« はがねオーケストラ・第8話 | Start | 装神少女まとい・第9話 »

灼熱の卓球娘・第9話

ハナビとほくほくが負けたものの、ムネムネ先輩とキルカのダブルスが勝って雀が丘の対もず山戦は一勝二敗になった。これで次のあがりと石榴の試合であがりが勝てば最終戦のつむぎに勝敗の帰趨が行くが、負けたらそれでおしまい。あがりは何としてもつむぎに繋げないとと意気込む。私の試合でわくわくしなさいねと。

しかし試合が始まってみるとあがりが石榴を引き離せない。常に追いつかれて最終的にゲームを取られてしまう。

石榴の特徴はなんなのだろう。ここでくるりの回想。くるりはもず山中学に入って卓球部に入った時に小学生の時には烏丸卓球塾と言う勝ったなガハハな名門卓球クラブに通っていた。その自己紹介をしたら当時の三年生の五天王が名門卓球クラブ出身ならさぞかしお強いのでしょうねとくるりを試してみたものの、完膚無きまでに叩きのめされてしまい、面目を失って退部。

しかし残った部員の中からは凄いねと感心されて、部長にされた結果、じゃあみんなで強くなって全国大会を目指そうとくるりが方針を立てて練習を強化した。その結果、残った部員もきつい練習に続々と倒れて行く。練習がきついからもっと加減して、ほら、石榴さんなんて毎回へばっちゃってるじゃないのと言われたものの、こんなものでは済まない、今度から本格的に今の倍やると宣言したものだから、残った部員もこれまたみんなやめてしまった。
参考資料

退部理由:意識が高すぎる

ナズェダ!!

自分は請われて部長になって請われて全国大会へ行く練習をしたのに何故みんな居なくなってしまうのか。茫然としていたくるりの前に石榴が練習にやって来た。部員の中でいつもまっさきに倒れていたあの石榴が今日から朝練なんでしょと言ってやって来て、自分はくるりのやり方が好きだよと言ってくれた。

涙を流して自分は間違っていなかったと石榴の事を喜ぶくるり。石榴が育つこの木なんの木が育ち始めた瞬間だった。

試合はあがりが1ゲーム取って1対2。しかしこれで負けたらこよりに繋げられない。自分の試合をちゃんと見てなさいよと言ったのに。これであがりを立ち直させるのは何かと思っていたが、自分で何とかした。フォアハンドのスマッシュが石榴に決まらなかったのを、今度はバックハンドで責める。フォアハンドを封じる事しか考えていなかった石榴が防戦出来なくなって来た。と言うか、今日の今日までフォアハンドで決まる様になってからフォアハンドばかりで戦っていたのかよ、あがり。
参考資料

1ゲームを返して2対2となり、最後のゲームもあがりのバックハンドスマッシュが石榴を圧倒してゲームを取る。この木なんの木が裸にされた瞬間だった。

肩を落とす石榴にくるりは問題ない最終戦は自分が倒して来るとコートにつく。対面したこよりは、以前くるりから何の為に卓球をやっているのかと聞かれた自分の答えを告げた。対戦相手とわくわくした勝負をしたいからと。でもくるりはそれを切って捨てる。

こうして始まった試合、くるりの強烈なドライブはこよりの返球を待つ迄もなく背を向ける程の回転だった。凄いぞ東のドライブマン。同じドライブ四天王でも格が違うな。
参考資料

|

« はがねオーケストラ・第8話 | Start | 装神少女まとい・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/64560494

Folgende Weblogs beziehen sich auf 灼熱の卓球娘・第9話:

« はがねオーケストラ・第8話 | Start | 装神少女まとい・第9話 »