« 王室教師ハイネ・第12話・最終回 | Start | 冴えない彼女の育てかた♭・第11話・最終回 »

サクラクエスト・第12話

間野山のチュパカブラ王国の人達に北陸きときとテレビから取材の申し込みが入った。あのゆるキャラの時に意地の悪いインタビューをしてみてゆるキャラ達を試したキャスターが、あの時の由乃の答え方を覚えていて同放送の放熱山脈の中で紹介したいと言うのだ。企画を立てたのは間野山出身の雨宮。私は知らなかったのだが、TBS系列に「情熱大陸」と言う各界で活躍している人に対しての密着ドキュメンタリー番組があるのだそうだ。そんな訳で「放熱山脈」に出られると聞いた時のしおりを筆頭とした反応の強さはそこから来ている様だ。

一方でこの企画を立てた雨宮がこの時点では無表情だし企画書を出した時の「正直時間がかかりました」の正直がまさか口癖とは思わなくて「ここまで大変な事をしてやったんだぞ」みたいに感じた。でも違った。

さっそく収録が始まる。由乃は「あ!今日から収録なんだ」と部屋に入ってから驚く。そしてしおりの様子が凄い。なんだそのメガネw
参考資料
しかも話し方がいつもと違いすぎる。それに釣られたのか由乃まで普段と違う言葉遣いしようとして何度も言い換えたりしてる。
見てられなくなって真希が普段通りにしろと。

そして取材は王国の大臣達一人一人へと移る。早苗がなぜIターンして間野山に来たのか。一応このタイプとしてもっともらしい答えをしてるのだが、その時に買っていた買い物が飲んべえの買い物じゃないか。しかもそれを経費で出そうとしたのかしおりに叱られる。

真希は東京で女優として活躍していたのが何故間野山に来たのかとか、凛々子が由乃の考えに共感して手伝ってるのかとか。しおりには経費の管理の話とか。ここで凛々子の祖母の千登勢があんなもの手伝う必要なんかないと非協力的なのを雨宮が見てむっとする。おや?こいつこう言う非協力的な町民に腹を立てるんだ。
参考資料

アンジェリカでの取材でエリカが妙に由乃に丁寧に品物を出したなと思ったらテレビ写りを気にしていたんだw そして高見沢に「あれ?化粧してる?」とか言われると腹を立ててお食事お済みなので片付けますとw

ところが雨宮に言わせれば国王が一番何もない。確かに国王になったきっかけは勘違いからと言う掴みは良いのだがその先が無い普通だと。由乃はすみませんと言ってしまうもののしおりはあんな言い方無いよねと言う。うーん、あれ位は仕方ないんじゃないかな。

普通と言われるのが嬉しくない由乃、王宮で昔の写真を懐かしく見ていたら実はしおりしかしらない昔の由乃の写真をみんなが知って、これこそネタになるんじゃないかと一時は考えたが門田が調子に乗って騒ぎそうなのでお蔵入りとなる。

国王を筆頭にイマイチぱっとしない、このままでは盛り上がりにかけると雨宮は手を打った。それは有名なロックグループのプトレマイオスを呼んでコンサートを行うと言うもので、きときとテレビの企画でやるので経費はテレビ局持ちに。

その頃王国の会議では協賛金が目標の三割にしかならないところが問題になっていた。このままではクイズ大会の優勝賞品のグアム旅行が提供出来ない。不足をどうするかと言う議論はどうやってもうまく行かなそうだと言う堂々巡りになっていたが、ここで雨宮が机を叩いて怒る。「でもだけどでもだけど、全部否定から入る!」と。一番最初の印象からは大変わり。

さて、放熱山脈の本番を前にしてその前ふりにきときとテレビの番組内で「間野山町おこしガールズ」の紹介。雨宮のテンションがまた変わる。器用だなと言われる程に。とりあえず不本意な所もあるが王国の国王と大臣は町おこしガールズとして或程度浸透した。
参考資料

協賛金が足りない問題は解決されていない。王国の面々は商店会や青年会などに集まって貰って今度のチュパカブラ王国建国十周年イベントへの協力をお願いする。この場面は密着取材の一貫としてきときとテレビのカメラも入っている。

当日のボランティアの件でまずは協力を依頼するが、例によって否定意見も多い。あの本屋、ここまで非協力的だったのか。だがここで今迄由乃達が築き上げてきた信用が漸く物を言い出す。青年会はボランティアに協力しようと。そして協賛金の事に話が及ぶとさらに嫌がる雰囲気が出るが、うるさく言っていた千登勢が積立金を出そうと言うのだ。ここで使わないで一体どこで使うんだと。

この辺りの場面、雨宮はメインのカメラには引いたままの絵を取らせて置いて自分のカメラで別のアングルを納めていた。普通でつまらないと言った由乃の様子を撮っていたのだろうか。

こうやって間野山中の協力を貰った十周年記念、池の対岸ではプトレマイオスのステージが建設され、そして前日の夜に異変が起きる。

大変だと叩き起こされた由乃が見たのはコンサート目当ての客が徹夜でテントを張っていたのだ。これはいける!そう感じる由乃達であった。
参考資料

そうか?
こう言う時は好事魔多しと言うか、何かが絶対起こりそう。これだと集まった客が単にプトレマイオス目当てで全然間野山に見向きもしないとか。

ただ、この作品だと一旦落ちてもすぐにリカバリされそうな気もする。

|

« 王室教師ハイネ・第12話・最終回 | Start | 冴えない彼女の育てかた♭・第11話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65444434

Folgende Weblogs beziehen sich auf サクラクエスト・第12話:

» サクラクエスト #12 「夜明けのギルド」 [ゆる本 blog]
情熱大(ry 「サクラクエスト」の第12話。 王国健立祭の規格で盛り上がる所にテレビの取材がやって来た。 しかもディレクターの雨宮は間野山出身。 盛り上がるのであればと密着取材に応じる。 テレビのカメラに緊張するのは王国関係者だけではない。 取材は大臣達へのインタビューなども行われるが雨宮はどうも由乃に不満。 インパクトがないと言われて落ち込む由乃。 なかなか...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 26. Juni 17 um 00:16

« 王室教師ハイネ・第12話・最終回 | Start | 冴えない彼女の育てかた♭・第11話・最終回 »