« このはな綺譚・第2話 | Start | Just Because!・第2話 »

いぬやしき・第1話

辛い。
犬屋敷壱郎が同世代であまりに写し身を感じてしまって辛いw

話には聞いていたが、到底58歳には見えず、これだとまるで70代の犬屋敷壱郎。定年間近の普通のサラリーマン。しかし生活はぱっとせず、家族からは蔑ろにされている。東京で痛勤するのはまあ普通なんで。それでも「東京圏」に、しかも周りを見たら畑じゃないのでちゃんとした住宅街に一軒家を買えるってのは結構なもんですよ。最初に到着した時に豪邸を見た後だからその後の家がしょぼく見えるかもしれないけど。何故あんな奥の土地って言うが、多分旗竿地で安かったんだろうなあ。

そんな犬屋敷壱郎、ある時病院での検査で胃ガンで余命三ヶ月を宣告される。あの医者の伝え方は酷い。多分不運さを演出する為なのではないか。それを家族に伝えようとしてもみんな電話を無視するし見向きもしない。

そして誰にも言えずにあの拾った犬の花子を抱きしめて泣くしかなかった。
参考資料

ところがそんな時、異変が起きる。花子はいち早く異変に気が付いて離れたが、犬屋敷壱郎と近くに居た青年はそれに巻き込まれた。宇宙人達はこの失態を誤魔化す為に殺してしまった地球人の二人を機械の身体で復元しようとした。その時の会話が酷いw
「知的生命体を殺してしまったぞ」→「兵器ユニットしかありません」→「この惑星が滅びかねません」→「そんなこと知るか!」

こうして兵器ユニットの身体で復元された犬屋敷壱郎。本人は外で寝入ってしまったとしか思わなかったが、身体の異変に気が付き出す。食事の時に何か感じたみたいで、ひょっとして味覚が若返った?とも思ったが、逆かもね。それよりも腕から蒸気が出るとか変形するとかしたらこれはもう普通じゃないのは嫌でも分かる。

これだけなら自分の身体は一体どうなってしまったんだと思うだけだろう。と言うか、レントゲンを撮って真っ白にしかならない(X線を全く通さなかったと思われる)のを見て医師達は何とも思わないのか。まあ機械の故障の方を思うだろうなあ。

これに転機が訪れるのは公園に行った時。なんだかホームレスみたいな人が電話をかけて嘗ての恋人かなにかとのやり直しが出来そうになった場面。これって一体何の関係があるのかと思ったら、その後に関係があった。

この人に対して少年達のホームレス狩りが起きる。これが酷い。折角人生の再スタートが出来そうな彼に対して酷い。最初は関わり合いになるまいと立ち去ろうとした犬屋敷壱郎だったが、とって返してホームレスと少年達の間に立ちはだかる。それを少年達はバットで殴るのだ。この時点では犬屋敷壱郎は何も出来ないタダの老人。

ところが倒れてからあの兵器ユニットとしての能力が発揮される。ホームレスの方へ向かった少年達を個別に識別し、ホームレスだけは敵ではないとちゃんと認識して攻撃をかけるのだ。ひょっとしてレーザーか何かで直撃で殺すのかと思ったが、至近弾を打ち込んで少年達を追い払う。しかもそれだけにとどまらず、少年達のホームレス狩りの動画を撮ってそれをハッキングした少年達のSNSのアカウントで世間に曝した挙げ句、それが有無を言わさずに放送波にまで流れるのだ。

今はもう無いw2ちゃんねるに個人情報まで曝されてあのホームレス狩りの少年達は生物的に殺されずとも社会的に殺されてしまった。

そしてホームレスからはあんたは神だと感謝され、哀しいのに涙が出ない犬屋敷壱郎が人を助けて涙するのだった。
参考資料

面白かった。
でも、犬屋敷壱郎はたまたま宇宙人によって兵器ユニットに改造されて日の目を見たけど、そうじゃない現実の定年間近で蔑ろにされている老人ってそんな事起きないからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« このはな綺譚・第2話 | Start | Just Because!・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65912861

Folgende Weblogs beziehen sich auf いぬやしき・第1話:

» いぬやしき 第1話 『犬屋敷 壱郎』 老け顔よりも子どもとの年齢差が気になった。 [こいさんの放送中アニメの感想]
58歳なら。歳相応ですよね、犬屋敷壱郎。タレントとか見た目若い人も居ますが、あれと比較するのは酷というもの。それよりも子供がまだ学生、40過ぎから子作りしたの。壱郎さんお盛んですね。そして58歳にして念願のマイホーム購入。こちらローンを嫌っての一括購入なら分かります。 小日向文世は。ちょっと前にNHK大河ドラマ「真田丸」で豊臣秀吉やってましたね。所謂俳優の声優起用なんですが、演技に問題はありません。ただ声が若い。本人は壱郎より年上なんですが、声はむしろ若々... [Mehr erfahren]

verlinkt am 16. Oktober 17 um 23:28

« このはな綺譚・第2話 | Start | Just Because!・第2話 »