« メイドインアビス・第4話 | Start | 賭ケグルイ・第5話 »

Re:CREATORS・第16話

鳥籠作戦の準備はひととおり終わった。そう言う訳で取り敢えずの慰労会として関係者で大江戸温泉物語へ向かった。セレジアは颯太を載せてMT車を運転して向かう。セレジアは操縦してると言う感覚が好きでMT車を選んだ様だ。

温泉回なのだが、男湯で話が進む。それは置いておいて、中乃鐘の叫び声から場面は女湯へ。ひかゆが温泉なんて林間学校以来久しぶりと言うとうっかりまりねがそれって相手の男の子と結ばれた回だなどと口走りそうになったのでセレジアが慌てて口をふさぐ。いや、もうバレバレなんでいいんじゃないのw
参考資料

ただひとつだけ、メテオラが駿河に対して彼女が書いたパートがあれで良いのかと尋ねた。駿河は松原と同じで自分の書いたキャラの事は自分がよく分かっていると言う、今ひとつそれで良いと思っているとは思えない様な言葉を残して風呂から上がる。対策会議側には大抵は創造主と被造物がセットで居るのであれ?と思ったが、高良田とアリステリアについてはアリステリアが既にもうアルタイルからの離反前提だから別として、唯一創造主と被造物が対立陣営に居る組み合わせだった。駿河はブリッツ・トーカーについてどんな筋書きを描いたのだろうか。

国が主催している割には宴会場での飲み食いとは何となくしょぼい感じがするが、大江戸温泉物語で広い所ってこう言う場所しかないのかもしれない。と言うか、国が主催するのに大江戸温泉物語かよともw

菊地原が挨拶して食事が始まる。菊地原はこの後まだ仕事があるからとビールは飲まずにウーロン茶を飲んでいるが、これが違った。遅滞なく進行が進んだ菊地原の手腕は凄いと中乃鐘達が言うと菊地原は当然だとばかりにお言葉を述べだした。最初のうちはごもっともとだけ思っていたがなんだか様子がおかしい。あのガンガン飲んでいたのは実はウーロンハイだったのだ。この後の仕事ダメじゃん。

そして最後は円陣を組んで作戦勝利への息を上げる。メテオラがこう言う時はこうするのだろうと。高く手を上げて「勝利万歳!」を叫ぶのもありなんじゃないですか、メテオラさん。

いよいよ始まるエリミネーション・チャンバー・フェス。勝利への鍵はどれだけの承認力を得られるか。菊地原は言う。
「お客様が神様です」
参考資料

会場は日産スタジアム。と言う事なので最初に東神奈川駅の2番線の案内が出た様だ。菊地原達スタッフはモニタールームで作戦の指揮を取る。自衛隊の制服が並んでいるのでさながら戦場の司令ルーム。一方で颯太は生で感じたいと言う事で外に出ているのだが、そこって普通の座席じゃないから会場との一体感とはまた別だろう。

声優さん二人、本当に中の人二人がステージに上がってフェスが開始。否応なく盛り上がるスタジアム。この感覚、これこそが人類の意志の力。人類は有史以来ずっとこうやって意志の力を示して来たからね。近くはこれと全く同じ景色がナチス・ドイツの集会で行われたし、古くはビザンツ帝国の戦車競技の時の青組と緑組へのシュプレヒコールがそれだった。

これを力にしてメテオラの詠唱が始まる。磁界変動が発生して晴海通りにセレジアのフォーゲルシュバリエが召喚。

これはアルタイルも感知していて、メテオラのステージに自ら上がっていく。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« メイドインアビス・第4話 | Start | 賭ケグルイ・第5話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65597986

Folgende Weblogs beziehen sich auf Re:CREATORS・第16話:

« メイドインアビス・第4話 | Start | 賭ケグルイ・第5話 »