« クロムクロ・第25話 | Start | ラブライブ!サンシャイン!!・第12話・最終回 »

ReLIFE・第13話・最終回

大神が招集して皆で花火大会へ。日代は友達と花火大会に行くなんて初めての事で楽しみにしている。そこに狩生からメッセージが入った。大神が外部の大学を受けると知って今ここで大神に告白しておきたいと言うのだ。だから花火大会で二人きりになれる様に協力してくれとも。

日代は思った。分かれると分かっていて告白するのかと。それにどんな意味があるのかと。いやまあ一応遠距離恋愛ってのはあるんですが・・・

女子は四人とも浴衣姿で集合場所にやって来た。ただ、日代はこう言う人混みに慣れていないのでちょっと人混み酔い。フラフラで歩く日代に夜明が腕を貸してあげる。その頃海崎は小野屋にしがみつかれていたのだが、夜明と日代の姿を発見。その表情を観察する小野屋。
参考資料

狩生と海崎を二人にしよう作戦はすぐさま発動。橋の上ではもう二人っきりになっちゃった。頼んでいたとは言え、想像以上に早い展開にドギマギする二人だが、大神が橋の人混みの中であっさり告白してしまった。

そりゃ狩生じゃなくても驚くわw
しかも狩生は自分も告白するつもりだったのをこんな形で先制せれちゃったのだから。そして狩生も好きだと言うとこれまた大神が本当とか疑うしw

でも二人がはぐれたのを玉来が「えー、もう花火はじまっちゃうのに」って意外そうな顔していたのが妙だったな。あのLINEが来た時は玉来もよっしゃ応援しちゃうよって顔していたのに。

めでたく合流する頃にはちゃんとカップルになっていた狩生と大神。

花火を見上げる海崎と日代。その頭にはこの数ヶ月の出来事が去来していた。これを思い浮かべていたのは海崎と言うよりは日代。そしてそのトドメは夜明が「おめでとうございます。あなたは我がリライフ研究所関東支部被験者第1号に選ばれました」。

第1号、そう、海崎は2号、夜明がうまく行かなかったと言っていた第1号は日代だった。これは薄々思っていた。1号にこだわっていた夜明、1号がうまく行かなかったと言う夜明。なんとなく日代が1号だったんだろうなと。

花火が終わって玉来はいつもの二人が家までお送り。狩生は勿論大神がお送り。夜明は小野屋を引っ張る様にお送り。必然的に海崎が日代を送る事になる。

ここで日代の人混み酔いがまた出て来る。ちょっと公園で休んでからと言う事になった。二人きりになって海崎は大神をからかった時の自分の台詞が自分に返って来た。いつも気になる子はだあれ?だが、海崎には踏み込めない気持ちがあった。何しろ相手は女子高生(と海崎は思っているw)、じゃなくて、ここで自分の気持ちを伝えてどうにかなったとして、年度末には自分に関する記憶が日代から消えてしまう(それ、どう操作するんだろうね)。すると日代の高校三年生の思い出の中に海崎が大きく占めていたらそこが全部空白になってしまう。そんな事出来るか。それはまったくもってごもっともな考えだ。
参考資料

ところがここでもう一撃来る。例の日代の人混み酔いが未だ影響を持っていてフラフラっと海崎に抱きついた。ああ、健全な高校生ならもうこれで欲望のなすがままに行っちゃうでしょう。ひょっとして海崎も陥落?と思ったらやはり踏みとどまったよ。

小野屋「海崎さんのヘタレ!」
参考資料
そうは言っても夜明は今日も良い報告書が書けると嬉しそうだった。そして夜明が嬉しそうなのを見て小野屋も嬉しそう。海崎が変えたのは何もあの高校生達や日代だけではないんだ。

と言う事でリライフ生活の一学期は終了。
このままリライフ生活を続けるとどこかの時点できっと海崎と日代はお互いが被験者だと知るんだろうね。そして知った時にどうなるのか。それはまた先のお楽しみと言う事で。

リライフ、面白かったです。

|

« クロムクロ・第25話 | Start | ラブライブ!サンシャイン!!・第12話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/64249823

Folgende Weblogs beziehen sich auf ReLIFE・第13話・最終回:

« クロムクロ・第25話 | Start | ラブライブ!サンシャイン!!・第12話・最終回 »