« Re:CREATORS・第8話 | Start | フレームアームズ・ガール・第9話 »

リトルウィッチアカデミア(TVシリーズ) ・第21話

アンドリューがフランクにルーナノヴァの連絡方法を聞くと、フランクはなになにとうとうアッコに興味を持ったのかと乗り出して来るものの、単に帽子を忘れて行っただけだとアンドリューはあっさり答える。でもそこはそうでもないんだろう。だってダイアナには家を通して多分連絡が可能だろうからダイアナ経由で伝えれば良いだけなんだから。

そしてここで街路のデモの話。先日のハンブリッジ伯爵がニュースでサッカーの試合の結果を見ていたのは単なる埋め草のエピソードではなくて、ここに繋がるものだったのか。どうやらこのデモはアプリを通して煽られている様で、そしてそれは以前のエイプルトン校での時と同じ様に人間の感情エネルギーがクロワに吸い上げられていた。それにしてもこの時代背景ってもっと前かと思ったらスマホがある時代なのか。
参考資料

アッコが図書館で七つの言の葉の事を調べているとハンナとバーバラがやって来た。きっとダイアナを引き戻してくれてありがとうと言うのだろうと思ったらその通りで、最終回が近づいて来て愈々この二人もアッコを認める方向に向いて来たか。

アーシュラはアッコがダイアナの連れ戻しに行った時に五つ目の言の葉を獲得したのに驚いている。そして残りあと二つ。そして六つ目はシャリオもそこまでは辿り着いたと言うリュウオーンの言の葉。意味だけでも知りたいと言うアッコだが、例によってそれは体得しないと意味がない。そしてシャリオはそれをワガンディアの樹で獲得したのだ。

アッコはアーシュラにワガンディアの樹ってどこにあるの?と聞くが、アーシュラはそろそろ花粉の季節になるからダメだと言う。ワガンディアの樹の花粉を浴びると魔女は二度と箒で空を飛べなくなる。花粉の季節ってどれ位なのかとアッコが問うと、その時によって違っていて数週間で終わる時もあれば数年続く時もあると言うのだ。アッコじゃ数年は待てない。花粉が飛ぶ前にさっと行ってさっと帰って来れば良いとアッコは言うが、アーシュラはアッコはもう忍耐を学んだ筈だろうと言う。うーん、学んだけど実践出来てないんじゃないかな。

だからアーシュラがワガンディアの樹の場所を教えてくれないのに不満でロッテとスーシィに愚痴をこぼす。大体、アーシュラ先生っていつもおどおどして用心深すぎる、自分は引きが良いから大丈夫なのにと。アッコのアーシュラの評価ってそうなんだな。それを聞いていたダイアナは勇気と無謀を履き違えていると同じく行くのを止めるのだ。言葉は以前どおりだけど、アッコの事を心配してくれてるんだねと。

ところがアッコがワガンディアの樹の所へ行きたがっていると言うのをクロワが知ると、未だ花粉の季節には早い筈だからともしアッコが望むのなら連れて行ってあげましょうと言う。

ワガンディアの樹へ行く途中でクロワはグラントリスケルを得た時にアッコが何をしたいのか聞いた時、そう言えばシャリオと同期だと言うアーシュラだけど彼女を見た記憶が無いと言う。段々アッコにアーシュラに対する疑念を植え付けるクロワ。

実はクロワとシャリオ(アーシュラ)は昔一緒にウッドワードの所へ行ったのだ。そしてそこでグラントリスケルを得たら何をしたいのかを宣言したら、7つの星の杖はシャリオの方に反応した。クロワではなく。
参考資料

現地に着くと確かにまだワガンディアの樹の根本の花は蕾のままだった。ワガンディアの樹は道具も魔法も使わずに登らなくてはならない。それを覚悟でアッコが登り始める。アッコがワガンディアの樹へ向かったと聞いたアーシュラは急いでそこに向かうが、これをクロワの魔法が妨害する。

アーシュラは一度はアッコに追いつくもののクロワにアーシュラへの疑念を植え付けられたアッコはアーシュラの手をふりはらう。驚いたアーシュラにクロワの妨害魔法。
参考資料

妨害はするのだが、かと言ってアーシュラが落下した時は助けた。かなり微妙なクロワの感情。

そんな間にアッコは樹の上の方に。苦労して登っているが、そろそろちゃんと足下を見た方が良い。なんだか今にも咲きそうな蕾があるじゃないか。そしてふと見ると樹の上の方から黄色い煙の様な物が迫って来る。花粉が飛び始めたのだ。アッコは逃げようとしたものの下からも花粉が舞い上がって来てしまう。ここにアーシュラが飛び込んで来た。

ボロボロになりながら落下したアーシュラとアッコ。何とか助かったものの、アッコは自分がアーシュラを疑って間違っていた事を悟る。本当は自分は先生に感謝しなくちゃならなかったんだ、手をふりはらうのではなく。そして六つ目の言の葉を口にする「ありがとう」。
参考資料

今回「あなたは忍耐を学んだはず」とアーシュラに言われたアッコだが、本当に成長してるのかな。その場その場では思っても身についてないんじゃないか、と突っ込んだら負けか。

一方クロワの目的が愈々明らかになって来た。人造ロッドを作って魔法の尊厳の復活を目論んでいるらしい。

|

« Re:CREATORS・第8話 | Start | フレームアームズ・ガール・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65344751

Folgende Weblogs beziehen sich auf リトルウィッチアカデミア(TVシリーズ) ・第21話:

» リトルウィッチアカデミア 第21話 『ワガンディア』 クロワの言の葉?でアッコとアーシュラ先生に亀裂が! [こいさんの放送中アニメの感想]
まるで某アナキンの様に。師匠であるアーシュラ先生への不信を募らせるアッコ。上手な嘘をつくコツは、真実を混ぜること。・学生時代のアーシュラを覚えていない(だってシャリオだもの)。・アーシュラ先生は隠し事をしている(正体はシャリオって事)。クロワが付いた嘘は「まだ花粉は大丈夫」って事だけです。 ダイアナを呼び戻しに言って5つ目の言の葉ゲット。まさに一石二鳥。そして第六の言の葉は「リュオーン」短いですね。はやる気持ちを抑えられないアッコ。ここでクロワが入れ知恵してきます。シャリオはワガンディアの木で第六の... [Mehr erfahren]

verlinkt am 30. Mai 17 um 03:16

« Re:CREATORS・第8話 | Start | フレームアームズ・ガール・第9話 »