« 終末のイゼッタ・第9話 | Start | 灼熱の卓球娘・第9話 »

はがねオーケストラ・第8話

なにこのボカロの声真似の上手い人、と思ったら、本当にボカロだった。
参考資料

最初期のミクの頃はよく見ていたのだが、最近はとんとご無沙汰だったのでボカロ界がどうなっているのか全く知らず、ずーっとボカロ真似上手いなあと思っていたw

こちらに今回の声の調整をした方のツイートがある。
https://twitter.com/chom/status/802917543442665473
https://twitter.com/chom/status/802911256151658496
もうボカロでアニメの声優をやれる時代(条件付き)。

ゆかマキが彩に隠れ観光地として来た訳だが、風呂に入ったり、食事をした所で所持金が無くなってしまう。だったら働いて稼げばよいと言う事でBL本の朗読とか言われたが、ふと壁を見てみるとはがねの防衛隊の隊員募集をしているのを見かけて、素人の私がマニュアルを見ながら操縦して大地に立ち、才能に目覚めて僕がはがねを一番上手に操縦出来るんだと言う、定番の展開を想像する。

ところで風呂に入った時に湯気が何故か濃くなったり薄くなったりしたり、ずっと花が咲いていると言う桜並木から誰かがふっとばされたりと、ここまでの話の流れの出来事が並行して起きているので、この二人がやって来たのはかなり前で、並行時間の話だったのか。

最後にDEN-TANが「この二人が出演してるって事が宣伝になるんだよ!」でやっとこの二人に何か意味があると言うのを理解した。

|

« 終末のイゼッタ・第9話 | Start | 灼熱の卓球娘・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/64556303

Folgende Weblogs beziehen sich auf はがねオーケストラ・第8話:

« 終末のイゼッタ・第9話 | Start | 灼熱の卓球娘・第9話 »