« 終末のイゼッタ・第8話 | Start | 灼熱の卓球娘・第8話 »

はがねオーケストラ・第7話

いつも生徒会室で繰り広げられる某作品同様にいつも燕屋でだべるはがねオーケストラが今日ははがねの工房に来ている。

ふと気が付くと定番の怪しい会話が聞こえて来た。それにしても定番すぎて、いつか何かの作品で妄想する方を本当にしてる作品が登場して先行したTV局以外は放送禁止に至るって未来は無いのだろうか。

日頃はがねはがねと言いながら今回に至るまで一度もまともに登場した事の無かったはがねが漸く登場。はがねが戦車みたいなものだと言うのは前々からなんとなく分かっていたが、これをどうしてはがねと呼ぶのか言ってくれないものだろうか。

二足歩行兵器の頭に砲台を積んだはがねは、火力重視であまり巨大な砲塔を積んでは動けなくなってしまう。しかしOPでも登場してるのだが、二足歩行兵器って移動時に酷い振動があって搭乗者は苦しくないのだろうか。特にOPのカエル型はがね。
参考資料

クリスが砲手でクレハが操縦手、そしてカコが車長となって搭乗。順調に外を歩行開始したが、クレハに命令出来るとはぁはぁしたカコが調子に乗って弾を撃ってしまう。砲撃命令をどうやって聞いたか知らないが、マーシャがナナカが実弾を搭載したと言うのを聞いてマーシャが止めたものの時既に遅し。

男性キャラみんなふっとんだね。
て言うか、何故そこを狙った。

|

« 終末のイゼッタ・第8話 | Start | 灼熱の卓球娘・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/64525228

Folgende Weblogs beziehen sich auf はがねオーケストラ・第7話:

« 終末のイゼッタ・第8話 | Start | 灼熱の卓球娘・第8話 »