« ACCA13区監察課・第5話 | Start | セイレン・第6話 »

この素晴らしい世界に祝福を!2・第5話

ダクネスが復帰したカズマのパーティだが、例によってセナがカズマは居るかとやって来た。キールダンジョンからモンスターが大量に出てきていると言うのだ。何か心当たりはないかと。そんなもの知るかと言いつつ各々に聞いてみたら案の定アクアが元凶でダンジョンの中に強力な魔法陣を描いてモンスターが近づけなくしたのだ。

そこを取り繕ってカズマは街の人間が困っているから討伐に強力しようと申し出る。めぐみんは狭い場所では使いみちが無く、アクアは駄々をこねて入らなかったのでカズマとダクネスが中へ。他の冒険者も入ったが、あの爆発するモンスターによって手こずっている間にカズマはダクネスと奥に進んだ。

そこにいたのは魔王軍の幹部のバニル。幹部とは言っても魔王城の防衛だけを担うなんちゃって幹部で、人間の残念な気持ちを糧にしている奴だった。だから人間を殺すと言う事は基本的にしない。
参考資料

ダクネスがバニルと剣戟を交わすが、普通に戦うとダクネスの剣は当たらない。しかし隠れていたカズマがバニルの隙を狙って背後から攻撃をかけて、こけたせいでバニルはダクネスの剣によって倒された。ただ、身体は本体ではなくて仮面の方が本体で、ダクネスに取り憑いたバニルがダクネスの身体を操る。

但し、バニルに逆らうと激しい痛みが襲うと言うのをダクネスは快感として捉えてしまって、バニルの思う様にならない。そのうちにバニルの支配が優勢になって外に出てお前らの仲間、特にアクアを片付けてやると飛び出した。

しかし、アクアは何だか嫌な感覚がしたと言って出てきたダクネスに攻撃。一応一旦は止まったバニルだが、ダクネスを支配している事にかわりは無い。ダクネスはめぐみんに爆裂魔法を使えと言い出した。バニルもいいだろう自分は滅びの美学を求めているのだから付き合おうと言う事で、覚悟して立つバニル・ダクネス。

躊躇するめぐみん達だが、ここでカズマが見せた。今回も責任は自分が全部取る。だからやれと。

めぐみんの激しい爆裂魔法にバニルの仮面は割れてしまった。そしてそこに倒れていたダクネス。さすがのダクネスさん、生きていて、アクアの介抱で快復した。
参考資料

セナはこれだけ身体をはって魔王軍の幹部と戦った人達が魔王と通じている筈はないと嫌疑をはらし、逆に今回の討伐の成功の報酬として今までの巨大な借金をゼロにした上で、4000万エリスの報奨金が与えられた。

カズマ、こちらに来てとうとう自由の身になったぞ。
長く続かないんじゃないかと思うけど。

|

« ACCA13区監察課・第5話 | Start | セイレン・第6話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/64871061

Folgende Weblogs beziehen sich auf この素晴らしい世界に祝福を!2・第5話:

» この素晴らしい世界に祝福を!2 第5話 『この仮面の騎士に隷属を!』 ドM装甲ダクネス。 [こいさんの放送中アニメの感想]
何かあるとカズマのせい。殆んど条件反射でやってくるセラ。キールのダンジョンからモンスターが湧き出しているそうで。アクアが胸を張って応える。私の結界があるから大丈夫!大丈夫じゃない、その所為じゃないか。キールを成仏させるだけで良いのに余計なことを。 しかも屋敷の時に一度失敗しているのに懲りない。アクアの件は伏せて、あくまで有志として協力するカズマ。 変な人形がワラワラ。変な顔だけどなついてくれば可愛い爆発した!洒落にならんが喜ぶ奴も居る、言うまでもなくダクネス。どうなるか知っていて敢え... [Mehr erfahren]

verlinkt am 09. Februar 17 um 21:27

« ACCA13区監察課・第5話 | Start | セイレン・第6話 »