« 終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?・第1話 | Start | 冴えない彼女の育てかた♭・第1話 »

サクラクエスト・第2話

国王様に最初のお仕事です。

観光協会会長の門田は注文してあったチュパカブラ饅頭100箱を売れと言うのだ。しかし由乃は間違いで来ただけで(でも契約書をちゃんと見なかったのは由乃だ)東京に戻ると言いかけたところで門田はこの賞味期限が一週間の饅頭を全部売ったら帰って良いと言う。だが実は発注数を間違えて1000箱ある。それでもこのクエストさえこなしたら東京に帰られると思った由乃は受けるのだ。ただ、由乃が間野山から一刻も早く東京に帰ろうとするのをしおりは寂しそう。
参考資料

これ、由乃の見込みが甘いのもさる事ながら、賞味期限が一週間しか無いものをたとえ100箱だろうとここ最近誰も来なくなっていたチュパカブラ王国で売ろうとする門田の見込みも甘い。

取り敢えず1000箱を宿舎に持ち込むとあの真希が居た。由乃はここの管理人だと言う認識だったが、しおりはそんなの居ないと言うのが発覚するものの、よく見ると「おでん探偵気休め事件簿」に出ていた一応俳優。それを聞いて国王をするなら真希の方が相応しいんじゃと言いかけた由乃に対してきっぱりとやらないからと拒否する。

まずは地道に町で住民に売る事にしたが、行った先の占い喫茶で占って貰うと北北西の方に行けば良いと言われる。そっちはどうやら商店街の方でふと見るとお菓子屋さんがあった。だがしおりに言わせるとそこの店主は門田と仲が悪いのでやめた方が良いと言う。

ただしここの家の娘の織部凛々子とは知り合いでこっそり会いに行く。凛々子はPC使いで、凛々子によってチュパカブラが何なのかを知る由乃。

販売の為のWebサイトを作ろうと言う事になったが、丁度この間野山には東京からやって来たWebデザインをやってる香月早苗が居ると言うのだ。ブログでは田舎生活を満喫してまだ東京で消耗してるの?みたいなアピールをしている。だが、その実態は引きこもってカップ麺生活とか。しかも虫が大の苦手。丁度由乃としおりが訪ねた時にムカデを見て悲鳴をあげてよしのに退治して貰った事で、チュパカブラ饅頭のサイト作成を手伝ってくれるとっかかりとなった。

どんな感じにしたいのかと尋ねた早苗に由乃の漫然としたイメージから結構ちゃんとそれを実現してくれる手腕は良いのだが、今時訪問者数なんて入れるかよと一瞬思ったものの、ああ、これでこのサイトを見てくれている人が少ないと言う後の話の展開に繋げるんだなと思った。実際はこんな事しないでGoogle Analyticsとか埋め込んで分析するものなんだけどね。だってそれ入れなくちゃサイトの分析出来ないじゃない。今時販売サイト作って分析ツール入れないとかありえない。それから早苗はサイトを作る手腕はあっても売る手腕が無い。あんなもの作っただけじゃすぐさま訪問者が増える訳もなく、特に僅か一週間しか無いとなるとほとんど炎上商法するしかないのに作って終わりとか無いから。実況ツイートみたらみんなも「Twitterでご発注したって呟け」とツイートしてるが、そもそもそのツイートだってフォロワーが居ないと見てくれる人が居ない訳で、そうなったらもうネタになりそうな画像を添付してネタになりそうな内容を書いてtogetterにまとめるしかないじゃないか。

取り敢えずサイトも出来たのでチュパカブラ王国の前にテントを立てて売り始める。って、そんなにいきなり売れる筈ない。EC出来ないからと言って現地販売に絞ったら、そこに今から来られる人しか買えない。せめて電話で通販もすべきだったんじゃ。

テント組立の時に早苗は由乃にどうして東京に戻りたいのか聞いてみる。そりゃ早苗は東京で消耗したくなくて来てるのに(一応)、由乃は戻りたがっているのだから。由乃は東京には何でも可能性があると言うが、その可能性は今のところ全部お祈りされちゃってるんだけどね。

当然の事ながらWebサイトには僅か76人程度しか来ない。これはインパクトのある何かを入れようと言う事で動画を添える事にした。でも動画って誰が撮れるのか。そこで呼び出されたのが凛々子。母親からは観光協会の手伝いをするなと言われたけど来てくれた。なるほどこれで今回のサブタイ回収ですな。「集いし五人の勇者たち」、EDを見た感じでもこの面子だね・・・あ?おい、国王を勇者にカウントしちゃうの?
参考資料

チュパカブラ役は役者稼業をしていたおでん探偵の真希がやってくれた。流石に舞台に立った事があるから霧吹きでぬめり感を出すとかのアイディアも出るし、演技も出来る。村人(?)が棒なのとは大違い。

動画のインパクトも少しはあったものの、結局全然売れずに一週間が経ってしまう。24時を過ぎて賞味期限の日付が終わったところで由乃は開封して食べ始めた。真希は期限切れの物を食べるのかと言うが、そもそもそれは賞味期限だから食べられない訳じゃないし、仮に消費期限だとしても5秒過ぎただけでいきなりバクテリアが増殖してしまうとかも無い。

結構美味しいじゃないと言いながら、早苗も由乃もこの一週間の充実感は味わった様だ。由乃はお花見までは居ると言う。一日で帰るのが一週間に延びて、さらにまた二週間伸びたね。
参考資料

|

« 終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?・第1話 | Start | 冴えない彼女の育てかた♭・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65146201

Folgende Weblogs beziehen sich auf サクラクエスト・第2話:

» サクラクエスト #02 「集いし五人の勇者たち」 [ゆる本 blog]
田舎ライフは蟲との戦い。「サクラクエスト」の第2話。 一日国王のつもりが一年契約と知らされ東京に帰ろうとしたが、そこは田舎。 もう帰る事など出来ずに観光協会施設の玉座に泊まった由乃。 逃げ損ねて会長の丑松に与えられた国王のミッションは新作のチュパカブラ饅頭100・・・ もとい1000箱を一週間で売り切ることだった。 売り切れば契約は見なおしてもらえて東京に帰ることが出来ると張り...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 15. April 17 um 23:17

« 終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?・第1話 | Start | 冴えない彼女の育てかた♭・第1話 »