« クロムクロ・第22話 | Start | ラブライブ!サンシャイン!!・第10話 »

ReLIFE・第10話

海崎と日代を前にして玉来が話しだす。部室の外では狩生が聞いていた。玉来は高校に入った当初はバレーをやらないつもりだったのだと言う。それをやる気にさせたのは狩生だったと。中学の時にあまりに周りよりズバ抜けてバレーが出来たせいで孤立して行って、だからこんな思いを高校でもしたくないと考え、強豪校からの誘いを全て断って青葉に来た。

ここはちょっと色々とツッコミたいw いくら玉来が凄かったと言っても県下で並ぶ者無き存在だったのだろうか。そこ迄凄かったら全国レベルで誘いが来るのではないか。どっちにしろ、強豪校に行ったら玉来レベルの人間が居たかもしれないし、ひょっとしたらそれ以上のが居たかもしれない。それは考えなかったのか。そして「運動神経だけは良かった」玉来が強豪校を蹴って行ったのが青葉ってのはどうなんだ。いくら現役から何年も経っているとは言え、大学院に迄行った海崎がヒーヒー行ってる進学校だぞ。よく入れたと思うし、よくも志望校にしたものだ。と言うツッコミはここまで。

高校に行ったらバレーはしないと思ったのに、やはり未練はあったのか玉来はバレー部の体験入部をしてみる。行ってみたら部活はそんなに力を入れてないみたいだし(進学校の普通レベルだったんだろう)、知った顔も居ない。そう思っていたのに話があると声をかけて来た人が居た。それが狩生。狩生は玉来を知っていて(そりゃ中学時代にブイブイいわせたのなら、玉来が知らなくても向こうが知ってる場合もあるだろう)何故本気を出さないんだと文句をつけて来た。そして自分が受けるから本気サーブを打ってみろと。

そう凄まれて玉来が本気サーブを打ったら狩生は受けきれずに顔面にボールが激突。でも狩生は笑って良かったと言う。そしてこれから自分も頑張ってあんたの横に立てる様にするから一緒にバレーをやろうと言ってくれた。だから青葉でもバレーをやる事にしたのだと言う。

こんな話を聞いて、日代は、なればこそ二人はちゃんと仲直りをして高校最後のバレーの試合をして欲しいと言い、日代が言葉に詰まったところで海崎が背中を支えて続けさせる。「お二人の仲をとてもうらやましいと思ってました」
参考資料

今回、日代が動くね。海崎は介助約。今回のエピソードが始まった時は、また海崎がどうにかするのかと思ったが、違った。

玉来の話が終わって外に出たら逃げきれなかった狩生達が居る。玉来は改めて狩生に一緒に出ようと言うが、狩生は相変わらずそんな事出来ないと言って涙を浮かべて逃げてしまった。その後を追って日代が叫んだ。私は試合を見に行くからと。この時点ではもう狩生の足は治っていたみたいで、走り去る。

その晩、海崎の所へ夜明からの電話が入った。夜明は柄にもなく海崎に「ありがとう」と言うのだ。これは狩生と玉来を取り持ってくれてありがとうではないだろう。だって今回動いたのは日代なんだから。だったら日代を動かしてくれてありがとうと言う事か。とは言え「ありがとう」はそれだけでは大袈裟だよね。

試合当日、狩生の姿は無い。狩生を気にしている玉来は全然本来の調子が出ない様子だった。もう我慢出来ない狩生を連れて来ると日代が立ち上がったものの、誰も狩生の家を知らない。そこにすかさず海崎の所へ夜明から狩生の家の場所が通知される。

そんな訳で日代と海崎は二人で狩生の所に。海崎が宅配便の声を真似て狩生が不用心にも開けてしまったドアを掴む。狩生は相変わらず行かないと言うが、そんな狩生にとうとう日代が強く出た。このままで良いのか。また三人で笑ってお昼を食べたいと。するとやっと狩生は試合に出たいと泣きながら言い出した。なんで皆優しいのよと。

やっと狩生が立ち上がった。そこに1セット目を取られて青葉が押されていると言う連絡が入る。急いで試合会場へ行く三人。

ギリギリで間に合った狩生を玉来のみならずバレー部のみんなが引き入れてくれる。日代と海崎が背中を押してくれる。
参考資料
これで勝ちに行くよーと意気込んだものの、そう甘くはない。試合には負けたけれども狩生も玉来もやりたい事を成し遂げられたし、狩生は玉来と一緒に大学も青葉に行って、またそこでバレーやろうと言う。

そして二人は今回の件、全部日代のおかげだと感謝するのだ。
こんな真ん中に入る日代、始めてだよね。
参考資料

|

« クロムクロ・第22話 | Start | ラブライブ!サンシャイン!!・第10話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/64152758

Folgende Weblogs beziehen sich auf ReLIFE・第10話:

« クロムクロ・第22話 | Start | ラブライブ!サンシャイン!!・第10話 »