« このはな綺譚・第3話 | Start | 結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-・第3話 »

Just Because!・第3話

諸処に登場するうまいタイミングでの笑わせる演出がとても良い。これは好きな作品として確定しそう。

写真部存続がかかっている小宮。そんな折りに泉と相馬がバッティング練習(そして勝負)をしている場面に遭遇し、泉の写真を撮った。これなら行ける。でもその泉は謎の転校生だった。それがたまたま泉に出くわして「謎の転校生!」と掴みかかったのが前回の最後。その様子を近くの人が怪訝な顔で見ているw
参考資料

小宮は泉にこの写真をコンクールに出させて欲しいと言おうとしたものの、プリントアウトしたのが手元に無く、すぐ取ってくるからと泉をその場に待たせたが、泉にはそこで待つ義理は無いし、何よりそんなの待ちたくない。当然小宮が戻って来てもそこに泉の姿は無かった。LINEの連絡先聞いておけばよかったなと。

このあと小宮は夏目に相馬のLINEを教えろと直電をかけて来る。謎の転校生は相馬と一緒に居たので夏目からアプローチしようと言うものだ。でも夏目はね・・・、だからいきなり聞かれたものの一旦知らないと言ってしまった。本当は先日の水族館グループデートでみんなのLINEを交換したのだが。

相馬は相馬で森川への接近戦術を実行中。と言うのもコンビニでシャークマンチョコを買ってるから。この時点では何をしているんだろうと思ったが、泉が「将を射んとせばまず馬を射よ」と言ったので、ああなるほど、森川の弟から籠絡するのかと気が付いた。

森川家では姉のデートがどうだったのか妹の睦月が興味津々だったものの、弟達も行ったからデートじゃないよと軽くあしらわれ、じゃあどうやって誘われたの?と聞くと、その日は暇か?と聞かれたよと答えると、それじゃ全然参考にならないと言う。
参考資料

その時に葉月(姉が葉月で妹が睦月と言う事は、順番に名前をつけたのではなく、生まれ月を名前にしたと推測)が干していた弟たちのTシャツがしっかりとシャークマン。

森川家に乾が遊びに来た。乾は大学に行ったら吹奏楽どうするのかと葉月に聞くが、吹奏楽部のみんなはバラバラになるからやらないだろうと言う。そして大学行ったら卒業して就職かなと。「妹さえ」もそうだったが、みんな何の為に大学に行くんだ。私は大学へは高校より先の学問が出来ると言う点でしか行かなかったぞ(それはそれで将来の就職を何も考えていないと言う問題が)。それに葉月はどうせ家業の手伝いをする事になると言う。それを聞いて乾がごめん浅慮だったと。なんだろう家業って。

廃部問題の写真部、小宮が大掃除やるぞ(年末だからね)と言ったのに来ていないと文句を言いながら掃除をする二人。でもこの二人って小宮が好きなんだな。小田急の写真だけでなくw、小宮の良い写真も撮ってるじゃないか。でもこれは秘密事項で、小宮が部室に入って来たところで挙動不審な隠蔽を行う。
参考資料

泉が相馬の就職の話を聞いているところへ夏目からLINEが入る。先日の「言ったらぶっ殺す」に対して泉が返事をしないのにお冠なのだが、小宮に迫られて相馬との取り持ちをして欲しいと言うのを泉に頼むのだ。この時点では泉はその相手が小宮とは知らない。小宮も夏目が紹介してくれるのが謎の転校生とは知らない。そんなもの夏目がやれば良いだろと当然泉は言うが、そりゃ夏目はね・・・、と言う事でそこに小宮がやって来て謎の転校生と遭遇。

三人で喫茶店へ入って、小宮はさっそく泉にこの写真をコンクールに出したいから許可して欲しいと交渉する。でも泉は他人にあまり色々見られるのは嫌だと拒否。この拒否の仕方はどうも以前の学校の人達に知られるのが嫌と言う雰囲気がある。写真部はどうなるんだと言われても、泉には関係ない。だったら夏目を撮れと言うが、今迄泉にいいじゃないと言っていた夏目は自分にふりかかると嫌だと言う。でも夏目の嫌はこれまた別の意味がある感じ。

相馬の方、乾が気を利かせて今から来られるか?とLINEを入れる。森川も待ってるよと。実は相馬は犬が苦手なのでちょっと怯んだものの、森川がと聞いては黙っていられない。すぐ行くと返して自転車に乗った。すぐなのかなと思ったらこれがかなり遠いらしい。しかも途中で方向を見失ったみたいで。

移動ルートはこちらだそうです。
https://twitter.com/ssslocation/status/921028892248252416

バテバテになって到着した相馬だったが、森川からお茶を出されてしふくーな様子。しかしながら、目の前に森川の愛犬が居て、なんとか頭を撫でようとしたものの、軽く吠えられたら悲鳴を上げて尻餅をついてしまった。ああ、なんと言う事でしょう、好きな女の子の愛犬に吠えられて悲鳴と共に転げるなんて。

当然絶望感に捕らわれて相馬は泉に電話するのだが、泉が凄く冷静で乾は笑ったけど森川が笑ってなかったと言うのなら気にしてないんじゃないのと言ってやる。その電話の最中に小宮がまた出現するのだ。
参考資料
小宮のストーカーに根負けした泉はLINEを交換するのであった。

誰がどっちを向いているのかはっきりしているから登場人物が多くても関係性が全然こんがらがらない。そして面白い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« このはな綺譚・第3話 | Start | 結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-・第3話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65940800

Folgende Weblogs beziehen sich auf Just Because!・第3話:

« このはな綺譚・第3話 | Start | 結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-・第3話 »