« 舞台探訪・(劇場版)きんいろモザイクPretty Days・成田山新勝寺と千葉大学図書館と習志野市立第一中学校 | Start | 舟を編む・第7話 »

響け!ユーフォニアム2・第8話

久美子がユーフォニアムを始めたきっかけは姉麻美子が既にトロンボーンをやっていて、その姿を見てカッコイイ私もやりたいと母にねだったところ、じゃあ小4になったらと言われた時だった。こうやって見ると久美子と麻美子は結構歳が離れているんだね。

久美子は晴れて小4になって吹奏楽教室に入り、先生に自分も姉と同じトロンボーンをやりいたいと言ったものの、もう既にトロンボーンの子が沢山居たので先生はやってる子の少ないユーフォニアムを薦めた。練習用の本とCDも提供してくれた。
参考資料

小学生の時に既にCDかよ!年の差を感じる。私が小学生の時代なんてこう言うのはソノシート以外考えられなかった。

姉と一緒に演奏する、その久美子の夢が叶えられる事は無かった様だ。吹奏楽を続けたいと言う麻美子の望みは親の大学へ行けと言う圧力に負けて、吹奏楽をやめざるを得なくなったらしい。

だからその頃の久美子の「どうしてやめちゃったの?」の問いは麻美子を苛立たせるものだったに違いない。麻美子と久美子のすれ違いはここから始まった。

その姉が、今、大学をあと一年の段階でやめて美容師の道に進みたいと言い出したのだ。それで黄前家の家族会議。麻美子は本当は吹奏楽を続けたかったのを親の言う事を聞いて大学に行った。そんな事を今更言うのかと言う父親に、それを言えない雰囲気を作ったのはそっちじゃないと言う。

父はだったらやめるのならやめろ、その代わり一人暮らしをしているアパート代などは今後一切出さん、自分で何とかしろと言って部屋に戻ってしまった。
参考資料

麻美子、どうして大学卒業を待たないで今これを切り出したかな。余程の事が無かったら無事に大学を卒業してから美容師の道を進めば良かったのに。

一方、北宇治の吹奏楽部の方はあすかが復帰した。部員達はあすかが戻って来た事を喜ぶ。特に久美子は先の姉の件があったからあすかが大学受験の為に吹奏楽をやめてしまうのではないかと言うのが気がかりだった。だからやめないですよねと言う言葉の強さも他の部員とは違う。それに職員室のやりとりを目の当たりにしたしね。

しかしそんな事を言う久美子の口を縫っちゃうぞと言うあすかは、そうだ今度私の家に来なさい、その日は自分だけだからと久美子を誘う。有無を言わさずに。ひとりで来いと言うので、そりゃただごとじゃない。

その後またあすかは部活に顔を出す事が無くなった。そんな状態のせいなのか、演奏を聴いての橋本の感想は「辛気くさい」。一応、全国大会の金賞を意識して固くなってると言う方向で気にするな楽しく音を出せとアドバイスする。特にあすかが居ないユーフォニアムは久美子一人の音では全然物足りないと言う感触。

久美子に力が無かったのはあすかや姉の問題だけではなかった。実は風邪で発熱していたのだ。もう今日は部活を終えて帰った方が良いと低音パートのみんなに勧められて久美子は帰宅の途へ。途中で麗奈と出くわして風邪で帰るねと伝える。

帰り道であおいちゃんと遭遇。誰だっけ?と一瞬思ったが、ああそうだ、一期の序盤で受験に専念すると言って吹奏楽部やめた子だ。しかも会話しているうちにもうひとつ、ちゃん付けで呼んでるけど三年生だったと言うのも思い出した。だから葵はあすかの事もそれなりに分かっている。そうかあすかがそんな事にと。
参考資料

久美子は本格的に熱を出して翌日は欠席。ふと気が付いたら麗奈がお見舞いに来ていた。抹茶じゃないプリンをお見舞いの品だと渡されて。麗奈自身のお見舞いの品はあの最初に吹奏楽教室の先生から貰ったユーフォニアムのCD。だぶっちゃったけど、何となく聴きたい気持ちだったからと言ってそれをかける。

ところがこれを聴いた麻美子がそのCDは気に障るから止めろと怒鳴り込んで来る。ここで勝手に吹奏楽をやめた姉を詰る久美子との姉妹喧嘩みたいになるのだが、麗奈の前なんだよね。

久美子の熱は一日で引いて(普通の人間はこうなのかな。私は風邪でも三日位は寝込む)また部活に出てみると、やはりあすかは来ていない。久美子も居ない時は夏紀がユーフォニアムのパートに入っていた。

そして滝先生が宣告する。
このままあすかが復帰する見込みが無い場合は、夏紀がユーフォニアムのパートに入る事になると。

|

« 舞台探訪・(劇場版)きんいろモザイクPretty Days・成田山新勝寺と千葉大学図書館と習志野市立第一中学校 | Start | 舟を編む・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/64538407

Folgende Weblogs beziehen sich auf 響け!ユーフォニアム2・第8話:

» 響け!ユーフォニアム2 第8話 『かぜひきラプソディー』 秀一が大金星!お姉ちゃんの心を溶かすのはこの男だった!! [こいさんの放送中アニメの感想]
ここまで久美子を麗奈に取られっぱなしだった秀一。幼馴染は伊達じゃない!いい仕事しましたね。そしてあすかはどうなっとるんじゃ。時々顔出すけど全然練習に来ない。これで「迷惑かけない」って説得力無いだろ。 痴情のもつれじゃなかった。これまで小出しにしていた姉・麻美子の話が来ましたね。美容師になりたい。中学の時からの夢だったけど、親の期待に応えるために吹奏楽止めて大学に行った。しかし夢断ちがたく今すぐ美容師の専門学校行きたいと。あと1年ちょっとで卒業なのに。 まあ大学卒業しちゃ... [Mehr erfahren]

verlinkt am 24. November 16 um 22:07

« 舞台探訪・(劇場版)きんいろモザイクPretty Days・成田山新勝寺と千葉大学図書館と習志野市立第一中学校 | Start | 舟を編む・第7話 »