« 桜の季節の舞台探訪・BanG Dream!(バンドリ!)の醸造試験所跡地公園と江戸川公園 | Start | サクラクエスト・第1話 »

サクラダリセット・第1話

番宣で「リセットだ」と言うのは見たので時間を巻き戻す能力が関係する話なんだろうとまでは分かっていた。それから風景が小樽っぽいので咲良田市は小樽市がモデルなのかとも思っていた。だからキービジュアルになっていた港の風景を探したものの全然それらしい場所はない。無い筈だ。小樽っぽい風景を使ってはいるものの一部に使っているだけで特に駅などは似ても似つかぬ姿だった。しかし下手にあんなデザインにしたせいで上空からの市街地の絵と駅ビルとが合っていない。

それはさておき、いきなり驚いたのは何らかの能力者が市民の半数程度生活する街が咲良田なのだそうだ。限られた人じゃないんだ。浅井ケイはある日相麻菫から手紙を受け取る。下駄箱の中に入っていたその手紙はそれらしいハートマークのシールで封印されていて明日屋上に来て欲しいと書かれていた。その話を何の躊躇いもなく中野智樹に話すあたりに感情を出さないと言われる所以かもしれないが、だがこの後のケイと菫のやりとりを聞くと今更あんな思わせぶりの手紙を渡す間では無いので、本題は違う所にあると思ったのだろう。

案の定翌日屋上に行ってみれば菫ではなく、智樹に言わせるとクラスの変わった子のもう一人である春埼美空が居た。菫にここに来る様に言われたと言うので、菫との関係を聞いたが一年生の時に一番話をした相手が菫だと言うが、二年生になって一番話をした相手が今初めて言葉を交わしたケイだと言うのだ。これは酷いw
参考資料

菫のよく分からない企みだったが、それは次第に分かって来た。ケイは時間の引き戻しがあったらしいのを察知して菫に確認すると美空の能力は時間リセットの能力であり、美空とケイが組む事で大きな意味を持つと言うのだ。

と言うのも、美空は世界を三日前迄のある時点の状態に物理的に変更出来るがそれは自分にも影響して自分がリセットした事すら覚えていない。だがケイの記憶の復元能力はそれに打ち勝ってリセットされた時の内容を思い出せる。それにしても美空の能力がそう言うリセットだと言うのがケイと会う前にどうやって分かったのだろう。

だが美空はケイと組む事を拒む。ケイを信頼出来る理由が無く、この組み合わせは自分が一方的に利用されるだけだからと。理屈は合っているが、美空の拒否反応はそれだけが理由ではない。二年生になって一番言葉を交わした相手が初めて言葉を交わしたケイだと言う程に世間から距離を置いている。

これはやがて菫が生徒会長の能力を使わせる事でかなり明かになる。彼は右手と左手を介して能力を伝える事が出来るのだ。この能力を使って美空が子供の頃にどうだったのかが分かる。それは全ての目の前の悲しみが自分の物と区別出来ない事で、その影響で自分の意志による選択を封印してあるルールに則った機械的選択だけを行う様になった。

こんな状況が分かった今、目の前で起きていた小さい女の子に二人は関わって行く事になる。

かなり興味深い話だ。設定はまあ分かる。しかし分からないのはケイと美空の性格に起因するその先の展開だ。話がどう転ぶか予想が出来ない。だから興味深い。

これで小樽が完璧に再現される作りだったら、間違いなく小樽巡礼に飛んでいたのにw

|

« 桜の季節の舞台探訪・BanG Dream!(バンドリ!)の醸造試験所跡地公園と江戸川公園 | Start | サクラクエスト・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65116257

Folgende Weblogs beziehen sich auf サクラダリセット・第1話:

« 桜の季節の舞台探訪・BanG Dream!(バンドリ!)の醸造試験所跡地公園と江戸川公園 | Start | サクラクエスト・第1話 »