« リトルウィッチアカデミア(TVシリーズ)・第11話 | Start | ACCA13区監察課・第11話 »

ガヴリールドロップアウト・第11話

工場直送のメロンパンを手に入れて今日こそはあの犬に邪魔されずに食べようと周囲を見渡すサターニャ。しかしその犬はなんと保健所に連れて行かれるところであった。へーと思っていたサターニャであったが、ラフィエルから飼い主が見つからない場合は処分されると聞いて駆け出す。そして引き取って来てしまった。おいおい、この世界、悪魔の方が天使より優しいな。
参考資料

しかし引き取ったもののサターニャのマンションはペット禁止。いかにもなガヴやヴィーネのアパートもペット禁止。あの大きなラフィエルのマンションでもペット禁止だそうだ。念の為に不動産屋でサターニャのマンションの契約約款を取り寄せてみたらやはりペット禁止だそうで、だったら私がペットを飼えるマンションに引っ越せば良いのよとサターニャは親に転居したい電話をかける。が、あの家庭事情では許してくれる訳もなく、引っ越すのなら自分の金でやれと。だがサターニャは魔界通販で散々無駄遣いをして貯金が無い様だ。

仕方ない、これでは学校で犬を飼える子を探すしか無いねとヴィーネ達が相談を始めたらサターニャは犬を連れて飛び出してしまった。

サターニャは自力で犬と一緒に暮らせる場所を求めて放浪の旅に出たのだ。放浪の旅と言えば北へ。得体の知れない外見は485系だけど中身は583系の雷鳥に乗るサターニャ。どこに行ったのだろうと言うヴィーネにラフィエルはサターニャのスマホに仕掛けた位置情報アプリで追跡した結果、今は旭川だそうだw
参考資料
ちょっと画像検索したら、まずバス停の標識の配色は旭川電気軌道の物とは逆で、宗谷バスの方に似ている。但しああ言う木造のバス待合所は検索では見つからなかった。左手に北海道などの積雪の多い地方にある道路端を示す標識があるのが北海道らしさだが、一方でお地蔵さんは北海道ではそう簡単には無いんじゃないかな。ヴィーネのアパートの前にお地蔵さんを添える作品だから添えただけかもしれない。

そうして行き着いた先が宗谷岬。あのばくおん!!でも辿り着いた先。ここであっさりヴィーネとラフィエルに追いつかれる。但し二人は追いついてどうするつもりだったのか。それよりもガヴがあのマンションの契約約款を見て打った手の方がするどい。マンションのオーナーが約款を変えてペットOKにしたのだ。

どうしてマンションのオーナーはそんな変更をしたのか。その謎はヴィーネとラフィエルがガヴがアルバイトをしている天使喫茶に行って判明。ガヴがシフトを1日増やす代わりにマンションの約款を変えてくれと頼んだらしい。あのマンションのオーナーが天使喫茶のマスターだったのだ。なんだマンション経営もしてるからあんな閑古鳥喫茶でも大丈夫だったのかw
参考資料
それにしても堕天してからガヴが初めて見せた天使らしい所業ではないか。


タプリスが長期休暇でガヴの所へやって来た。例によって人間界の事をよく知らないタプリスは押ボタン式信号機を知らないし、図書館の自動扉の仕組みも知らないし、そしてインターネットも知らない。て言うか、タプリスって押すと言う動作が伴う行為を全然知らないんじゃ。天界でのガヴの妹ハニエルが昭和初期の遊びしか知らなかったので、天界は今その辺りの文明なんじゃなかろうか。

ガヴの役に立とうとタプリスは一生懸命図書館で勉強をする。最初はマウスも知らなかったし得体の知れない板(しかしいくら天界が昭和初期と言っても、その頃にはもうタイプライターがあったのでキーボードが分からないのだろうか)も分からなかったタプリスが、ガヴの所へ来た時にはC言語とJAVAはもうマスターしたと言う。すげーなw、メイドラゴンのエルマより遥かに能力が上だぞ。流石天使。

そこに来客あり。ヴィーネの声がする。来たなこの悪魔と睨んだらラフィエルも居た。普通の天使として当然タプリスは悪魔のヴィーネを警戒するのだが、いやいや、この場に居るタプリス以外のどの天使よりもその悪魔は信用できる相手だぞ。

今日はタプリスが来たと言うのでみんなでタコパをやると言う。私もあの道具を見なかったらタコパって分からなかったが、タコ焼きパーティーだそうだ。サターニャは遅れると言うのでさっさとタコパを初めてしまう。タコ焼きはこうやって作るものだとガヴが威勢よくやって見せるがグズグズ。

だったら私がやってみましょうとタプリスがやる。てっきりタプリスは何も知らない子だけど勉強したら何でも出来る子なのかなと思ったが、やってみたタコ焼きは真っ黒。そんなに黒くなるまでそもそも見ていたヴィーネが止めなかったのかよ。

と言う事で、本来的に何でも出来る子のヴィーネがタコ焼きを作ってみせてタプリスに食べさせるとおいしい!と。それにしても女の子がよってたかって焼き物するのなら何故クレープじゃないんだ。

遅れて来たサターニャ。またぞろ魔界通販の箱を持って来たので一体どうするのかと思ったら闇鍋ならぬ暗黒鍋を魔界通販で買ったのだそうだ。お前は魔界通販に懲りたんじゃなかったのか。当然これには全員が白けた目をする。
参考資料

そうだよなあ、魔界通販の怪しい代物と言うより今日はタコパだと言っていたのに余計な物を持って来るんじゃな。サターニャ、空気読めないヤツ。

|

« リトルウィッチアカデミア(TVシリーズ)・第11話 | Start | ACCA13区監察課・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65046851

Folgende Weblogs beziehen sich auf ガヴリールドロップアウト・第11話:

» ガヴリールドロップアウト #11 「楽しい日々はいつまでも……」 [ゆる本 blog]
正直、犬の処遇は仕方ないものなのだが・・・「ガヴリールドロップアウト」の第11話。 いつものようにお気に入りのメロンパンを入手してご機嫌のサターニャ。 彼女にはメロンパン攻防戦で連敗中の宿敵がいて激しく警戒する。 その宿敵の犬が来ないことを不思議に思っているとなんと保健所に捕まっていた。 すかさず保健所のトラックを追いかけるサターニャ。 どうにか救い出したサターニャは犬...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 22. März 17 um 00:35

« リトルウィッチアカデミア(TVシリーズ)・第11話 | Start | ACCA13区監察課・第11話 »