« クラシカロイド・第10話 | Start | はがねオーケストラ・第10話 »

終末のイゼッタ・第11話

力が欲しいか、ならばくれてやる。

ジークの先祖(メルダース家?)は嘗てエイルシュタットで王妃から命令されて魔女ゾフィーを陥れて始末した家系。ゾフィーが持っていた魔石を奪い、レイラインから離れた場所で葬り去った。その時に割れた半分の魔石を伝えていたのだ。
参考資料

あのゲルマニアについてるゾフィーが持っている片割れ。だからイゼッタもこれを使えばゾフィーの様に魔力を溜めてレイラインの無い場所でも魔法が使える様になる。但しこれには副作用があってこの魔石を使うと激しい痛みと命を削る代償がある。そんな話を聞いてビアンカはそんな事までしてイゼッタは魔法を使うなと泣いて止めるものの、イゼッタは自分の希望はフィーネの望みを叶える事なのだと魔石を受け取る。なるほど、ゾフィーが衰弱していたのはクローンだからと言うだけではなくて魔石の副作用だったか。

ゲルマニアはフィーネの落ち延び先を捜索していた。隠れ砦ではフィーネが無力感に捕らわれていて食べ物も喉を通らない状態だったが、そこをゲルマニアが発見する。直ちにゲルマニアの親衛隊が突入。同行していたベルクマンはフィーネ本人と会った事があるから検分が可能だと言って中に入る。

隠れ砦の中のエイルシュタット軍はあっさり制圧されてフィーネの隠れる部屋に迫る。ヘイガーは捕虜にしたエイルシュタット兵を一人づつ連れて来てフィーネが出て来ないと次々と射殺するぞと脅迫した為にいたたまれずにフィーネは手を上げて出た。

ところが自分が見を差し出すから他の者は開放しろと言うフィーネの言葉にヘイガーは耳を貸さず、外に出たら中の人間ごと焼き払ってしまえと命令してフィーネを連行。

ここにイゼッタ参上。確かここでは魔法が使えない筈だと思っていたヘイガーは狼狽してフィーネを放り出して逃走する。ゲルマニアの親衛隊が突入した時にフィーネが外出中だったと言うのはあの魔石に魔力を為に出ていたのだ。

逃走中のヘイガーにベルクマンに自分には暗殺命令が出ているのだろうと問い質すと、ヘイガーはあっさりそうだと言ってしまうから、逆にベルクマンによって射殺される。そしてベルクマンは銃を放棄してエイルシュタットに投降。このベルクマンによって色々と情報がもたらされるが、そのひとつはフィーネにイゼッタが魔石を使うと痛みを受けて命も削られると言うもの。

ジークによってベルクマンの尋問が行われる。ベルクマンはジークが物の道理と合理的な判断が出来る相手と知っていて、交渉材料の情報を全て流す。ゲルマニアが例の魔力を溜めた新型爆弾の開発に成功した事、今度同盟諸国と和平交渉を行うがその時に見せしめとしてランツブルックに新型爆弾を投下してまるごと消し飛ばすのを見せ、あの降伏勧告を飲ませようとしている事。

ジークはこの事をフィーネ達に話す。ランツブルックを一発で消滅させる兵器と聞いてフィーネは絶望感に捕らわれ、もう降伏しよう、これ以上の犠牲は出せない、やはり魔女の力に魅せられたのが間違いだったと言う。ゲルマニアの新型爆弾が悪魔の兵器なら、それと同じ様に魔女の力を先に利用したのは自分なのだと。

だが、そんなフィーネをイゼッタが叩いて目を覚まさせる。フィーネがここで諦めたらダメだ。自分は未だ戦える。この暴挙を何としても止めようと泣いて「フィーネ」を呼ぶ。
参考資料

これでフィーネの腹が決まった。新型爆弾搭載ミサイルが発射される前にそれを叩こう。ミサイルの誘導はゾフィーが居ないと出来ないから、投下される前にゾフィーを倒そうと言う。恐らくゾフィーの戦闘継続時間は長くても二時間だろうと言うベルクマンの読み。

一方でフィーネはゲルマニアが開く講和会議の席上に乗り込む事を決める。イゼッタがゾフィーを倒したら残ったイゼッタを抱えるエイルシュタットが世界最強になるが、それを擁するエイルシュタットが何を望むのか、それを会議の席上で自身が語ろうと言うのだ。潜入工作はベルクマンが段取りを行う。

こうして作戦の前夜、眠れぬフィーネが窓の外を見るとイゼッタが飛んで来た。フィーネは魔石を使うと体に障るのではないかと言うのをそんな事はどうでも良いと言うが、あまり良くないんじゃない?決戦前になるべく体力あ温存した方が良いと思うのだが、でもイゼッタは昼間にフィーネを叩いた事を謝りたかったし、フィーネも作戦前にイゼッタと話をしたかったし。

かくて作戦が発動。イゼッタの出陣を見送るロッテやエルヴィラ達。フィーネも最後の関門までは順調に会議の場所まで迫っていた。だがここまで。フィーネを乗せた車はバスラーに見破られ、フィーネはゾフィーに待ち伏せされている。
参考資料

次回最終回、どちらも命運を賭けた戦いに。
最終回前のサブタイが「フィーネ」で最終回が「イゼッタ」か・・・

|

« クラシカロイド・第10話 | Start | はがねオーケストラ・第10話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/64610536

Folgende Weblogs beziehen sich auf 終末のイゼッタ・第11話:

« クラシカロイド・第10話 | Start | はがねオーケストラ・第10話 »