言うには食材と対話するかのような繊細な調理。

授業を終えてお着替えをして通りがかったえりなと緋沙子がその様子を伺う事になる。そして恵まで巻き込まれて二人の勝負を見届けるのだ。緋沙子と恵は司の繊細な調理に食べてもいないのにおはだけですよ。
参考資料

創真の方は調理は出遅れたが、町の大衆料理店は不要だから潰すと言う司の言葉で俄然燃えてきた。

よっしゃ、戦え創真。
私は町の大衆料理店の方を応援するよ、マジで。
いや、偏食が手伝って私には所謂「グルメ料理」は舌に合わないんだよ。
あれっ、もう次回が最終回か。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ネト充のススメ・第10話・最終回 | Start | このはな綺譚・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/66155090

Folgende Weblogs beziehen sich auf 食戟のソーマ 餐ノ皿・第11話:

« ネト充のススメ・第10話・最終回 | Start | このはな綺譚・第11話 »