« 冴えない彼女の育てかた♭・第2話 | Start | Re:CREATORS・第3話 »

ソード・オラトリア・第2話

ロキ・ファミリアが帰投。
ああ思い出した、ロキってこう言うキャラだった。そしてロキに弄ばれるのがレフィーヤ。今回の遠征では役に立てなかったレフィーヤだが、リヴェリアにアイズがああ見えても抱えているものがあるとか、ダンジョンから帰って来てからのアイズの様子とかを見て、今回も自分を助けてくれたアイズの力になりたいと考える。

それにしてもアイズの表情が読めるのか、ロキ・ファミリアは。今回のアイズの浮かない顔は、ダンジョンでミノタウロスを追いかけてベルがやられそうになっていた所を助けたのに、ベルに化物を見る様な目で見られて逃げられたものなんだけど。

ともかくそんな訳なので夜にレフィーヤはアイズにクリスタルドロップを持って行ったり、今回の収穫物の売却でティオネ姉(胸)に付き添って行った店でプレゼントを買ったりと元気づけようとする。

ああ、そうか、レフィーヤにはアイズがこう見えるんだw
参考資料

レフィーヤがアイテムの店に行っている頃、ティオネ妹(板)やアイズは武器屋に行って獲物の調達やら調整やらを依頼していた。何しろ前回ティオネ妹(板)の剣は溶かされちゃったからね。アイズの不壊属性の剣だから溶けはしなかったものの、切れ味は落ちてしまい、鍛え直しに時間がかかると言う。

遠征の打ち上げで酒場「豊饒の女主人」に行くと、またベル君とニアミス。あのベートが無神経にベルの事をトマト坊やと嘲笑した場面だ。いたたまれなくなって逃げ出したベルに気がついてアイズは追いかけて外に出たものの、見失ったと言う、あの場面。ところがその後の話でベートが酒席の暴言を悔いていた場面があったので、ベートにそんな側面があるのか。
参考資料
あ、ひょっとしてトマト君の方じゃなくて、アイズに俺とあいつどっちを選ぶって迫ったのを悔やんでるのか。

こんな感じでベルが気がかりになったアイズ。最初は逃げられたし、次に酒場で同じファミリアのベートが嘲笑したし。どうしたんだろうと見ていたレフィーヤ達だが、ここはリヴェリアが話を聞いてやった。なるほど、だったら次にあった時にちゃんと話をしてやれば良いと。どうせまた会えるだろうと言うのだ。確かに会いますな。

リヴェリアに力づけられたらしいアイズをレフィーヤやティオネ姉妹が買い物に誘う。行った先が下着ショップなのだが、何故こんな所にと言うレフィーヤに対してティオネ姉妹は普通の店だろうと。確かに普通の店ではある。

でもレフィーヤはそこからアイズを引っ張り出して「普通の」服を売っている店へ。レフィーヤの趣味だとフリフリの服を選ぶものの、アイズが見つけたのはいつもの様な感じで白が基調の服。みんなも似合うと言う事でレフィーヤが会計をして来ると言う。驚くアイズではあるが、ティオネ姉妹はレフィーヤがどうしてもアイズを元気づけたいらしいから今日だけは奢ってもらいなよと。

レフィーヤ、健気だ。
参考資料

|

« 冴えない彼女の育てかた♭・第2話 | Start | Re:CREATORS・第3話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65183054

Folgende Weblogs beziehen sich auf ソード・オラトリア・第2話:

« 冴えない彼女の育てかた♭・第2話 | Start | Re:CREATORS・第3話 »