« セントールの悩みとは何だったのか | Start | 食戟のソーマ 餐ノ皿・第1話 »

UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~・第1話

例によって可能な限り事前知識無しでその期の新アニメを見る事にしているので、12年もの歳月を経てネギまが再びアニメになった理由と意義が全く分からなかった。今でも分からない。でもそんな考えで見たものの、第1話を見たらよく出来ているじゃないかと言うのが第一印象。

始まってから懐かしい面々がどんどん登場する。しかしあまりに昔なので当時の声優さんが誰だったかの記憶がほとんどない。一見ですぐに思い出したのは夕映の桑谷夏子さん、そしてのどかの能登麻美子さん、エヴァの松岡由貴さん。一方ネギ先生って佐藤利奈さんだったんだね忘れていたごめんなさい。だって美琴に完全に上書きされてしまったので。
参考資料

ネギ先生がくしゃみをすると大変な事になると言うのは忘れていたw
しかしそのおかげで今回の作画はしっかりしていると言うのが理解出来た(何故

そしてOPがハピマテなのだ。ああ、懐かしい。それと同時にハピマテは何か事件が絡んでいたなあと言ううっすらとした記憶も。ともかくハピマテが聴けた事は大収穫だと思う。麻帆良学園のモデルの深谷駅に行ったのももう8年も前の話。

ところが本編が始まってみたらムサイ兄ちゃん達の話ですよ。あれ?ネギ先生のハーレムマンガはどこに行った?取り敢えずこれで今期のネギまが単なる焼き直しではないと言う事になるのか。

エヴァが育っている。そのエヴァ=雪姫(由貴姫って変換されたよ、松岡さんw)が学校の教師をしていて、悪ガキ達が雪姫を倒したらおら都さ行くだと襲いかかるものの一蹴される。もう魔法が普通に知られる時代で、雪姫が多分魔法を使っているのだろうと思う近衛刀太達。魔法には魔法アプリでと思ったものの一つで数十万円もすると言うので手が出せない。あとから凄い未来の設定だと分かるが、一応ここは貨幣価値が変わっていないと言う事にしておく。

その彼らに悪魔の囁きをする雪姫の同僚の教師。そのお高いアプリを提供してくれて雪姫の不意を突く。予想もしていなかった攻撃に束縛される雪姫だが、これを抜け出そうとしたら前の晩に刀太がプレゼントしてくれたリングが魔法を封じるリングだった。

これで賞金首のエヴァをやれると本性を現した橘で、雪姫がやられそうなその時に刀太が駆けつけた。魔法と相性が悪いと言われて一人遅れて来たのが役に立ったのだが、その刀太も腕を切られる。そして雪姫が寸断されて刀太も一緒に殺される・・・と言う場面で雪姫は初めて自分が刀太をどういう身体にしたのかを打ち明けた。

目の前で雪姫と友人が殺されるなんてのを見過ごす選択肢は無い。刀太は雪姫の血を舐めて本当の不死の身体を獲得して橘をぶっ飛ばす。

不死のエヴァだけあって刀太が気が付いた時にはもう身体が元に戻っていた。そしてどうやら全ての事情は友人達にも話した様で、刀太と雪姫は都の、軌道エレベーターのある街へ旅立った。
参考資料

と言う事で、ひょっとして麻帆良学園は出ないんですか?
えー。
いや、まあ、あの時から時間が経っちゃってるので彼女達もあのままじゃないんだけど。ネギ先生の映像も大人になっちゃっていたし。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« セントールの悩みとは何だったのか | Start | 食戟のソーマ 餐ノ皿・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65869896

Folgende Weblogs beziehen sich auf UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~・第1話:

« セントールの悩みとは何だったのか | Start | 食戟のソーマ 餐ノ皿・第1話 »