« 月がきれい・第1話 | Start | ツインエンジェルBREAK・第1話 »

恋愛暴君・第1話

突然ですが、あなたキスしないと死にます。

もうこの始まり方からしていかにバカアニメ(褒め言葉)か分かる。突如藍野青司の所にやって来た死に神のコスプレをした少女はグリと言ってKISS NOTEと言ういかにもパクリなノートを見せた。青司はきっとこのパクリ具合からここに書かれた人間はキスする事になるんだろうなとは予感したが、実際にテレビをつけると国会でおっさん同士がキスしている場面を目撃してしまう。

ところがこのノートには副作用があって、ノートに名前を書いたもののキスが実現されないと書いた者(この場合グリ)が死に、名前を書かれた者は一生童貞で終わると言う。別にグリが死んでも構わないと思っていた青司だったが、自分にも副作用がふりかかると知って慌ててグリにキスしてみるが、これは無効。

仕方なく学校でキスの相手を探す事になる。青司には実は好きな子がいてそれは学園のアイドルの緋山茜。グリはこの子が好きなんですねーと茜の目の前で青司を煽るが、他の人間には見えないなどと豪語していたくせにしっかり茜に見られている。だが茜はぱんつを見られた事よりも青司がグリとキスしてしまったと言う方に怒りをぶつける。実は茜も青司の事を好きだったのだが、その好きが尋常の好きではなくて所謂ヤンデレ。しかもすぐさま行動を起こすと言う面倒なヤツで、グリを手にしたグルカナイフで刺すものの、流石人間にあらざる者(あとで死に神じゃなくてキューピットと分かる)、刺されてもなんともない。この場面でも「どいて藍野君、その子殺せない」ってパロ多いな。
参考資料

こんなやりとりをしている時だが、そもそも青司も茜を好きだったのでヤンデレとは言え心が通じる瞬間があり、それを逃さすグリがキスノートに名前を書いたからノートのメモは実現してしまう。だが、グリを助けようとした青司の行為がグリの心にビビっと来て思わず自分もその行為に参加しようなどと自分の名前も書いてしまったものだから三角関係成立。そしてキューピットの眷族になったせいで二人とも不死の身体になった。

一方でグリの上司のコラリ(青司の家の飼い猫に憑依)によるとグリの眷族になったせいでグリがちゃんとキューピットの仕事をしないと二人は巻き込まれて魂ごと消される事になってしまった。いいかげんなグリに代わって青司が自分の為にもグリの仕事をなんとかしようと言うとコラリは大感激。

青司と恋人関係になったグリは青司の家に住み込む事になる。うまいこと解シャークを使って両親の意識を操縦してグリを元々自分達の子だと思い込まされるのだ。おかげで青司は今後グリとの一緒の生活を強いられる事になる。

さてグリの仕事、キューピットの仕事を手伝わなくてはならなくなった青司だが、その前に出現したのが黄蝶ヶ崎柚。茜の異母妹で、茜の事が好きな百合なので、青司が茜とくっついたのが許せない。思わずキスノートを奪うが、その時に柚の周りに妙なバリアーみたいなのが発生した。これって何だろうね。

この時に分かったのだが、あのキスノートに名前を書けるのはキューピットのグリだけで、一般の人間には書けない。じゃあ天使(仮)の青司はどうなんだろう。ともかくこの柚の気持ちも汲んでしまったグリがキスノートに柚の名前を書いてしまい、事態はますます複雑怪奇な様相を呈するのだ。

|

« 月がきれい・第1話 | Start | ツインエンジェルBREAK・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65120301

Folgende Weblogs beziehen sich auf 恋愛暴君・第1話:

« 月がきれい・第1話 | Start | ツインエンジェルBREAK・第1話 »