« サクラクエスト・第2話 | Start | ソード・オラトリア・第1話 »

冴えない彼女の育てかた♭・第1話

第0話がAmazonプライム独占で配信されて、それは水着回だったそうで。

それを踏まえて始まった第1話。登場人物の変更を巡って英梨々と詩羽が喧嘩を始める。それを端から眺めていた倫也が、あの二人は自分が紹介する前から知り合っていたみたいでそのくせ仲が悪いんだけど一体なんなのだろうと呟く。恵はおもむろに文庫本を取りだして一節を読ませるのだがそれがあの有名なはがないの「え?なんだって?」の部分で難聴鈍感最低主人公君乙と言うのだ。いきなり笑わされたが恵ってこれだけ全部を把握しているキャラなんだったっけ?
参考資料

その二人が出会ったのは一年前。と言う事で今回は「冴えない竜虎の相見えかた」のお話。英梨々はご紹介の通り倫也とは幼馴染みで、その倫也が最近ある女と親しげに話しているのを目撃して黙っていられなくなった。それは一年先輩の霞ヶ丘詩羽で常に学年一位の下級生の憧れの先輩だった。

相手が歯牙にもかけない人物だったら放置したのかもしれないが、それが詩羽となって敵愾心を抱いた英梨々が詩羽に挑戦状の様にあんたなんてたまたま恋するメトロノームを材料に倫也と話ができてるだけなんだからねとか言うが、詩羽が黙っている訳でもなくあんたこそ倫也の事が好きなのと言われてしまう。

その恋するメトロノームは図書館にも入れられた訳だが、貸出簿はトップが倫也で二番目が英梨々だった。倫也が英梨々に猛プッシュしたのだ。そして英梨々はこれを読んで涙する程感動した。

英梨々にあんな事を言われて詩羽は英梨々の素性を探る。そして美術部の部屋を襲撃して英梨々専用の部屋に踏み込む。そこにあったのは数々のスケッチとともに詩羽の目を奪ったカンバス。英梨々が知らずに詩羽の作品に心を奪われた様に、今度は(知ってて)詩羽は英梨々の作品に心を奪われたのだ。
参考資料

そして詩羽は英梨々に声をかける。ちょっと話があるから屋上へ来な。
英梨々とて金髪だし一年生の中では目立った存在なので、登校中の生徒達は校内の有名人二人が一体なんなのだろうと声を潜めて噂する。

屋上で詩羽が英梨々に見せたのは、調べ上げた英梨々の素性。壁サークルの作者と言うのを調べたぞと言うのだ。それをネタに自分をどうするつもりよ!と言う英梨々ではあったが、詩羽は何故それを隠しているのかと問う。英梨々は逆質問であんたこそ何故隠しているのかと言うが、詩羽の場合は周りが恐れて聞きに来ないからなのだが。

英梨々には理由があって、小学校二年生の頃から描き始めたが、周りはこう言うのに理解を示してくれなかった。だから結果的にそれを隠す様になったのだと言う。この世代でもそうなのか。この世代より半世紀近く前の世代の私だけど、小学校以来全くマンガを描くのを全く隠さなかったぞw

結局この二人はクリエイターとしてお互いの才能は認め合う。それで丸く収まる筈だったのに、倫也の事が絡まって仲が悪いままで現在に至る。因みにこの時点では詩羽は倫也の事を「りんり君」とは言ってないんだよね。

ひととおり罵り合って疲れた二人に倫也が手打ちとお願いを言うのだ。色紙を書いて欲しい。英梨々のイラストに詩羽と英梨々のサインを書いて欲しい、夏コミでサークルのディスプレイにするからと。だがそれまでかなり時間があるので二人は疑念を抱いた。それまでどこにそれを置いておくのか。ひょっとしたら売り払って金にするつもりなんじゃないかと。それには倫也は憤然として否定した。詩羽と英梨々ふたりのサインが入った色紙を売るなんてする筈がないじゃないか!と。

そこに恵がやって来て、恵も書いて欲しいと言う。二人がそれにほぐされて倫也の言う色紙を書く事にしたが、恵が買いに行こうとしたところで色紙はさらに二枚追加となったのだ。
参考資料
内訌の多いこのサークルだけど今期は先ずはよいスタートとなった。

おや、EDでも第0話の宣伝ですか?w

|

« サクラクエスト・第2話 | Start | ソード・オラトリア・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65150169

Folgende Weblogs beziehen sich auf 冴えない彼女の育てかた♭・第1話:

« サクラクエスト・第2話 | Start | ソード・オラトリア・第1話 »