« 食戟のソーマ 餐ノ皿・第5話 | Start | Just Because!・第5話 »

このはな綺譚・第5話

呪いの地獄少女・・呪いの人形登場。しかし此花亭にかかっては呪いの人形も形無し。呪いの人形なんて動いて喋って髪が伸びる程度でしょと。

その伸びる程度の髪を切ってみようと棗が言い出して櫻が鋏をかざす。櫻、恐い。思わず怯む人形だが、抵抗虚しく不揃いに切られてしまった。この惨状にどうせ伸びるから大丈夫だよと言われた人形は、そんな子供が前髪を切られすぎた時みたいな慰めをするなと怒る。

こんなみっともない格好になってしまってと嘆くお菊を見て蓮が反応した。そんな自分から努力を放棄してしまうのがブスなのよ!とたちまちのうちに見事に変身させてくれる。流石蓮だ。これが私?
参考資料
って、元の日本人形の面影が着物しかないじゃないか。

この容姿なら新しい服を用意しなくちゃと蓮が自分の端布を使って洋服を縫い始めた。それを見てみんなが着物の端布などを提供してくれる。柚は端布が無かったので、縫うのを手伝う。

こうして立派な給仕服(メイド服)が出来上がり。
すでに元の面影なし。
柚はそれを見て目も肌も何もかも綺麗と見ほれた。

色々あって疲れ果てた人形は眠ってしまった。寝るのか、人形。人形は夢を見た。嘗て「匠の逸品」として作られたのに、贈られた家では日本人形は気持ち悪いと言われて物置に押し込められてしまう。他にももう用済みの品物がそこに増えて行く中で人形はラジカセの横に放置されたまま(昭和後期の人形かw)。

しかもそこそこ育ったそこの家の子供達はかわいい人形が欲しいと親にねだるのだ。この人形が居るのに。だから人形は動き出した。私とも遊んでと。そうして今回の此花亭のお客さんの和尚に供養をと託されたのだ。そんな悲しい過去の夢を見た人形だが、此花亭には獏の瓜乃介が居る。見事に悪夢を食べてくれて人形は暗い過去から開放されるのだ。

和尚は旅立つ時にもう供養の必要はなくなりましたねとお菊を此花亭に残して行く。

そう言って此花亭に本格的に置かれたお菊だが、此花亭に居候するとなった以上は働いてもらうよと女将に言われて仲居の仕事を始める事になる。そうは言ってもあの小さい身体でどうするんだろうなと思った。まさか箪笥の裏とかの掃除とか?w

Bパートは白黒系の色彩で画面が終始する。また何か怪異が登場するのかなと言う感じ。此花亭のある地方では未だに梅雨が明けていない。他の地方ではもう梅雨明けしてるのに。

柚はお菊と一緒に離れの庵に食事を運ぶ。お菊と一緒と言ってもあの大きさだからくっついてるだけなんだけど。そこの客は特別なお客さまと言う事でその庵で機織りをしていた。しかし食事を持って来たものの、前に持って来た食事は手つかずで、新しいのはそこに置いていってくれと言う。

ああ、偏食だからそのメニューでは食べられないのですね、私も同じだから分かります(違
参考資料

機織りの音を聞いてお囃子みたいだなと呟く皐。

しかし食事が手つかずではと桐が気を利かしておにぎりを作ってくれた。桐がお菊に持って行けと言うが、お菊はなぜそんな事をと言うものだから、持って行けないのかと煽ったらちょろくもそれ位出来るわよと持って行く。が、流石にやはりその大きさでは無理だよね。結局柚が一緒に行ってやる事にした。

入ってみたら客は雨を糸にして機織りをしてる所だった。やはり只者ではない。でもこの世界はそれ位だと見事ですねと感じてもそんな事が出来るのかとは驚かない。

おにぎりを持って来てもやはりそこに置いていけと言う客。柚はテーブルを片付けるが、その時にうっかり機織りの音に合わせて歌ってしまった。まるでお囃子みたいだと言われたのが頭にあって。

客は驚くが、柚にそのまま続けろと言う。そしてここから柚との会話になる。客は姉二人に比べて美しさも速さも劣る、自分も姉と同じ様にならねばと言うが、そこに柚はあの皐が姉と自分を比べている姿を重ねて、そのお二人の姉がどんなものを織るのか分からないが、あなたの織るのはそれだけで速いし美しいではないですかと。

気持ちがほぐれた客はおにぎりにも手を付ける。おかかのおにぎり美味しいです。
そして柚には機織りが終わったら最初に見せるからと言う。

雨が上がって生地が出来た。いや、今回の話から言うと生地が出来たから雨が上がったか。約束通りその客は柚に見せる為に待っていた。片方をしっかり持っているんだぞと言って生地を広げる。

ああ、これが梅雨明けを告げる虹になるんだ。
参考資料
そして画面に明るい色が付く。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 食戟のソーマ 餐ノ皿・第5話 | Start | Just Because!・第5話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65994967

Folgende Weblogs beziehen sich auf このはな綺譚・第5話:

« 食戟のソーマ 餐ノ皿・第5話 | Start | Just Because!・第5話 »