« ゼロから始める魔法の書・第1話 | Start | 覆面系ノイズ・第1話 »

フレームアームズ・ガール・第2話

夜中にトイレに行く途中でペキとか言う音がしたから何か踏んだなとは思った。すると翌日スティ子が轟雷にどうやらトラウマを持ってしまったらしいと言うのが発覚した過程で飛んで逃げ出そうとしたのに飛べないのに気がつくと言うのが起きて、ああ、スティ子(どうでもいいけど、スティ子って売っても変換せず、思わずスティリコって打ちたくなるこの私)の飛行パーツを踏んじゃったのかと。しかしそんなの誰も気がついておらず、これはスティ子がトラウマで飛べなくなってしまったのだと考える。

深刻な状態のスティ子だが、取り敢えずセッションベースに乗せて轟雷に近づけてみたが、セッションベースだと一定距離でそれ以上近づけない。あおがショック療法でどうだろうかとか言うものだから、轟雷とスティ子はバトルフィールドに突入した。

フィールドで躙り寄る轟雷。実は本編を見るより先にツィッターで決定的な場面のキャプチャを見ちゃったのでこの後どうなるかネタバレしてしまっていた。ツイッターは罪作りだなあw

轟雷の理解したショック療法がキスなのだ。しかも何の感慨もなしにやっちゃうし。一方スティ子の方はある意味期待どおりのショックを受ける。だがスティ子が気絶しているうちにスティ子の飛行パーツにひびが入っているのが見つかり、そっと修繕。

気がついたスティ子に轟雷がもう大丈夫だ、飛べる筈だと言うからスティ子は飛んでみたらちゃんと飛べた。そりゃ飛行パーツを直したからね。これでまたステップアップしたと言うスティ子だが、負けたトラウマは解消したが(トラウマじゃなかっけど)、ちゅーの傷跡は残ったw
参考資料


あおが管理人からお掃除ロボットを貰って来た。しかし実は故障して動かないのだそうだ。うちが汚いからお掃除ロボットに意味があるとか言うが、あおは面倒くさがりだが、掃除もあまりしてないんだな。まあ人のことは言えませんが。それしても故障したお掃除ロボットをあおに渡す管理人ってどうなのよ。

あおが出かけてしまった後で、あおに丸め込まれた轟雷がお掃除ロボットの修理をしようとする。しかし、下手にあおの事を色々噂してるのが全部お掃除ロボットに録音される。何だかあの状態の会話がヤバいなとは思っていたのだが、やはり録音されたか。
参考資料

あおも枕スリスリとかポエムノートとかそんな危険な事をするヤツがいくらフレームアームズガールとは言っても同居させるとか不用意なヤツ。

そして期待を外さずお掃除ロボットは復活するや録音した会話を再生しながら動き始めた。しかも適当に繋ぎ合わせるものだから、どう聞いてもあおを誹謗中傷してるとしか思えない。これは不味いと、お掃除ロボットを捕まえないとと部屋の中を追いかけ回す。

何しろ充電君の刑にされるかもしれないから・・・って、なんだよそれ。そんな抜き差しをもう轟雷はあおにやられたって事なんだよね。

バーゼがなんとか取りついてお掃除ロボットを走り回らせた結果、お掃除ロボットは停止するが、すっかり部屋の中を散らかしてしまう。でもあおは以外に驚いたものの怒らなかったな。おおらかと言うか。

壊しちゃったのをなんとかする費用を捻出するからバーゼは轟雷とバトルすると言い、まあ確かにバトルしてデータを採取したら報奨金が出るには出るが、これはまた無理な展開のバトル突入だったな。

バーゼも飛べるので轟雷に対して有利な筈だったが、さっきお掃除ロボットが部屋の中を散らかした結果バトルフィールドにも埃が舞い込んでチャフの様な効果を産んでしまい、轟雷にビームが命中せず、逆に轟雷の弾を受けてしまって本日のバトルも轟雷の勝ち。

その後、お掃除ロボットを修理してると管理人に行ったら、その管理人はあおにスティック掃除機を渡してくれたのだと言う。いやいや、最初に故障したお掃除ロボットを渡したのは管理人さん、あんたでしょ。どんな人なんだ一体。
参考資料

|

« ゼロから始める魔法の書・第1話 | Start | 覆面系ノイズ・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65138199

Folgende Weblogs beziehen sich auf フレームアームズ・ガール・第2話:

« ゼロから始める魔法の書・第1話 | Start | 覆面系ノイズ・第1話 »