« クラシカロイド・第9話 | Start | ろんぐらいだぁす!は放送を中止して作り直すべき »

終末のイゼッタ・第10話

イゼッタがゾフィーにやられ、エイルシュタットの首都は陥落し、エイルシュタット軍は総崩れ。前回の引きではこのままイゼッタは囚われの身かと思ったが、エイルシュタット兵による決死の救出活動でイゼッタはゲルマニアから奪還された。その時の自分たちが盾となる、イゼッタにはいつも助けられているからと言う言葉が泣ける。

フィーネ達は近衛しか知らない抜け道を通って城の外へ。その後アルプス山中の地にある大昔の隠し砦に潜んだ。これはハプスブルク家の発祥の地みたいな場所ですか。

ゲルマニア皇帝オットーはこの大戦果にいたく喜ぶ。この功績に報いてベルクマンを少佐から中佐にするが、その一方で魔女に関しては今後は工房に任せてその指揮は自分で執ると言うのだ。魔女の件から外されたベルクマン、オットーに警戒されたらしい。

フィーネが落ち延びた隠し砦にイゼッタも回収される。しかし長い間目を覚まさなかったらしい。だからイゼッタが目を覚ました時の喜び様はフィーネもロッテもひとしお。ゼルン回廊の侵攻以来既に一ヶ月が経っていた。その辺りの事情をイゼッタはフィーネ達から聞く事になった。あのゾフィーは白き魔女の伝説の隠された姿。エイルシュタット大公家から排除されて異端審問にかけられた魔女の再来。

レイラインの無い場所でもゾフィーが魔法を使えたのは、あの赤い魔石の賜物だった。あの魔石はレイラインから魔力を吸い取って溜める事が出来る。そして魔力が吸い取られたレイラインは「枯れる」らしい。あのゼルン回廊でイゼッタが失速したのはイゼッタ自身から魔力が吸い取られたのではなく、レイラインが枯れてしまったから。つまり罠に嵌められた。

その頃ゲルマニア軍はゾフィーに魔力を吸い取らせてそれをV1号にこめ、ブリタニア侵攻に向かう。エイルシュタットは魚雷を改造してミサイルにしたけど、ゲルマニアには既にV1号があるのでそれを使ったか。ホーミングするV1号、凄いな。誘導ミサイルV1号によるロンデニオン空襲。ロンディニウムじゃないのか。

この絵は有名な1940年12月29日の空襲で煙に包まれるセント・ポール大聖堂の写真からですな。
参考資料
http://adf.liblo.jp/archives/45940688.html

このブリタニア侵攻は我々の史実でのロンドン空襲より決定的で、もうブリタニアはゲルマニアの攻撃を回避する事が出来ない。ただ、魔石を使った魔法はゾフィーの身体への相当な負担になる様だ。戦闘後に工房で痛み止めなどの治療を受けるゾフィー。この調子だと早晩今の身体はもたなくなるが、既に代わりのクローン体は作成が進んでいる。但し、今のゾフィーの意識が継承できるかは分からない。そんな状況でもゾフィーはエイルシュタットに復讐が出来るのなら構わないと言う。

イゼッタの身体は元の状態には戻っていなかった。足が不自由な状況だが、イゼッタはレイラインのある場所にさえ行かせて貰えれば魔法で未だ戦えると言う。この状況でイゼッタは戦わせられない。周囲はフィーネに亡命を進めた。亡命に躊躇いを見せるフィーネではあったが、イゼッタが無理に戦おうとするのを見て逆にそれを決意した。今や出来る事はもう無く、ここまでだと。だからイゼッタは無理に戦うなと。
参考資料

ブリタニアの降伏も視野に入って、オットーは同盟諸国との講和案を提示する。同盟諸国がアフリカから引き上げる事、ジブラルタルとマルタを引き渡す事、中東植民地を割譲する事、賠償金1,300億マルクを支払う事。こんな講和条件を相手が飲めるかと言う質問に、オットーは飲むしかなくなると言う。あの新型爆弾が同盟諸国のどこかの都市で炸裂するのだろうか。ロンデニオンでは政府機能を破壊してしまうから、マンチェスター辺りに?

そして講和がなったら次はボルガ連邦に侵攻を開始し、これを征服。欧州全土を支配において最終的にはアトランタ合衆国との決戦を行い、世界征服を目指すと言う。ゲルマニアとエイルシュタットの魔女を葬り去るとか言っていたアトランタはどうなっちゃったんだろうね。

このオットーの方針にエリオットは何だか反対したそうな顔をしていた。
参考資料

フィーネを悲しませてしまったと言うイゼッタは無理にでも動いて戦いに出ようとしたが、そんな身体ではない。だが、ジークが最後の手段はあると、あの魔石の片割れを取り出した。

|

« クラシカロイド・第9話 | Start | ろんぐらいだぁす!は放送を中止して作り直すべき »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/64580796

Folgende Weblogs beziehen sich auf 終末のイゼッタ・第10話:

« クラシカロイド・第9話 | Start | ろんぐらいだぁす!は放送を中止して作り直すべき »