« 小林さんちのメイドラゴン・第12話 | Start | 幼女戦記・第12話・最終回 »

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。・OVA「PV作ってみた。」

テレビでアワアワガールズのPVに見入る奈々子。その後の家族団欒の食事中にお父さんが「PVって言うんだっけ?」とかたどたどしい言い方するのだが、私よりずっと年下の設定の筈なんだからそれ位知っておけw

奈々子達もやるのか?と聞かれて、とんでもないそんな予算ある訳ないと奈々子はきっぱり否定するのだが、そう言う時は実現するフラグ。丁度そこにメールが着信しておじさんからPV作ると言う連絡が入った。

驚いた奈々子は登校後すぐさま縁の所へ行く。大変な事になったねーと言い合う二人にそろそろホームルームが始まるからいいかげんにしておきなさいと言う菫だが、その菫に夫婦度が増してると言われて喜ぶ縁。
参考資料

PVの連絡は当然ゆいとみらいにも行っていた。お昼を食べながらどうしたらいいんだろうと心配する奈々子に、縁はPVの先輩のアワアワガールズに聞いてみたらと言うので電話してみる。するとアワアワガールズからの返事は色々あるものの要約すると大変だけどスタッフを信じて頑張れと。安心するどころか逆に心配になった奈々子に縁は「奈々ちゃんかわいい奈々ちゃんアイドル」の洗脳の呪文を唱えるとあっさり洗脳される奈々子であった。
参考資料

ところが市役所に行ってみたらなんだか雰囲気が違う。あのダサ・・・シンプルなTシャツが用意されていて、ビデオカメラは市役所の備品。プロモーションビデオの筈じゃと言う奈々子におじさんは何言ってるんだ流川市のPRビデオだぞと。ああ、PRビデオ=PVか。私も騙されたよ。そりゃ予算がある訳ないし。

と言う訳で、おじさんの台本に基づいて流川市PRビデオの収録が始まる。市立図書館の案内をしたりクリーンセンターの案内をしたり、そしてみりんの醸造施設を案内したり。この中で流山(流川)に実在を確認出来たのはキッコーマンだけなんだよねえ。そして例の運河にも撮影に行く。

最初はうんうんと納得していたおじさんだが、ここでどうもピンと来ない、固すぎると言い出した。だったらこうしましょうと縁が奈々子にやらせたのは奈々子単独の恥ずかしい場面だったし、奈々子が書いた台本は運河に流れ着いた人間がいきなりスイーツを食べると言う強引すぎる話だった。

そんな撮影現場を子供達が発見して「なにゃこだ!」とやって来る。これを見てみらいがこう言う普通の場面が流山と流山ガールズの魅力なんじゃないかと言うと、なるほどと納得したおじさんはそっちの方へ方針転換。PRビデオは市民も大勢巻き込んで流山市のあちらこちらでの撮影となった。あ、神社も商店街も登場したね。

こうして出来たPRビデオを市役所前でお披露目。同時に動画をうpしての世界同時配信だと言う。本当に世界中に見られたのかなあと疑心暗鬼だった奈々子だが、登校途中に欧米系の旅行客と思われる二人連れから「Are you Nanyako? Yukari?」と聞かれて見られたのを確信出来たのであった。
参考資料
Welcome to ようこそ流山パーク


と言う事で、このOVAのせいで桜が見頃の頃に俄然流山市に行きたくなったのである。

|

« 小林さんちのメイドラゴン・第12話 | Start | 幼女戦記・第12話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/65090742

Folgende Weblogs beziehen sich auf 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。・OVA「PV作ってみた。」:

« 小林さんちのメイドラゴン・第12話 | Start | 幼女戦記・第12話・最終回 »