« バチカン奇跡調査官・第1話 | Start | ナイツ&マジック・第3話 »

Re:CREATORS・第15話

前回最後に登場した迷子の子は星河ひかゆ。エロゲーのヒロインw
参考資料

今迄顕現した被造物が尽く戦闘要員だったので戦闘キャラの中から承認の強いキャラが顕現するのかと思ったらギャルゲーからも出て来るのだそうだ。いやいや、ちょっと待って下さいよ、それで良いのならもっとこう心がぴょんぴょんするキャラとか金髪のデースなキャラとかが顕現するだろうに。そっちの方が多いだろうにw

とにかくギャルゲーのヒロインなので何も特殊能力は持っていない。ぱんつ見せる位しかって、中乃鐘ことごとく酷いな。

一見何の影響力も無さそうな星河だが、顕現した以上はちゃんと確保してシナリオの中に組み込まねばなるまい。何がどう不確定要素として影響するか分からないのだし。そしてさらに対策室には高良田の確保の報が入った。あのアリステリアの創造主であり、アリステリアがこれまでのセレジアやメテオラ達との交戦で段々分かって来た事から高良田と話をして開放したのが漸く確保されたのだ。

そのセレジアは真鍳の所へ行って助力を求めに行っていた。でも随分と抽象的な会話となって、それは恐らくあまり露骨な言い方をする訳には行かないからだろうが、とにかく話を面白くできれば真鍳にとって良いのだろうとそれを求めたのだ。
参考資料

それにしても真鍳は随分と金を稼いだみたいだ。別に誰かを殺して金を奪うとかではなく、例えばギャンブルでうまく誘い込んでくるりとひっくり返せば儲かるなんて手口かもしれないし、株価操作かもしれない。でも株価操作はあまり真鍳の趣味には合わないだろう。

鳥籠作戦への準備は対策会議側では着々と進んでいた。メテオラには承認力測定装置が用意され、これで承認の多寡を見て戦いに利するつもりの様だ。そして缶詰め部屋にはあの高良田が参加する。高良田はアリステリアの戦闘力を増やそうとするのだが、当初のアリステリアはアルタイル側だったのでそのアリステリアを強くするのはどうかと思われたものの高良田はアリステリアはおそらく寝返るだろうと言うのだ。でも堅物のアリステリアがそんな事をするだろうかと言う松原の言葉に高良田は自分ならわかる、松原がセレジアを信じている様にと。

さらに対策会議に参加メンバーが加わった。星河が顕現したのでそのシナリオを書いている大西にしおが中乃鐘の紹介で参加する。これが絵に描いたようなオタクライターで、目の前にあの星河が居るのを見て抱きつこうとして止められた挙句にセレジアに足蹴にされるのだが、セレジアやメテオラも居るのを見たら俺の嫁がこんなにと全く動じない。
参考資料

でもこの軽いノリは有効で、星河をどうするかと言う打ち合わせではギャルゲーキャラに無理な戦闘力を付与しても誰も承認してくれないだろうと言う意見に対しては、ボーナスディスクだそうだ。ああ、そう言う所でならなんでもアリだよね。

アルタイル側には弥勒寺と同じ「閉鎖区underground-dark night-」から白亜翔が顕現していた。同じ作品から二人でも出てこられるんだ。こいつ主人公のくせに弥勒寺に対する私怨でアルタイル側についたw

一方ブリッツ・トーカーはそれなりの事情があったのだ。作品の中で敵方に取り込まれた愛娘を自分で撃ち殺すと言う辛い選択をしなければならなかった。だからアルタイルがやろうとしている事にはもうすっかり気づいているが、それでもアルタイルの味方をしようと言うのだ。

そしてアルタイルは無限に増殖する能力で被造物の動きを察知する能力まで確保してしまった。これでメテオラの企みを知って逆に思い知らせてやろうと言う。いやあ、だからさ、アルタイルに関する二次創作は適当に理由をつけて削除する圧力をかければ良かったんだよ、対策会議は。アングラに潜っても、そうなると強い承認力にはならないんだからこれ以上能力は増えなかったのに。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« バチカン奇跡調査官・第1話 | Start | ナイツ&マジック・第3話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65540739

Folgende Weblogs beziehen sich auf Re:CREATORS・第15話:

« バチカン奇跡調査官・第1話 | Start | ナイツ&マジック・第3話 »