« メイドインアビス・第6話 | Start | ナイツ&マジック・第7話 »

Re:CREATORS・第17話

メテオラの作った鳥カゴの中へのアルタイル側の侵入を検知する日米両軍。但し確認出来たのはアルタイルとアリステリアと不明の一人。つまりブリッツ・トーカーは確認出来ていなくて、それから恐らく撹乱要素となる真鍳はどこに居るのか分からないと言う事だ。

それでも予定通りに鳥カゴ作戦は発動する。内容はネットでも言う配信されていたが、メテオラの封印が始まったせいかネット配信を見ようとした学生達は制限を喰らったと言っていた。
参考資料

また彼らは「アリステリアは悪役側かよ、これでしょぼいやられ方をしたらガッカリだ」と色々含む事を言っていた。

対策会議が用意したエリミネーション・チャンバー・フェスのこのステージは敵味方の「立場」を明確にして送り出しているらしい。したがって薄々ながら「悪役」陣営はやられるだろうと思っている。そしてどう影響するか分からないが、納得できない展開になったらブーイングを放って現場に影響しそうだと言う事。

アルタイルとアリステリアに対してはセレジアと瑠偉と弥勒寺が対峙する。アルタイルにはセレジアが、アリステリアには瑠偉と弥勒寺が応戦しようとしたが、アリステリアが弥勒寺にお前には相応しい相手が居ると言うので、一瞬ブリッツ・トーカーが出るのかと思ったが、相応しい相手はまさに弥勒寺のライバルの白亜が現れた。二人の対決に腐女子が大興奮w
参考資料

アリステリアと瑠偉の戦いは機動力のあるアリステリアが縦横無尽に動き回って瑠偉にまともに攻撃させない。いや、瑠偉はどれだけ本気なのだろう。口では本当に本気っぽいが、アリステリアがギガスマキナを外からトントンとするなど、いずれは寝返りそうな気配が見える。

松原によってグレードアップした筈のセレジアなのに、アルタイルには全然効かない。アルタイルは今迄対策会議側がこの世界への影響を考えてなるべく周囲を破壊しない様にして来たのに方針転換した様だなと、既にメテオラの作戦には気づいている模様。しかも威力の発揮には承認力が必要だろうと言う事も。

それでもメテオラによる鳥カゴは完成した。これでアルタイルやアリステリアは鳥カゴの中に封じ込められた訳だが、アルタイルは動じない。松原によってテレジアに新たに加えられた技も効かない。メテオラによる自衛隊の複製の攻撃も効かない。でも複製が作れるのなら、もっともっと沢山作って飽和攻撃は出来ないのか。メテオラの力の限界だろうか。

中に封じ込められたのがアルタイル・アリステリア・白亜だけなら外にはブリッツ・トーカーが居る。そして例の真鍳も外に居て颯太の背後を取る。

ブリッツ・トーカーは外に居て駿河の所へ来ていた。ブリッツ・トーカーには彼の世界で娘を殺さざるを得なかった物語にされた恨みがある。何故あんな話にしたのか聞きに来たと言うが、それは創造主たる駿河には分かっていた。流石に自分の言おうとしていた言葉をそのまま言われて驚くブリッツ・トーカー。駿河はそうした方が物語が面白いからだと言うと、それで娘を殺させた恨みとばかりに駿河を撃つ。

駿河を撃ち殺した後はこちらの世界で暴れて混乱に陥れると言うブリッツ・トーカーに、駿河はそんな一本調子の物語が面白い訳がないだろうと見せたのが死んだ筈の彼の娘だった。
参考資料

それにしても、駿河がここ迄来る為にどんだけ涙を流したと思っているのかとか、実はまりねの絵を見て自分が未だ未だだと思った駿河が必死で描いたとか、それはまりねが落ち込むきっかけだったのに実はお互いが意識していたのだとか、もう今回は完全に駿河さん回だった。

「うちはあんたの神様や」
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« メイドインアビス・第6話 | Start | ナイツ&マジック・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65659879

Folgende Weblogs beziehen sich auf Re:CREATORS・第17話:

« メイドインアビス・第6話 | Start | ナイツ&マジック・第7話 »