« セイレン・第12話・最終回 | Start | 亜人ちゃんは語りたい・第12話・最終回 »

幼女戦記・第11話

帝国の共和国に対する大規模な包囲殲滅作戦は成功裏に進んでいた。ターニャ達の選抜部隊も帰還がてら敵の掃討にあたる筈だった。だがここに不測の事態が発生する。共和国と同様に帝国の攻勢が崩壊したと思い込んだ連合王国が戦勝の分前にあずかろうと介入の軍隊を送り込んできていた。その魔導大隊がターニャの部隊のすぐ近くに接近していたのだ。共和国の本隊が既に帝国に包囲されていて壊滅状態になっているとはつゆ知らぬ連合王国の魔導大隊は目の前に居る帝国の魔導中隊を叩こうと攻撃をかけて来る。

多勢に無勢であるが、既に発見されてしまっていて攻撃も受けてしまった以上、逃げても追撃を受けるだけだと言う事で援軍が来る迄応戦する事をターニャは決意する。

少ない数でよく戦うターニャの部隊ではあったが、それでも苦戦は免れない。しかもその中に居たスーが怨念をと魔法を込めた散弾銃で攻撃をかけて来る。トレンチガンに撃たれて条約違反だ、この野蛮人めと怒鳴るターニャ。ターニャはこれまで少なくとも形の上では全て国際法に則って戦って来たからな。
参考資料

このスーのトレンチガンにケーニッヒもノイマンもやられて頭に血が上ったヴァイスが周辺の注意も顧みずスーに向かうから、連合王国の魔導師の標的にされかけたのをターニャが体当たりで逸らして自分が攻撃を受ける。

この後はターニャとスーのを息を呑む対決。実は朝食を摂りながら見てたのだが、思わず手が止まってしまった。最後はターニャにあのスーの銃で自身が撃たれるのだが、それでも自爆にターニャを巻き込む。

それでもターニャは無事。援軍も到着して連合王国の魔導大隊は撃墜されたスーを見捨てて引き上げた。一方、帝国軍の衛生兵部隊は撃墜されたケーニッヒやノイマンのみならず、グランツも無事にすくい上げてくれたのであった。

かくして最後に大苦戦を強いられたものの戦争全体では帝国軍が共和国主力を葬り去り、共和国は首都を無防備都市宣言をして軍を引き下げ、帝国軍が進駐する。
参考資料

帝国軍最高統帥会議外交諮問会ではこの戦勝に、共和国に対してどの様な講和条件を突きつけるかを話し合っていた。参謀本部は軍の職務は国家の防衛であって、講和条件には何も口を挟まないと宣言。もう帝国上層部は戦争は終わったと言う意識で充満していた。

ターニャもこれで戦争が終われば平和な日常が戻って存在Xによって放り込まれたこの世界においても普通の日常を安穏と過ごすことが出来ると思っていた。だが、ターニャは見落としている。我々の歴史の中でこの様な形での終戦は、片方の国民に拭い去る事の出来ない恨みを残し、再び戦端が開かれる事になったのを。それは今ターニャの目の前で起きていた子供同士の喧嘩でもそうではないか。

暇になって休暇中にも関わらず執務室に出ていたターニャの所にヴィーシャがやって来た。その時の世間話からターニャは不穏な要素を発見する。共和国の海軍はド・ルーゴ将軍の指揮でブレスト軍港へ撤退をするらしいと。

ターニャは気がついた。そうだ、我々の歴史ではそのまま戦争は終わらなかったのだ。共和国軍の残存を逃してはならない。ターニャはV1の出撃準備と、大隊の休暇取り消しをヴィーシャに命令して自身は西方方面軍司令部に駆けつける。すぐさま出撃させろ、ブレスト軍港を攻撃すると。しかし世界を見る事の出来ぬ帝国軍の方面軍司令官などそんな事に聞く耳を持つ筈が無い。それでは魔導大隊はそもそも参謀本部直轄部隊なので強行偵察に出撃するとその場を蹴るが、V1の投射基地に赴いたターニャにヴィーシャから残念な指令を聞かされる。参謀本部からの命令で帝国軍全部隊は戦闘行為を止めろと言うものだ。参謀本部から命令されてはこれに逆らえない。

これでは戦争が終わらないではないか。折角戦争終結となる筈だったのが世界史を見通せない連中のせいでまたも火種が残されてしまった。存在Xの見えざる手に激しく憤るターニャ。
参考資料

ありゃ。次回最終回ですよ。
原作は未だ先があると思うので確かにここで世界大戦に至る前に戦争が終わるとは思えないが、じゃあアニメは一体どう言う所で区切りを付けるのだろう。

因みに私はマンガの方が3巻迄読んだけど、ここまでは来ていない。

|

« セイレン・第12話・最終回 | Start | 亜人ちゃんは語りたい・第12話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65064801

Folgende Weblogs beziehen sich auf 幼女戦記・第11話:

« セイレン・第12話・最終回 | Start | 亜人ちゃんは語りたい・第12話・最終回 »