« 灼熱の卓球娘・第4話 | Start | 響け!ユーフォニアム2・第4話 »

装神少女まとい・第4話

仇敵のクリードキラーに遭遇したクラルスはなんとしてもこいつを消滅させようとする。その理由は回想場面で分かるが、3年前にクラルスはパートナーと一緒に敵と戦う事になったが、そのパートナーのフロースは、単なる指令どおりの戦いをする子ではなかった。神より授けられし力は敵を滅却するだけの力なのか、敵にやられた人間はもう回復不可能なのか。しかし、そのフロースと供にした戦いも僅か半年で終わる。かねてより戦うだけでなく話し合いが出来ないかと言っていたフロースは、今、目の前にいるクリードキラーと遭遇した時にそれを行おうとして生きる屍とされてしまった。クラルスはこれで悔いる。パートナーに心を許してしまった事を。
参考資料

とは言ってもクラルス、そんなに強くない。目の前のクリードキラーにいいようにやられているじゃないか。カリオテは今のおまえでは無理だと止めるし。そしてクリードキラーの眼中にはクラルスは居なくて目的の対象物はまとい。そのまといがクラルスを助けようと立ちはだかったのにさらにゆまが危ないって入り込む。凄いなこの躊躇無いゆまの動きは。

三人はクリードキラーの攻撃を受ける事なしに高次元空間へ転移。クリードキラーはこいつは面白いと追いかける。

転移した高次元空間ではクラルスは気絶して、以前の銀行の事件と同じ様な場所に来ちゃったねと話すまといとゆま。その二人のガールズトークにクリードキラーが入り込もうとするのでキモキモ似非紳士は混ぜてあげませんと拒否られる。全然敵に物怖じしてないw

そしてまたさらに高次元空間に転移してしまい、これはトンでもないのを纏ってるなと舌を巻くキモキモ似非紳士。

今度はクラルスは気が付くが代わりにゆまが寝ちゃった。ゆま、滅茶苦茶大物。クラルスは何故自分を助けたのかとまとに聞くが、まといは助けたいから助けただけだと答える。感謝しているのならしばらく一緒にと言うクラルス。その心はクリードキラーがまといの方を追いかけているから、ヤツと戦うのにまといが必要だった。

この機会にまといは今遭遇している事象についてクラルスに聞いてみる。確かに春夏からは高次元の話は聞いていたが、高次元空間から来る相手が自分達の住む世界で言う神みたいな存在だと言う。そしてその相手は神の様なのもいればあのクリードキラーの様なものもいる。まといは相手と話し合う事は出来ないのかと聞くものの、あのフロースの件を知っているクラルスはそんな事は無理だと否定。

さて、フロースと言い、まといと言い、クラルスの前には敵ナイツと話し合う事が出来るんじゃないかと言うパートナーが出現した訳で、この先そう言う事が可能になるんだろうか。でも少なくとも今回のクリードキラーはそう言う事の出来る相手ではなく、問答無用で攻撃をかけて来る。

まきこまれない様に自分から離れろと言うクラルスの言葉にゆまがそれでは遠慮無くと、まといをひっぱって一目散に逃げちゃいましょうと逃げちゃった。
参考資料

高次元空間に来たら力が増幅するのはお前だけじゃないとクラルスはクリードキラーと一緒に居た敵一体を始末すると、やってくれたなとクリードキラーが本気出す。空間の穴を開けてクラルスのみならずまといとゆまも巻き込んでその中へ。どうするのかと思ったら、人間の居る空間に落とした。このままだと自由落下で死んじゃうと言うゆまに、まといが伸吾君せめてゆまだけでも助けてと叫んだらまといに新たな力が発動。翼が生えました。

一方でクラルスはクリードキラーに押さえつけられて自由落下中。クラルスも助けなくちゃとまといはクリードキラーに不意打ちをかけて吹っ飛ばしてクラルスも助けた。

ところが落下先の斜張橋の上でクリードキラーは巨大なエネルギー球体を出してもろともにまとい達を吹っ飛ばそうとした。こんなもの防ぎようがないとクラルスもカリオテも春夏も思ったのに、周囲から沸き上がる虹色の流れがそれを抑え始めた。導いているのはまとい。まといが周りのありとあらゆるものから力を引き出して抑えにかかった。
参考資料
こんな事が出来るのは万物に神が宿ると言うこの国特有の概念。って、いや、この国だけって訳じゃないんだけど、大八洲すげーw

セトのヤツ、こんなとんでもないのを押し付けたのかー!と叫んでクリードキラー消滅。
これ、消滅なのかな。

ともかくこれでクラルスをはじめとして敵も味方もまといを否応なく認める事に。
そして次回は日常回かな。

|

« 灼熱の卓球娘・第4話 | Start | 響け!ユーフォニアム2・第4話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/64403041

Folgende Weblogs beziehen sich auf 装神少女まとい・第4話:

« 灼熱の卓球娘・第4話 | Start | 響け!ユーフォニアム2・第4話 »